プロミスの在籍確認【会社への電話なしも可能】

プロミスの在籍確認は、通常は勤務先への電話で行われます。

女性オペレーター

借金の申込みでは、原則として職場への在籍確認は必須です。

在籍確認は、職場へ電話連絡をする審査方法が一般的です。 でも、職業や職場の環境によって、在籍確認して欲しくないことがあります。

在籍確認できなければ審査に通過しないのですが、プロミスでは電話による在籍確認を免除できる可能性もあります。

→ プロミス申込み

基本はプロミスでも電話での在籍確認は必要

プロミスでも、キャッシングの申込みがあれば勤務先への電話による在籍確認はすることになっています。

でも、キャッシング申込みをした途端、いきなりプロミスから在籍確認の電話が掛かってくることはありません。

仮審査が通り本審査もほぼ通過、いよいよ融資できるぞという最終段階にて在籍確認をするのです。

誰でも勤務先へ電話なんてして欲しくありません。 では一体なぜするのでしょうか? それは本当にその会社に勤めているかどうかを確認するためです。

借金の審査では、ちゃんと定職を持っている人を返済能力が高いと判断します。 いくら一時的にたくさん稼いでいても、定職を持っていなければ審査に通過することはありません。

また、どうしても審査を通過したいがために、嘘の勤務先情報を伝える人もいます。 そのため在籍確認がどうしても必要なのです。

在籍確認で電話を掛けてくる時は、電話を受けた方にはプロミスの社名ではなく個人の名前を名乗ります。

だから、プロミスから会社に電話を掛けられたら会社の電話を受けた人に、「消費者金融でお金を借りようとしていることがばれてしまう」と危惧する必要はあまりありません。

また、在籍確認の電話は、原則として番号非通知で掛けてくるので、電話番号からプロミスからの電話だとバレることもありません。 (ただし、申込者の会社の電話が、番号非通知の受信拒否を設定している場合には、プロミスは番号通知で電話をします。)

プロミスから掛かってきた在籍確認の電話では、プロミスの審査担当者から、氏名と生年月日、そしてあなたの住所を訊かれます。

申込み内容に不備があれば、その他の項目も聞かれる可能性がありますが、1~2分もあれば、電話での在籍確認は終わります。

消費者金融だとバレてしまうような会話内容は無いので、もし周囲に会社の人がいたとしても、消費者金融からの電話だとバレることは無いでしょう。

なお、プロミスから掛かってきた電話は、必ずしも本人が受け取らなくても良いので、出張や営業回りをしていて外出をしていたとしても大丈夫です。

電話口の会社の人がその申込者の在籍について証明してくれればいいので、「席を外しております。」 という回答があればプロミスの在籍確認はOKです。

在籍確認は土日祝日も可能

プロミスの審査は、年中無休で午前9時から午後の9時まで行っています。

在籍確認は審査項目の一つなので、たとえ土曜、日曜、祝日であろうとも審査を行う時間帯であれば、プロミスは在籍確認を行う事ができます

ただし、プロミスに在籍確認をして貰う上で気を付けなければならない事があります。

それは、申込者の勤務先が休みの日でプロミスが在籍確認の為に申込者の勤務先に電話を掛けた時に、誰も会社にいないため電話が繋がらず在籍確認が出来ないという事です。

プロミスでお金を借り入れるまで数日かかっても良いというのであれば、勤め先の会社の営業日が来て、電話での在籍確認が可能となるのを待っても良いでしょう。

ですが、すぐにでもプロミスでお金を借りないと困るという方は、勤め先が休みだと電話での在籍確認が出来ないので、借入れを申し込んだ当日にお金を借りることはできないという事になります。

プロミスのオペレーターに相談

基本的に電話での在籍確認は必要ですが、どうしても免除して欲しければ直接プロミスのオペレーターに相談をしましょう。

電話申込みが確実ですが、ウェブ申込みでもプロミスから申込み確認の電話が来るので、その時に在籍確認について相談してみましょう。

最近では、職場が営業日であったとしても、職場へ在籍確認の電話があった際に、機密情報を取り扱っている兼ね合いなどから個人に取り継がない会社も多いです。

前もって総務に断りを入れておけば在籍確認の電話に対応してくれることもありますが、さすがに消費者金融(プロミス)からお金を借りるとは言いづらいものです。

また、最近は誰でもスマホや携帯電話を持つのが当たり前の時代です。

にもかかわらず、会社の社員宛てに外部から個人名の電話が掛かってきたら、会社で電話を受け取った方は不審に思うかもしれません。

会社で電話を受けた人は、勧誘の電話や詐欺まがいの電話なのではと、心配をする可能性もありますし、電話をしてきた人に対して用件を詳しく聞き出そうとするかもしれません。

そうなると、プロミスからの電話だとばれてしまう可能性が高まります。

勤め先へ在籍確認の電話が掛かってきては困るという方は、プロミスへ申込み後すぐにプロミスの担当者と在籍確認の方法について相談をすれば、便宜を図ってもらえる可能性があります。

電話による在籍確認は避けたいけどお金は急ぎで借りたいという方は、諦めずにプロミスに相談をしてみることが大切です。

→ プロミス申込み

電話での在籍確認なしで借入できる貸金業者

どの様な金融機関でも、借入申込者が申告した勤め先で社員(バイト・パートタイマーを含む)として働いているかを確認するために在籍確認が行われます。

会社勤めで毎月安定収入を得ており、返済能力があるのかの確認なので、在籍確認は必ず行われます。

でも、お金を借りたい方のなかには、勤め先に電話が掛かってくると困るという方もいるでしょう。

会社バレによる不具合

プロミスから電話で在籍確認をする場合は、必ずプロミスという会社名は伏せて、個人名で電話が掛かってきます。

ですが、普段、個人宛てで会社に電話が掛かってこない社員に、個人名であったとしても電話が掛かってきたら電話を受けた会社の人に怪しまれる可能性があります。

また、プロミスからの在籍確認の電話は、通常は番号非通知で掛かってきます。

ですが、プロミスが掛けた会社の電話が番号非通知だと受信拒否をしている場合には、プロミスは番号通知で電話を掛けてきます。

その際に、掛かってきた電話番号からプロミスからの電話という事がばれてしまう可能性はゼロではありません。

勤務先が休みによる不具合

また、勤め先が定休日の時には、会社に電話を受け取る人が誰もいないので、電話での在籍確認はできません。

そこで、絶対に勤務先への電話による在籍確認では困るという方には、書面で在籍確認ができる「モビット」への申込みをお勧めします。

基本的に消費者金融のモビットは、書面での在籍確認となります。

モビットのインターネット申込み方法には、通常の「カード申込」と申込みから利用まですべての手続きをネットだけで行える「WEB完結申込」があります。

当サイトの管理人が直接、モビットに電話をしてモビットのスタッフに訊いたのですが、「カード申込」、「WEB完結申込」どちらの方法で申し込んでも在籍確認は書面で行い、勤務先には電話をしないとのことでした。

モビットの「書面での在籍確認」に必要な提出書類は、下記の「本人確認書類」と「収入証明書類」です。

【モビット本人確認書類(書面での在籍確認)】
  • 運転免許証
  • パスポート(免許証が無い場合可)
【モビット収入証明書類(書面での在籍確認)】
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

本人確認書類も収入証明書類も上記のいずれか1通で、原本ではなく複写(コピー)した物を送付します。

デジカメかスマートフォンのカメラで上記書類の画像を撮影し、その画像データを電子メールでモビットに送る方法が、もっとも手軽なのでおすすめです。

モビットは、書面提出だけで在籍確認は完了となり、勤め先の会社には電話はありません。

一般的に在籍確認作業は、審査の最終段階に行われるので、モビットに送った在籍確認の画像データに問題が無ければ、すぐにモビットから審査合格の連絡が来ます。

→ モビット申込み

【まとめ】
  • プロミスの在籍確認は、プロミスに申告した勤務先に在籍しているかの電話による確認です
  • 勤務先への電話による在籍確認が出来ない場合は、プロミスへ申込み後すぐにプロミス担当者と在籍確認の方法について相談をすること
  • モビットは、公式WEBサイトの通常の「カード申込」と「WEB完結申込」のどちらの方法で申込んでも書面での在籍確認のみで会社への連絡は一切なし

▲ このページの上部へ