お金関連用語集「や行」

金融関係「や」

約定金利

約定利率とも呼ばれます。 法定利率が法律によって決められた貸付金利であるのに対して、お金を貸し出す債権者とお金を借りる債務者間の契約で定められた貸付金利が約定金利です。 基本的に契約は当事者間で自由に契約内容を決めることができますが、約定金利の場合には貸付上限金利を定めている利息制限法と出資法の制限を受けて、その法定上限金利以下の貸付金利とする必要があります。 (参考:法定利率は民法で実質年率5%、商法で実質年率6%と決められています。)

約定日

一般的には株式などの流動性のあるマーケットで売りあるいは買い注文が成立した日の事を指します。 キャッシングやローン関連で使われる約定日は契約で何らかの約束をした日を意味します。

約定返済

貸金契約をした時に当事者間で決めた毎月の返済額のことを言います。 約定返済を取決めした場合でも、約定返済で決めた額以上の返済(繰上げ返済)をすることは可能です。

闇金(ヤミ金)

違法な貸金業者の事です。法律違反を行っているので表で営業をすることができないため闇金融と呼ばれています。 貸金業者は国や地方自治体に登録を行う必要がありますが未登録であったり、利息制限法と出資法で定める貸付上限金利以上の高金利で貸し付けを行っていたり、貸金業規制法で規制されている強引な取り立て行為を行う業者が闇金に該当します。 高金利融資なため多重債務の借金地獄になる可能性が高いので、たとえブラックで一般的な金融機関からお金を借りることができない 場合でも闇金からはお金を借りるべきではありません。 闇金業者には様々な携帯があるため、以下に代表的なものをご紹介します。

整理屋

複数の金融会社からお金を借りていて多重債務に陥っている人に対して勧誘を行います。 借金を1社に整理すること整理屋と呼ばれています。 高額な整理手数料を要求する場合が多いです。

登録型闇金

行政に登録を行っている、あるいは登録業者であることを装っている闇金業者です。 ゴシップ雑誌やスポーツ新聞に広告が掲載されていることが多く、法定金利を超えた高利での貸し付けを行います。

無登録型闇金

電話ボックスの中や電信柱に広告張り紙を貼ったり、ポストにちらしを投函することによって顧客を集めています。 行政に届け出をしていない無登録業者である場合が多いです。

紹介屋

広告などのチラシで集めた顧客に対して、他の貸金業者を紹介して高額な紹介手数料を取る業者の事です。

買い取り屋

クレジットカードのショッピング枠で高額商品を購入させて、それを安い価格で買い取りする業者の事です。 多重債務者に「担保・保証人なしで融資」と勧誘して、多重債務者のクレジットカードで新たな借金をさせます。

▲ このページの上部へ