プロミスで即日融資でお金を借りる方法

プロミスで即日融資を受けたいなら、事前にその為の条件を調べておきましょう。

時計

キャッシングは即日融資が常識になっており、プロミスでもスピードを重視した融資が重要なポイントになっています。

しかし、いくらスピーディーな処理が自慢の消費者金融でも、即日融資ができないこともあります。 そこで、ここではプロミスで確実に即日融資を受けるには何が必要なのかを見てみましょう。

→ プロミス申込み

申込前に留意すべき点

スピーディーな申込みで即日融資ができるように、まずは必要条件をチェックしましょう。

必要条件とは、安定した収入があって直近3ヶ月で他の金融機関で返済遅れがないことです。

他の金融機関から借入があっても、借入総額が年収の1/3以内の総量規制(※1)の範囲内であれば融資は可能です。

ただし、もし3ヶ月以内に金融機関への返済遅延を起こしていたならプロミスの審査を通過するのは難しいです。

そして身分証明書と収入が確認できる書類を用意することも大事です。 収入証明書の提出を求められなくても、自分の収入がどれくらいあるのかスムーズに記入できるようにしておきましょう。

また、当り前のことですが、プロミスの申込フォームには全て本当のことを入力します。

他社の借入額の金額が多少異なっているくらいなら誤差の範囲内ですが、あまりにも誤差が大きければ虚偽の申告と取られかねません。

勤務先の情報も嘘をつかないようにしましょう。 Eメールアドレスや電話番号は間違えてしまうと連絡が取れなくなってしまうので、正確に入力をしましょう。

【即日融資を受けるために申込前に留意すべき点】
  • 継続的な安定収入があること
  • 直近3ヶ月で貸金業者への返済遅滞がないこと
  • 身分証明書を用意(必須)
  • 収入証明書を用意(プロミスへの希望借入額が50万円を超える場合など)
  • 申込み時にプロミスへ申告する内容に誤りがないこと

※1:総量規制とは、貸金業法内で規定されている法律で、個人に過度の貸付を行わせない様に、全ての貸金業者の総貸付額は借入者の年収の1/3を超えてはならないという貸付額の規制のことです。

プロミスで即日融資を受けるための方法

プロミスで即日融資を受けるには、「インターネット申込み+即日キャッシング(瞬フリ)」と「インターネット申込み+自動契約機」、「自動契約機のみ」の3種類があります。

インターネット申込み+即日キャッシング(瞬フリ)で即日融資

パソコン、またはスマートフォンでプロミス公式サイトにアクセスをして、プロミスに借入れの申込みをします。

プロミスに申込んだ後、すぐに融資可否を決めるための審査が行われます。 プロミスの審査は順調に進めば、最短30分で審査が完了します。

審査に通過することができ、プロミスとの契約が完了すれば、その時点から借入と返済が出来ます。

プロミスにはATMで使えるキャッシング専用のプロミスカードがあるのですが、プロミスカードは後日、郵送をされるため、契約完了時点では手元にはありません。

そのため、即日融資を受ける為には、プロミスカードではない別の方法で借入をすることになります。

プロミスから手軽に借入が出来る方法には、振込キャッシングという方法があります。 振込キャッシングとは、指定した銀行口座へ銀行振込をすることでプロミスからお金を借りる方法です。

契約完了時点から使えるプロミス会員サイトにアクセスをすれば、振込キャッシングサービスを利用することが出来ます。

即日融資を受けるために振込キャッシングを利用する際には、留意するべき点があります。

それは、銀行の窓口が開いている銀行の営業時間内に振込キャッシングを申し込まなくてはならないということです。

プロミスの振込キャッシングは銀行が提供する振込処理サービスを利用しています。

一般的に銀行の振込処理は、平日午後3時までに振込手続きを行えば、その日のうちに銀行振込を実施してくれますが、平日午後3時以降の振込手続きは、実際に銀行振込が実行されるのは翌営業日となります。

プロミスに申込みをした後には審査があるので、即日融資を受けたいなら審査時間を考慮して平日14時までにはプロミスへの契約を完了する必要があります。

プロミスの審査は早いのですが、万が一混み合っている場合だと時間が多少かかってしまう恐れもあります。

そのことを考えれば、即日融資を確実に受けたいなら平日の午前中にプロミスへ借入れの申込みを済ませておいた方が安心かもしれません。

プロミスの瞬フリなら24時間、瞬間振込み

借入れの申込みをした方が、三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の銀行口座を持っているのなら、プロミスの「瞬フリ」というサービスを利用することが出来ます。

瞬フリは、振込キャッシングの一種です。

振込先口座に三井住友銀行、またはジャパンネット銀行を指定して振込キャッシングを行うと、平日だけでなく土日祝日も24時間瞬時に口座にお金が振り込まれることから「瞬フリ」と呼ばれています。

指定先銀行口座が限定をされているので、瞬フリを利用できる方は少ないでしょうが、もし利用できるのなら、銀行の営業時間を気にすることなく、瞬時に即日融資を受けることが出来ます。

インターネット申込み+自動契約機で即日融資

プロミスはネット申込みと振込キャッシングを利用すれば、一切外に出ることなくキャッシング申込みを完了できるのでとても便利です。

ただし、上述した様に即日融資を受けたいなら時間的な制限があります。

そこで、当日の振込キャッシングが厳しくなる午後2時以降におすすめしたいのが、インターネット申込みと自動契約機の併用です。

最寄りのプロミス自動契約機の設置場所は、プロミス公式サイト内の「店舗・ATM検索」を利用することで調べることができるので、前もって調べておきましょう。

プロミスへの借入れの申込みは、PCまたはスマホを使ってインターネットから行います。

プロミスへの申込みを自動契約機ではなくインターネットから行うには、理由があります。

その理由とは、「審査の間、自動契約機前で待たされずに済む」ことと「プロミスに提出する必要書類に不備があった場合にすぐに対処できる」からです。

自動契約機から申込みをした場合は、プロミスが審査を行っている間、待っていなければなりません。

また、万一、必要書類に不具合があった場合には、自宅に書類を取りに戻らなくてはならなくなり、時間的なロスにより即日融資を受けれなくなることも考えられます。

インターネット申込み後に無事に審査が完了した時点で、最寄りの自動契約機に出向き、プロミスカードを受け取ります。

自動契約機にはプロミスATMが併設されているので、受け取ったばかりのプロミスカードを使って、即日融資を受けることができます。

この方法だと、夕方以降でもプロミスから即日融資を受けることが出来ます。

自動契約機は22時(一部自動契約機は21時)まで、ATMは7時から24時まで(※2)利用可能です。

ただし、プロミスの審査は21時までなので、即日融資を受けたいなら審査時間を考えて、20時ごろまでにはインターネットで借入の申込みをしておきたい所です。

プロミスから即日融資でお金を借りたいのに午後2時を過ぎてしまったという人は、インターネット申込みと自動契約機の併用を考えると良いでしょう。

※2:ATMにより営業時間、休日は異なります。

自動契約機のみで即日融資

あまりお勧めはしませんが、プロミスの自動契約機に直接出向いて、自動契約機から借入れの申込みをする事でも即日融資は可能です。

自動契約機からの申込み手続きで即日融資を受けたいなら、とにかく必要書類の提出を含めてミスをしない様に十分に気を付けるべきです。

この方法だと、プロミスが審査をしている間は自動契約機のボックス内で待つことになります。

土日にプロミスで即日融資を受けるには

プロミスだけに限らず、金融機関からお金を借りる場合には、必ず審査の際に在籍確認があります。

在籍確認では、プロミスの審査担当者が、申込みをした方の会社に電話を掛けて、その会社に在籍しているかの確認をとります。

この在籍確認では、借入申込者がプロミスに申込みした際に申告した勤務先に勤めており、継続的な収入を得ているかを確認します。

要は、プロミスに借入申込みをした方に返済能力があるのかのチェックになります。

在籍確認は審査項目の1つであるため、在籍確認ができない場合には、審査が完了せず即日融資を受けることは出来ません。

土日は会社が休みという方は多いと思いますが、会社が休みだとプロミスの審査で電話での在籍確認が出来ない為、即日融資を受けることが出来ないという事になります。

プロミスの審査は土日祝日でも休むことなく年中無休で行われています。

申込みした方の会社が休みの日に、プロミスから即日融資を受けるには、何らかの方法で在籍確認を完了させる必要があります。

インターネットでプロミスに申込みをすると、申込み直後に申込者の携帯電話に申込み意思の確認電話が掛かってきます。

その際に、プロミススタッフに勤務先が休みだけど在籍確認が出来ないかを相談するようにしましょう。

在籍確認は、審査の最終段階に行われることが多いです。

そのため、在籍確認にパスすることが出来れば、ほぼ間違いなくプロミスの審査は合格となり、会社が休日でも即日融資が可能となります。

プロミス自動契約機とプロミスATMの利用

プロミスの自動契約機とプロミスATMは土日でも利用することが出来ます。

審査完了後に、プロミスの自動契約機に出向き、契約書とプロミスカードを受け取ります。

自動契約機の隣にプロミスATMが設置されているので、プロミスカードを使って即日融資を受けることが出来ます。

三井住友銀行、またはジャパンネット銀行への銀行振込み

一般的な銀行は土日は休みですが、三井住友銀行とジャパンネット銀行の場合は、土日でも銀行振込が可能です。

そのため、三井住友銀行、またはジャパンネット銀行に預金口座を持っている方は、土日でもプロミスから銀行振込による振込キャッシングで即日融資を受けることが出来ます。

プロミスの会員サイトで、振込先を三井住友銀行口座、またはジャパンネット銀行口座として振込キャッシング(瞬フリ)手続きを行うと、土日でも即座に銀行口座にお金が振り込まれます。

その後、近所のコンビニATMで銀行のキャッシュカードを使ってお金を引き出すことで、振り込んでもらったお金を現金として即日に手にする事が出来ます。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • 即日融資を受けるには、安定収入や年齢などの申込み条件を満たす事が必要
  • 銀行振込で融資を受けたいなら平日午後2時までに、プロミスへのインターネット申込みが完了している必要がある
  • ネット申込みをした後に、プロミスカードを自動契約機で受け取ることで、平日午後2時以降にスムーズに即日融資を受けることが可能
  • 土日でもプロミスから即日融資を受けることは可能

▲ このページの上部へ