お金関連用語集

金融業界は専門用語が多い業界です。 お金を借りる際には、不明点がある状態で借りてしまうと後々トラブルの原因となってしまうことがあります。 分からない金融関係の言葉は理解できるまでしっかりと調べることが大切です。

金融専門用語の解説

「あ行」【預り金、アドオン方式など】
「あ・い・う・え・お」から始まる用語を解説しています。
一部繰上げ返済、ウェブ通帳、ATM(現金自動支払機)、おまとめローン等の説明です。
例)預り金:銀行が一般個人から預かったお金の事です。
「か行」【貸金業規制法、カードローン等】
「か・き・く・け・こ」から開始する金融用語です。
銀行系キャッシング、クレジットカード、景気動向指数、個人ローンなどについて解説しています。
例)貸金業規制法:業としてキャッシング融資を行うための条件を定めた法律です。
「さ行」【サラリーマン金融、債務不履行 等】
「さ・し・す・せ・そ」が頭文字のキャッシング・ローン関連用語です。
実質年率(実質年利)、スコアリング審査、税込年収、総量規制などを説明しています。
例)サラリーマン金融(サラ金):企業向けではなく個人向けの融資会社の事です。利用者に会社勤めの会社員が多いことからサラ金と呼ばれました。
「た行」【短期間キャッシング、担保、その他】
「た・ち・つ・て・と」で始まる金融・経済専門用語です。
遅延損害金、つなぎ融資、定額リボルビングシステム、動産担保融資などについてです。
例)短期間キャッシング:一般的には借り入れ期間が1週間(営業期間5日)以内の短期間融資専門のキャッシングサービスの事を言います。
「な行」【72の法則、ナローバンク等】
「な・に・ね・の」から言葉が始める融資関係用語です(頭文字[ぬ]の用語はなし)。
内国通貨建て、日賦金融、年金利回り法、ノンバンク等を解説しています。
例)ネットキャッシング:インターネットを使った利便性の高いキャッシング方法です。ネットから借入の申込みをすることができます。
「は行」【パーシャルペイメント、破産申し立て等】
「は・ひ・ふ・へ・ほ」を頭文字とするキャッシング関連用語です。
配偶者、ビジネスローン、振込み手数料、返済比率、保証人などについて説明しています。
例)破産申し立て:債権者あるいは債務者が返済の見込みがないことを裁判所に判断をしてもらう申立ての事です。
「ま行」【マイカーローン、街金、etc】
「ま・み・む・め・も」で始まる金融用語の解説です。
マイカーローン、みなし弁済、無人契約機、メガバンク、モラトリアムなどの用語の意味について述べています
例)メールローン:郵便メールを使った主に銀行が取り扱っている融資商品です。融資の申し込みは専用用紙に記入して郵送で銀行に送ります。
「や行」【闇金(ヤミ金)、約定金利、そのほか】
「や・ゆ・よ」から言葉が始まるキャッシング・ローン関連用語です。
約定金利、闇金、融資、有担保ローン、預金、与信審査などについて意味を解説しています。
例)融資:お金を貸し出す金融サービスの事です。お金を貸し出した方は債権者となり、お金を借りた方は債務者となります。債務者は債権者への借金返済義務が生じます。
「ら行」【ライフプラン、ラインシート、etc】
「ら・り・れ・ろ」から開始する経済・金融に関する用語です。
ランニングコスト、利息制限法、連帯保証人、ローンカード等の言葉の意味について説明をしています。
例)リボルビングカード:毎月一定額の返済もしくは残債に対する一定利率を返済する方式を採用したキャッシングカードもしくはクレジットカードのことです。
「わ行」【WAON、ワンタイムパスワード、etc】
「わ」が頭文字の金融用語です。
和解、ワンストップショッピング、ワントゥワンマーケティング等のお金に絡んだ専門用語を解説しています。
例)ワオン:主にイオン系列の小売店で利用することができる電子マネーです。財布から小銭を出す必要が無いのでスピーディに決済ができます。

▲ このページの上部へ