お金関連用語集「ひ」

金融関係「ひ」

ビジネスローン

小規模・中規模の企業と個人事業を営んでいる方を顧客とする短期間かつ小資金のローン金融商品です。 ビジネスローンは消費者金融などのノンバンクが行っていたサービスですが、近年では銀行などもビジネスローン市場に金融商品を提供しています。 無担保かつ保証人不要としているケースが多いです。 また銀行の事業ローンと比較すると審査に要する時間が短いという特徴があります。

ビジネスカード

一般的なクレジットカードは商品購入の決済のために用いられるが、ビジネスカードは個人事業主や小中規模企業の経費支払いのために用いられます。 カードの機能としては一般のクレジットカードと同じであるが、個人事業主あるいは企業として与信審査が行われるため、一般的には最大利用限度額は高額が設定されることが多いです。

ビヘイビア・スコアリング

クレジットカードあるいはキャッシングカードの利用状況や支払い状況などによって算出されます。 ビヘイビア・スコアリングはカード利用者の与信割り当てなどの指針とされます。 また、顧客集団として利用や返済状況をモニタリングして、結果分析を行い、サービスの向上に役立てています。

日掛け金融

日賦金融とも言われます。社員5人以下の小規模企業を対象として、融資後は毎日貸し付けた企業に出向いて小売り売上から集金を行います。 集金にコストが掛かることから日掛け金融は実質年率54.75%までの利息が認められています。

日歩

1日あたりの利息金額の表示方法です。 元本100円あたりに対して1日で幾らの利息が発生するのかを示しています。 具体的には、日歩6銭となっているなら元本100円につき、1日で6銭の金利負担が発生するという事です。 なお、一般的に貸金業で使われている実質年率に換算する場合には日歩の値に3.65を掛けます。 参考)日歩4銭=4X3.65=実質年率14.6%

ひもつき融資

融資資金の使用目的が限定をされていたり、返済に条件が付けられている制限つきの融資の事です。

貧者の金

貴金属である「銀」の事です。金は銀と比較すると価格が高く購入は難しいが、銀は金より価格が安いため購入しやすいことに由来します。

▲ このページの上部へ