プロミスの年収・年齢などの申込条件

ここでは、プロミスの申込条件の内容について解説をしています。

ハードル

お金を借りたいと思った時に気になるのは、借入の条件です。

プロミスからお金を借りる時には年収や年齢などの制限はあるのでしょうか。 気になるプロミスの申込条件について、ここでチェックをしてみましょう。

→ プロミス申込み

プロミスの申込みでは年齢制限はある?

クレジットカードやその他の借入申込みには年齢制限があります。

プロミスにも当然、年齢制限があり、申し込めるのは20歳から69歳までとなっています。 以前は年齢制限の上限が65歳までだったので、かなり大幅に引き上げられました。

では、年齢が69歳の時に申し込んで、返済途中で69歳を超えてしまったらどうなるのでしょうか。 その場合、プロミスでは借入が一切できなくなり、返済のみしかできなくなります。

やはり高齢者になると仕事をリタイヤする人も多いですし、体調や健康面でも不安なので借入はストップされるのです。

20歳という若い年齢も審査面ではデメリットになりますが、将来があります。

また、若くても公務員や上場企業に正社員として勤めているなどの安定した職業に就いていれば有利となり、審査通過の可能性はかなり高くなります。

最初はプロミスの利用限度額は低く設定される場合が多いですが、順調に返済をし続けて実績を作れば限度額アップができる様になることが多いです。

また、必ずしも年齢制限がクリアしていればお金を借りられるという訳ではありません。 上限年齢に近ければ近いほど、審査面では厳しくなります。

また、年齢条件を満たしていても他の金融機関に借入があれば審査を通過する可能性は低くなり、通過しても利用限度額は低額となります。

年収に制限はある?

金利が低い銀行のカードローンだと、最低限これだけ年収がないと申し込めないという条件が設けられていることがあります。

しかしプロミスの申込条件を見てみると、特に年収制限の記載はありません。

プロミス公式サイト内の「お申込みいただける方」の欄に記載があるのは「年齢制限」と「安定した収入」だけです。

プロミスでは、安定した収入があればパートやアルバイトでも申込が可能です。 ギャンブルやFX、日雇い収入は安定した収入とは認められません。

また、フリーランスで仕事をしている人も収入が不安定だとみなされると、審査に通過しません。

年収を確認できる確定申告書の控えなどを提出し、安定した収入を証明しなくては借入ができない可能性があります。

主婦や学生、年金受給者はプロミスに申込みできるのか?

会社勤めをしている方は、例え正社員でなく派遣社員であったとしても、フルタイムで仕事をしていれば、年収の面では問題ないのでほぼ間違いなくプロミスから借入れができることは誰でも分かると思います。

では、主婦や学生、年金受給者はプロミスでお金を借りる事ができるのでしょうか?

主婦がお金を借りる場合

まず、まったく給与を得ていない専業主婦の方は、年収がゼロなのでプロミスでお金を借りる事は出来ません。

専業主婦が行う洗濯や掃除、食事の用意といった家事や子供を育てる育児は立派な仕事です。

ですが、プロミスの申込み条件には「安定収入を得ていること」とあるので、専業主婦だと年収がないので返済能力が無いと判断され、例え借入の申込みをしたとしても審査で不合格となってしまいます。

では、パートで働きに出ている主婦の方は、プロミスでお金を借りる事ができるのでしょうか。

パートタイムという雇用形態で仕事をしていても、継続して同じ勤め先で働き続けているという実績があれば、年収があるのでプロミスの審査に通過する可能性はかなり高いです。

単発バイトでは年収があると判断されず審査に通りませんが、長期でパートの仕事をしているのであればプロミスからお金を借りる事ができると考えて良いです。

学生がお金を借りる場合

学生がプロミスに申込みをする場合は、年齢制限に引っかかる可能性があります。

プロミスに申し込みが出来るのは20歳以上です。 つまり、もしあなたが20歳未満なら、プロミスに申込みをしても年齢条件が合わない為、不合格となります。

また、学生の場合は、年収があると言える様な何らかのバイトを長期的に行っている必要があります。 毎月、少額でも良いので、同じバイト先から必ず給料を貰っているという事が大切です。

学生がプロミスでお金を借りるための条件をここで整理すると、以下の様になります。

  • 年齢は20歳以上
  • 長期でバイトをしており、年収がある

年金受給者がお金を借りる場合

会社を定年して、国民年金や厚生年金を受給している年金暮らしの方は、プロミスでお金を借りることが出来るのでしょうか。

まず、年齢条件を満たすために69歳以下でなければなりません。

では、プロミスのもう一つの申込条件である、安定収入の要件は年金を受けていることで満たしていることになるのでしょうか。

先に答えを言ってしまうと、年金だけの収入では、プロミスでは安定収入と認めない為、審査に申し込んでも落ちてしまいます。

年金受給者の中には、少額な国民年金の受給だけという方が多く、そういった方は、年金のほとんどは生活費に消えてしまうので、返済能力があるとは認められないからです。

つまり、年金受給者がプロミスでお金を借りる為には、年齢条件を満たすことと、安定収入の要件を満たすために、少なくとも長期のバイト、もしくはパートの仕事をしていなくてはなりません。

申込条件さえクリアすればいいわけじゃない

年齢と年収(安定した収入)の2つさえ要件を満たせていれば、プロミスのキャッシングに申込むことができます。

しかし、忘れて行けないのは総量規制です。

総量規制とは、貸金業法で制定されている貸金業者の貸付額を制限する規制の事です。

消費者金融などの貸金業者が個人へお金を貸す場合には、他の金融業者が貸付した額を含めて、借主である個人の方の年収の1/3を超えてはならないという制限です。

総量規制では、年収を考慮した上で返済能力以上の貸し付けを禁止して、借主が多重債務者となるのを法的に防止しています。

プロミスは総量規制の対象になっているので、年収の3分の1以上を借りることはできません。

既に年収の3分の1以上のお金を他の金融機関で借りている人は、例えプロミスに申込みができたとしても、審査で落ちてしまうでしょう。

プロミスに申込みをする前に申込条件を確認することは大事ですが、自分の他社借入状況を確認しておくことも大事です。

そして何より事前に返済計画を立てることです。 しっかりと計画を立てて、借り過ぎない様にすることがとても重要です。

年収と利用限度額と借入利率の関係

プロミスの借入利率と利用限度額は以下の様に決められています。

利用限度額 借入利率(実質年率)
1万円~500万円 4.5%~17.8%

この表の数値を見ると上限と下限にかなりの幅があるという事が分かります。

では、どういった条件の人が借入利率が高く、利用限度額が低いという不利な条件での借入れとなるのでしょうか。

また、逆にどういった条件の人が借入利率が低く、利用限度額が高いという有利な条件でお金を借りる事が出来るのでしょうか。

ここでは、具体的な例を挙げて考えていきたいと思います。

他社借入れがあると話が複雑となってしまうので、他の貸金業者からは一切借入れをしていないとします。

つまり、プロミスからのみお金を借りるケースです。

年収の少ないA子さん(利用限度額が低く、借入利率が高いケース)

A子さんは近所のスーパーでパートタイムで仕事をしていて、年収は90万円です。

すると、総量規制の関係により、年収の1/3までがプロミスが貸付可能な最大融資枠となります

つまり、A子さんがプロミスに申込みをした場合、利用限度額は最大でも30万円に設定をされるということです。

また、年収が少ないという事は返済能力が低いという事を意味します。 返済能力が低いという事は、返済の遅滞や場合によっては返済が出来なくなる可能性も考えられるという事です。

そのため、債権回収リスクが高いことを考慮し、借入利率はもっとも高い17.8%が適用されます。

年収の多いB男さん(利用限度額が高く、借入利率が低いケース)

B男さんは、有名な上場企業の商社で部長をしており、年収は2,000万円です。

すると、総量規制の関係上、B男さんがプロミスに申込みをした場合には、利用限度額はプロミスの最大枠である500万円に設定をしても大丈夫なので、500万円に設定される可能性があります。

また、年収が多いという事は、返済能力が高いことを意味します。 返済能力が高いという事は、返済遅延や返済不能を起こす可能性は低いという事です。

そのため、債権回収リスクは低いので、借入利率はもっとも低い4.5%が適用されます。

この様に、年収と利用限度額、借入利率には密接な関係があります。

少しでも好条件でプロミスから融資を受けたいなら、簡単な事ではありませんが年収を増やす様に努力する必要があります。

プロミスに年収、年齢で虚偽申告をしたら

年収の虚偽申告

プロミスは、インターネットで申込みをする際には、入力フォームの一項目として「年収」を入力する部分があります。

ここで、審査に通りやすくするために実際の年収より多い額を入力して申告したとしたらばれないのでしょうか。

プロミスへ申込んだ際に、年収が分かる給与明細書や確定申告書などの収入証明書の提出を要求されるのは以下の場合です。

  • 希望の借入額が50万円を超える時
  • 希望の借入額と他社の借入残高の合計が100万円を超える時

上記2要件のいずれも満たさなければ、申込み時に年収が分かる収入証明書をプロミスに提出しなくても済みます。

つまり、申込み時に年収を多めに申告してもプロミスにばれない可能性があります。

ですが、借入限度額アップが必要となった場合には、プロミスに収入証明書の提出が必要となる場合があります。

収入証明書の提出が必要となった時点で、年収の嘘がばれてしまうかもしれません。

申告した年収と実際の年収にさほど差が無いのであれば、誤差の範囲で済まされます。

ですが、さすがに申告と実際の年収が数百万円も違っていて、意図的に嘘の年収を申告したと判断されたら、プロミスとの契約解除、プロミスカードの利用停止、そして借入残高の一括返済を要求される可能性があります。

年収の嘘が発覚した時のリスクが大きいので、年収の虚偽申告は絶対にやるべきではありません。

年齢の詐称

プロミスでは、ネット申込みの入力フォームの項目内に「生年月日」があります。

また、本人確認書類の提出は必須となっており、生年月日が記載された運転免許証などを提出します。

このどちらでも年齢を確認することが出来ます。

プロミスの年齢に関する申込条件は20歳以上69歳以下です。

年齢条件が合わないからと言って、年齢を詐称して申込んだらどうなるでしょうか。

入力フォームの「生年月日」だけ詐称をした場合は、本人確認書類の「生年月日」と異なるので、プロミスから電話で問い合わせが来るはずです。

当然のことながら本人確認書類の「生年月日」から算出した年齢が正しくて、それが申込みの年齢条件にあっていないなら、審査に落ちてしまいます。

もし、年齢をごまかすために運転免許証のコピーの生年月日を書き換えて、本人確認書類としてプロミスに送ったとしたらどうなるでしょうか。

実は、この行為は有印公文書偽造罪に該当します。 れっきとした犯罪行為で、有罪が確定すれば1年以上10年以下の懲役となります。

つまり、最悪の場合、刑務所行きとなってしまう行為なので、絶対に本人確認書類の書き換えは行ってはいけません。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • プロミスの申込年齢制限は、20歳から69歳まで
  • プロミスの申込みに、年収制限はないが安定収入を得ていることが必要
  • プロミスは総量規制の対象金融商品なので、他社で年収の1/3以上を借りていると審査に通過しない
  • 学生や主婦でもプロミスの申込条件を満たせば、お金を借りる事ができる
  • 年金受給者は、年齢条件を満たしており、かつ長期のバイトなどで年収があればプロミスの審査に通過する可能性がある
  • 年収が多いと利用限度額:大、借入利率:低、年収が少ないと利用限度額:小、借入利率:高となる
  • 年収や年齢のプロミスへの虚偽申告は、最悪の場合、実刑を受けて刑務所行きとなるので、絶対にやってはダメ

▲ このページの上部へ