お金関連用語集「と」

金融関係「と」

投資

中長期的に利益を得ることを目的として、資金を事業や金融商品、不動産などにつぎ込むことを言います。 投資は預貯金と比較すると元本割れなどが起こる可能性がありリスクがあるが、成功した場合には預貯金では得られないほどの利益を得ることができます。

動産担保融資

日本の銀行で融資を受ける場合には、一般的に担保と言えば建物や土地などの不動産であるが、融資を受ける会社が所有する原材料や製造機械、在庫商品などの動産を担保として融資を行うことを言います。 規模の小さい零細企業では不動産を所有していないこともあり、その様な企業の資金調達方法として近年注目をされています。

督促手続き

債権者が返済遅延となっている債務者に返済の催促をすることです。 貸金業規制法によって、債務者を困惑させるような強引な催促方法は禁止されています。

トイチ

法定外の高金利で短期貸し付けを行う違法金融業者の事です。 金利が10日で元本の1割とする場合が多かったために「トイチ」と呼ばれました。 トイチで支払った利息は民事訴訟で取り返すことが可能です。

独占

1社がマーケットを独り占めにしている状態の事です。 価格決定権や商品の供給量は独占している1社で決められるため、消費者に不利益が発生する場合が多いです。

都市銀行

首都圏などの都市部に本店を構えて、全国に支店を置いている民間銀行の事です。 都市銀行の中でも規模が大きい三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJ銀行とみずほフィナンシャルグループのみずほ銀行 、そしてSMBCグループの三井住友銀行は3大メガバンクと呼ばれています。

▲ このページの上部へ