プロミスから銀行カードローンへの借り換え

プロミスから借り換えをするのにおすすめな低金利のカードローンを案内しています。

銀行カードローン

できるだけ金利を抑えたいという人は、銀行カードローンへの借り換えも視野に入れておいた方がよいでしょう。

プロミスは非常に評判の良い会社ですが、銀行カードローンへの借り換えではどのようなメリットがあるのでしょうか。

→ 大手カードローン会社

銀行カードローンってどういう特徴がある金融商品?

銀行カードローンには様々な特徴がありますが、端的にを言い表せば「低金利で、繰り返し借入れと返済ができる、使用用途が自由(※1)なローンカード」という事です。

銀行カードローンの細かい特徴には以下の様なものがあります。

【カードローンの申込み時の特徴】
  • 担保不要・保証人なしでOK
  • 消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比較すると低金利
  • 銀行カードローンを提供している金融機関の銀行口座が無くても申込みが出来る場合が多い
  • 普通預金キャッシュカードを持ってれば、その1枚に銀行カードローン機能を追加できる場合がある
【カードローンの利用時の特徴】
  • 1度審査に通過すれば利用限度額の範囲内で何度でも借入と返済を繰り返すことが可能
  • 銀行ATMだけでなく近所のコンビニ店舗内の提携ATMでも借入と返済ができ便利
  • 約定返済(※2)では、指定銀行口座からの口座振替による自動引き落としが可能
  • 借入れしたお金の使い道は会社運営費などの事業資金以外であれば自由(例えば旅行やレジャー、家具や家電製品の購入費、引越代金、治療費や入院費、ブライダル費用や自分磨きのエステ代など好きな用途に使えます)

※1:ただし、銀行カードローンの使用用途は、事業性資金としての利用は禁止されている場合が多いです。 ※2:約定返済とは、毎月1回、返済期日が設定されている返済の事です。 なお、金銭的に余裕がある時に追加で繰り上げ返済をすることを随時返済(任意返済)といいます。

プロミスの弱いところ

プロミスは消費者金融の中でも、非常に有名で欠かせない存在です。

プロミスは、審査スピードも早く融資も即日で行えるため、手軽に利用できるのが魅力です。

自宅へ利用明細書を郵送しない方法を用意しており、その場合は利用明細をネットで確認します。

つまり、プロミスでは、プロミスを利用していることが家族にばれない様な配慮をしています。

様々なメリットがあるプロミスですが、金利面を考えてみると多少は金利が低いとはいえ、所詮消費者金融なので銀行と比べると支払い時の金利負担は大きくなります

プロミスからの借入金額が大きくなればなるほど、返済は苦しくなります。

現在は、貸金業法の総量規制により、個人が消費者金融から借り入れできる金額は年収の1/3までと決められています。

そのため、借金まみれや借金地獄に陥るというケースはほとんどありません。

ですが、多額の借入をした場合には、必死に返済をしてもほとんどが利息分の返済に充てられ、元金がなかなか減らないということが起こり得ます。

プロミスに金利引き下げの交渉をしても、なかなかその要望が通ることはありません。

プロミスから銀行に借り換えて得られることとは?

プロミスからの借入金額が多額なのであれば、やはり銀行カードローンへの借り換えを検討すべきです。

プロミスから銀行カードローンに借り換えることで得られるメリットには、次の事柄があります。

  • 金利が低くなる
  • 総量規制にかからない
  • 収入証明書類を提出しなくて済む場合が多い
  • 返済期間が短くなる

低金利

一般的に銀行カードローンの申込みでは、担保不要、保証人不要となっています。

担保不要、保証人不要という条件は、プロミスに申込む際も同じです。

では、なぜ銀行カードローンはプロミスより低金利な場合が多いのかと言うと、審査の際に返済能力の高い人をしっかりと厳選しているからです。

つまり消費者金融と比較をすると審査は銀行カードローンの方が厳しいということです。

ですが、銀行カードローンの審査に合格することができれば、低金利という恩恵を受けることが出来ます。

総量規制対象外

総量規制とは、貸金業法と言われる消費者金融や信販会社が守らなければならない法律上のルールです。

具体的には、個人の方に、全ての消費者金融とクレジットカードのキャッシングによる借入金の合計額が、年収の1/3を超えて貸し付けをしてはならないという決まり事です。

消費者金融は総量規制の対象なので、仮に既に貸金業者から年収の1/3のお金を借りていたとしたら、他の消費者金融に借入の申込みをしても、総量規制のルールに引っかかるため審査は不合格となります。

ですが、銀行カードローンはありがたいことに、総量規制の対象外となっています。

つまり、借り換えの際に、プロミスでの借入総額が年収の1/3だったとしても、銀行カードローンに借入の申込みをすることが出来るということです。

銀行カードローンと契約をして、借り換えの為にプロミスの借金を完済するためのお金を借りる事ができます。

また、あまりお勧めはしませんが、銀行カードローンと契約ができれば、年収の1/3を超えた借入れも可能となります。

収入証明書類を提出しなくて済む場合が多い

銀行や消費者金融などのお金の貸し付けを行っている金融会社では、顧客に借入申込み時などに収入証明書類の提出を求める場合があります。

借入希望額が低額の時は、一般的に、収入証明書は不要なのですが、借入希望額が高額になってくると必要となる場合が多いです。

消費者金融の場合は、借入希望額が50万円以上だと収入証明書の提出を求められるケースが多いです。

一方、銀行カードローンの場合は、借入希望額が300万円程度までは収入証明書が不要という場合が多いです。

要するに、銀行カードローンの方が消費者金融より、収入証明書を必要とする借入希望額が高額ということです。

このため、プロミスから銀行カードローンに借り換えをした際に、銀行に収入証明書を提出しなくて済むというケースが多くなります。

収入証明書としては、一般的に直近数ヶ月分の給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などの提出が求められます。

収入証明書となる書類をしっかりと保管してあれば良いのですが、そうでない場合は、用意するのが大変です。

プロミスから銀行カードローンへの借り換えでは、この面倒な収入証明書の準備をしなくて済む場合が多いので、申込み時の提出書類の用意が楽になります。

ちなみに、銀行カードローンで収入証明書の提出を求められる借入希望額が高額なのは、銀行カードローンが総量規制対象外だからです。

そうれに対してプロミスなどの消費者金融は総量規制の適用を受けるので、借入希望額は50万円を超えたぐらいから、申込者に収入証明書を提出して貰って、総量規制に引っ掛かっていないかをチェックするわけです。

返済期間の短縮

一般的に銀行カードローンの方がプロミスより金利が低いです。

金利が低いという事は、プロミスに返済していた金額と同じ額を、借り換え後に銀行カードローンに支払えば、支払い利息が少ない分、元金の返済に充てられる金額が増えるという事になります。

元金が早く減るので、返済期間の短縮と支払利息合計額の大幅な削減が出来ます。

少しでも借金返済の負担を減らして早期完済をしたいという人は、プロミスから銀行カードローンへの借り換えを検討しましょう。

銀行カードローン借り換えの注意

銀行カードローンへの借り換えは、必ずしもよいことばかりではありません。

確かにプロミスをはじめとする消費者金融に比べると、銀行のカードローンは金利が低いです。

しかし好条件のカードローンは、それだけ審査も厳しいのです。 ですから思うように銀行の審査に通らない人も多いでしょう。

それに審査スピードもプロミスなどの消費者金融と比べると、非常に遅いです。

【銀行カードローンのデメリット】
  • 消費者金融と比較すると審査が厳しい
  • 消費者金融と比較すると申込みから実際に融資を受けるまでに時間が掛かる

もしプロミスから銀行カードローンへの借り換えを検討しているのであれば、以下の点に注意してみましょう。

  • 借り換えに積極的な銀行を選ぶ
  • 債務状況が悪化する前に、早めに申し込む

より低い金利のカードローンに借り換えることができれば、それだけ元金へ充当される分が増えて返済期間の短縮に繋がります。

ただしプロミスにもおまとめローン(6.3%~17.8%)があります。 おまとめにすると金利引き下げが可能なのか、プロミスに交渉してみる価値はあるでしょう。

プロミスでおまとめをするのか銀行へ借り換えるのか、しっかりとシミュレーションをして決めるとよいです。

→ 大手カードローン会社

(参考)みずほ銀行カードローンの申込み方法

ここでは、みずほ銀行カードローンへの申込条件と申込み時に必要な物、申込み方法をご紹介しておきます。

みずほ銀行カードローンの申込条件

申込みの際には、次の条件を満たしている必要があります。

【カードローンの申込条件】
  • 年齢:満20歳以上満66歳未満
  • 継続的な安定収入を将来に渡り見込めること
  • 保証会社であるオリコの保証を受けることができること

カードローン申込み時に必要な物

申込みの際には、次の物を準備する必要があります。

【みずほ銀行カードローンの申込み時に用意すべき物】
  • 本人を確認できる資料のコピー
    (次のいずれか1通が必要です。運転免許証、運転経歴証明書、パスポート(写真と住所が記載されているページ)、住民票、印鑑証明書、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書)
  • 印鑑
    (返済用のみずほ銀行普通預金口座を持っている場合には、その際に届け出た印鑑)
  • 本人の年収を確認できる資料のコピー[希望する利用限度額が200万円超の場合のみ必要]
    (次のいずれか1通が必要となります。源泉徴収票、納税証明書、住民税決定通知書または課税証明書)

みずほ銀行カードローンへの申込み方法

みずほ銀行カードローンへの申込みは、パソコンやスマートフォン(モバイル端末)、携帯電話、郵送、固定電話、店頭窓口といった多彩な方法が用意をされています。

インターネットからの申込みだと24時間受け付けしているので、会社から帰宅した後の夜間や深夜、あるいは早朝などの時間帯でも申し込み頂けます。

また、インターネットを使った手続きだけで、来店や郵送の必要がない「WEB完結申込」が可能です。

自宅からインターネットを利用して、手軽にみずほ銀行カードローンへ申し込むことが出来る「WEB完結申込」の手順は以下の様になります。

1)PCやスマホからインターネットを使ってみずほ銀行公式サイトにアクセスをする。
2)カードローンの申込みページに行き、申込フォームに必要情報を入力後、みずほ銀行にデータを送信する。
3)みずほ銀行で審査を開始する(勤務先へ勤務事実を確認する在籍確認も実施)。
4)みずほ銀行から自分宛てにEメールでカードローン申込みの審査結果の通知がある。
5)審査に通過した場合は、本人確認書類(必須)と収入証明書(必要条件に適合した場合のみ)といった必要書類の画像をデジカメなどで撮影し、画像データを指定された登録用URLを使ってアップロードする。
6)みずほ銀行からカードローン口座開設の連絡が来ます。
7)みずほ銀行のキャッシュカードを持っている方は、そのカードにカードローン機能が追加されます。 キャッシュカードを持っていない方は、郵送で自宅にローンカードが送付されます。

8)借入れ方法には、「カードローン機能を付加したキャッシュカード」または「専用ローンカード」を使って、みずほ銀行ATMあるいはコンビニエンスストアなどに設置されている提携ATMを利用する方法があります。

また、みずほ銀行のネットバンキング「みずほダイレクト」の利用契約を締結していれば、みずほダイレクトを利用した借入れも可能です。

みずほ銀行カードローンは、申し込まれた個々のお客様の信用度合により、一般的な「コンフォートプラン」とよりお得な「エグゼクティブプラン」を用意しています。

カードローンプランの選択は、審査の結果によってみずほ銀行が決定をしており、申し込まれたお客様自身では選択は出来ません。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの保証会社は、(株)オリエントコーポレーション(通称オリコ)でみずほ銀行カードローン申込み時の審査はオリコが行っています。

→ みずほ銀行申込み

(参考)銀行カードローンを提供する銀行が増えた理由

一昔前は銀行カードローンというものは無かった

一昔前までは、個人がお金を借りると言うとキャッシング会社が一般的でした。

約10年ほど前ぐらいまでは、キャッシング会社とは呼ばれていなくて、消費者金融またはサラリーマン金融を略したサラ金と呼ばれるのが普通でした。

銀行が個人向けに住宅ローンを融資している理由

10年前ぐらいまでは、銀行で個人がお金を借りる場合は、住宅ローン融資が一般的で、現在の様な個人向けの銀行カードローンは取り扱っていませんでした。

住宅ローンは融資をするときは、保証人が必要、あるいは担保として家を建てる土地に抵当権を設定するのが一般的です。

万一、住宅ローンの借主が経済的な破綻により借入れした銀行へ返済ができなくなっても、保証人への返済請求、または担保として抵当権を設定した不動産の売却などで銀行は問題なく債権回収ができます。

つまり、住宅ローンを貸し付けた場合、保証人と担保があるので、銀行はほとんどノーリスクで不良債権となる心配をすることなくお金を貸すことが出来るわけです。

銀行が個人向けに銀行カードローンを提供し始めた理由

では、なぜ最近になって銀行カードローンを扱う銀行が増えてきたのかと言うと、その理由には保証会社の存在があります。

実は、銀行カードローンに申込みを行うと、審査を実際に行うのは銀行ではなく、保証会社といわれる会社が行います。

万一、銀行カードローンの契約者が、借りたお金の返済が出来なくなった場合には、保証会社が銀行に代位弁済を行います。

つまり、債務者である銀行カードローンの契約者の代わりに、保証会社が銀行に対して借金の返済をするという事です。

そして、債務者からの債権回収業務はお金を立て替え払いした保証会社が行います。

要は、銀行としてみれば、保証会社が債務者(契約者)の保証人となってくれるので、銀行カードローンでもノーリスクで個人への融資が出来るわけです。

保証会社が保証をしてくれることから、最近では銀行でもカードローンを提供するところが増えたのです。

【まとめ】
  • 銀行カードローンの特長は、低金利、繰り返し借入・返済が可能、事業性資金を除いて使い道が自由といった点があります。
  • プロミスの弱点は、銀行カードローンと比較すると貸付金利が高い事です。
  • プロミスからカードローンに借り換えをする利点は、金利が低いため返済期間を短縮、総量規制の制限がないなどがある
  • 低金利などの条件の良いカードローンは、審査が厳しい
  • おまとめローンに力を入れているカードローンを選ぶこと

▲ このページの上部へ