プロミス無利息は本当か?何度でも使えるのか?

プロミスの無利息サービスを使う事で、お得にお金を借りることが出来ます。

財布を持った主婦

金融会社のキャッシングは利息が絶対に掛かるというのが常識ですが、プロミスにはなんと無利息サービスがあります。

プロミスの無利息サービスの内容がどんなものなのか、何度も利用できるのか気になります。

早速詳細を確認してみましょう。

→ プロミス申込み

プロミスの無利息は本当!ただし利用条件あり

プロミスに無利息サービスがあるのは本当です。

プロミスには「初回借入時限定の30日間無利息サービス」と「プロミスのポイントを利用した無利息サービス」があります。

ここでは、この2つの無利息サービスの利用条件を見ていきたいと思います。

初回借入限定の30日間無利息サービス

プロミスの初回借入限定の30日間無利息サービスが利用できるのは、以下の条件に全て当てはまる人です。

【30日間無利息サービス利用条件】
  • プロミスを初めて利用する人
  • メールアドレスを登録する人
  • web明細の利用登録をする人

特に難しい条件は1つも無いので、必ず上記の条件を満たしてプロミスの30日間無利息サービスを受ける様にしましょう。

プロミスの無利息は最初のキャッシング利用日の翌日から30日間までと決まっています。

web明細の利用登録方法

web明細とは、PCやスマートフォン、ケータイなどでプロミス会員サービスサイトにログインして、取引明細書(利用明細書や受取証書)を見ることができるサービスのことです。

web明細にすることで、取引明細書が郵送されて来ません。

そのため、プロミスから自宅に郵送物が届いたことで家族に借入がばれてしまうリスクが少なく、また取引明細書を紛失する恐れがないというメリットがあります。

web明細の申し込み方法には、「新規申込み時」、「会員サービスサイトでの設定」、「自動契約機での設定」、「店頭窓口(お客様サービスプラザ)での依頼」の4種類の方法があります。

ここでは、web明細の申込み方法の中でも利用頻度の高い「新規申込み時」と「会員サービスサイトでの設定」について説明をします。

新規申込み時のweb明細設定方法

プロミスへ新規申込みをするときに、web明細の設定を行うことができます。

web明細の設定をするには、申込フォームの[書面の受取方法]の項目で「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択します。

会員サービスサイトでのweb明細設定方法

プロミスとの契約完了後でも、会員サービスサイトを利用することで簡単にweb明細の申し込みをすることが出来ます。

会員サービスサイトには、「カード番号とカード暗証番号」、もしくは「Web-IDとパスワード」を用いてログインをします。

web明細を設定するには、その後、登録内容変更メニューから[書面受取方法登録・変更]ボタンをクリックしたあと、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択します。

ポイントによる無利息サービス

ポイントによる無利息サービスの利用条件は、次の2点を満たすことです。

【ポイントによる無利息サービス利用条件】
  • ポイントサービスの利用申込みをすること
  • 無利息サービスを利用するのに必要なポイントを貯めること

ポイントサービスの利用申込みは、インターネットを使って会員サービスにログイン後、[ポイント申込]ボタンをクリックすることで、その後のポイント取得と使用が可能となります。

プロミスからの借入額が多い人ほどポイントを積極的に貯めて、ポイントを利用した無利息サービスをできるだけ多く受けたい所です。

いつから無利息になるのか

プロミスの30日間無利息サービスは、初回出金日の翌日から日数のカウントが始まります。

プロミスと契約をしてもお金を借りなければ、無利息期間はカウントされません。

実はプロミスだけでなく、アコムやアイフルなど他の金融機関でも30日間無利息サービスを行っています。

アコムやアイフルなどの他の金融機関の30日間無利息サービスは、プロミスとは異なり契約日の翌日から無利息期間が始まってしまうことが多いです。

そうすると、借入契約をしてもすぐにお金を借りずにしばらく放置していると無利息期間が無くなってしまうことになります。

プロミスの30日間無利息サービスの場合は、初めてお金を借りる時まで無利息期間はカウントされないので、無駄なくサービスを利用することができます。

例えば、3月1日に借入契約を結び、実際にお金を借りたのが3月15日だったとします。

その場合、プロミスだと無利息期間は30日間フルに利用できますが、アコムやアイフルの場合は無利息期間は16日間となってしまします。

無利息開始日の違い
サービス名 契約日 出金日 無利息期間開始日 無利息期間終了日 無利息日数
プロミス(30日間無利息サービス) 3/1 3/15 3/16 4/14 30日
アコム、アイフル(30日間無利息サービス) 3/1 3/15 3/2 3/31 16日

無利息サービスは1回のみ?

プロミスの30日間無利息サービスは、初めてプロミスを利用する人と条件が定められています。

そのため、1人1回しか利用できません。 ただし、プロミスのポイントを利用すると、無利息サービスを何度も利用することができます。

プロミスのポイントの貯め方

プロミスのポイントは、次のような対象サービスを利用することで貯まります。

ポイントの取得方法
サービス名 獲得ポイント数 注意事項
ポイントサービス申込み 100 初回申込み時のみ
ネット会員サービスへログイン 10 毎月、初めてログインした時のみ
ネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 0~20 お知らせ内に獲得ポイント数を記載しています。
PCまたは携帯電話による書類の受取 各1 月末時点で対象サービスを利用をしている場合に、各1ポイントを獲得
取引確認メール
返済日お知らせメール
収入証明書類(※1)の提出 160 同年中の書類は、原則、初回のみ

※1:プロミスで認められている収入証明書類は、「最新の確定申告書」、「最新の源泉徴収票」、「直近2か月分の給与証明書(ボーナスが支給される場合は1年分の賞与明細書もあわせて提出)」の3種類で、いずれか1つを提出すればOKです。

ポイントサービスのポイントを貯めるためには、上でも述べましたが、まず初めにポイントサービスの利用開始の申込みをする必要があります。

プロミスへ申込みをして契約をすれば、自動的にポイントサービスを利用できる様になるわけでは無いので、審査通過した後に忘れずにポイントサービスの申込みを行う必要があります。

収入証明書をプロミスに提出することにより、年1回だけですが160ポイントという高額ポイントを獲得することが出来ます。

そのため、できるだけ収入証明書は毎年1回、プロミスへ提出する様にして、高額ポイントをゲットするようにしましょう。

ポイントを無利息サービス利用

所有ポイントを利用して、無利息サービスを受ける場合の必要ポイント数と無利息期間は次のようになります。

プロミスのポイントサービス
必要ポイント数 利用可能無利息期間(※2)
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

※2:無利息期間の適用開始日は、「利息以上の返済を行った翌日」、または「完済後は再び借入れをした日の翌日」です。

ポイントを貯めることにより、何度でもプロミスの無利息サービスを利用できます。

なお、貯まったポイントは無利息サービスとして使える他、提携ATM手数料無料サービスにも使うことができます。

いくら得をするのか?

プロミスの無利息サービスを利用すると、一体いくら得をすることができるのか。

とても気になる所ですよね。

ここでは、無利息期間7日、15日、30日の場合に、利息支払いが免除されることで具体的にいくら得をすることができるのかを算出してみました。

プロミスでは、借入金額が100万円未満の場合は上限貸付金利は17.8%、借入金額が100万円以上の場合は上限貸付金利は15.0%なので、その金利変化に対応させて計算を行っています。

プロミスの無利息サービスで得られるお得度合
借入金額 貸付金利 得した金額
(無利息期間7日)
得した金額
(無利息期間15日)
得した金額
(無利息期間30日)
1万円 17.8% 34円 73円 146円
10万円 341円 731円 1,463円
30万円 1,024円 2,194円 4,389円
50万円 1,706円 3,657円 7,315円
100万円 15.0% 2,876円 6,164円 12,328円

1万円の借入額だと無利息期間が30日間でも、得をするのはわずかに146円です。

一方、100万円の借入れだと、30日間の無利息期間で、12,328円も得をすることが出来ます。

高額借り入れの場合には、無利息のメリットがより活かされるという事が良くわかります。

ただし、無利息サービスで得をしたいからと考えて、必要以上にお金を借りるのは絶対に止めましょう。

無利息期間を過ぎたら普通に、借入元本には利息が掛かってきます。

当然のことですが、借入額が多いほど利息の支払い負担は増えてしまいます。

だから、無利息サービスが適用されるとしても、必要最低限の金額だけを借りるようにするべきです。

いったいなぜ無利息サービスがある?

キャッシングの金利手数料は、消費者金融の大きな収入源です。

それなのに一体どうしてプロミスなどは無利息サービスを提供しているのでしょうか。

キャッシングを必要とする人は、一般的にまとまった金額を利用するケースが多いかと思われます。

例えば10万円のキャッシングをしたら、通常金利(17.8%)では30日間で1,463円の利息が発生します。

それが無利息サービスだとゼロになるので、借入れから30日後に完済したとすれば10万円ピッタリを支払えば済みます。

しかし1ヶ月以内に10万円を一括返済できる人は、少数派なのではないでしょうか。 借入期間は30日だけで終わらず、ほとんどの方が30日以上キャッシングを利用します。

無利息期間が終われば当然、通常金利が掛かります。 そのため、無利息サービスによりお試しで借入をしてもらっても、消費者金融会社には十分メリットがあるのです。

また、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスはSMBCグループに属した企業です。 運営母体に資本力があり経営基盤がしっかりしているので、利用者にとってお得な無利息サービスを提供できるのです。

無利息期間中でもプロミスへの返済は必要

プロミスで無利息期間を利用した場合でも、借りたお金は必ず返さなくてはなりません。

キャッシングの契約には、返済期日が決められた約定返済日が必ず月1回あります。 もし無利息期間中に返済期日がやってきたら、必ずプロミスに返済をしなくてはなりません。

無利息は返済しなくてもいいという意味ではなく、金利手数料がゼロになるというサービスなのです。

万が一、約定返済の返済期日に間に合わずに延滞をしてしまうと、当然ですが延滞利息が付きます。

プロミスの遅延利率は20.00%(実質年率)と普段の年利よりも割高なので、せっかくの無利息期間が台無しです。

それどころか延滞したことにより信用情報機関(※3)にその情報が登録され、今後のキャッシングができなくなる恐れもあります。 だから、無利息期間中であっても約定返済を忘れてはダメです。

ちなみに当然のことなのですが、無利息期間中に返済したお金はすべて元金の返済に充当されます。

そのため、無利息サービスを利用すると、「借金の早期完済」と「完済までの総利息支払額の削減」に役立ちます。

※3:信用情報機関とは、金融業界共通で利用されている個人の借入れ情報のデータバンクを管理している組織のことです。 金融機関からの借入額や返済遅滞、自己破産といった債務整理などの借入れに関する様々な情報が登録されています。

プロミス無利息サービスの利用時の留意事項

プロミスには特徴的な2種類の無利息サービスが用意されています。

初回限定の30日間無利息やポイントサービスを使った無利息は、利息負担が軽くなるので、利用者にとっては嬉しいサービスです。

普段の生活のやりくりに四苦八苦している方には、とてもありがたいお得なサービスなのですが、無利息はあくまで「おまけ」的なものと考えるようにしましょう。

なぜなら無利息サービスは、そんなに頻繁に利用できるサービスではありません。

そもそも論として、プロミスはどうやって利益を出しているかと言えば、お金の貸主であるお客様から利息を得ることで利益を出しています。

頻繁に無利息が利用できるようなシステムだと、プロミスは利益を得ることが出来なくて事業が成り立たなくなってしまいます。

だから、無利息サービスのシステム上、そんなに頻繁には利用できないようになっているのです。

そのため、プロミスの利用を検討しているのなら、無利息サービスだけでなく、「貸付金利の利率」や「借入と返済方法の種類の多さなどの利便性」、そして契約後の「フォロー体制」などもしっかりとチェックをするべきです。

ちなみにプロミスは、業界最低レベルの貸付金利、そしてインターネットやATMなどによる多彩な借入と返済方法、プロミスコールというフリーコールによる相談受付を行っています。

だから、ほとんどの借入れ希望者にとってプロミスは申し分のない貸金業者だと言えます。

また、プロミスからお金を借りる場合に無利息サービスを利用することに必死にこだわるのではなく、なるべく早急に借りたお金を完済できるようにしっかりとした返済計画を立てることが大切です。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • プロミスには「初回、借入時に利用できる30日間無利息サービス」と「ポイントを利用した無利息サービス」の2タイプの無利息サービスがある
  • プロミスの30日間無利息サービスは、初回出金日の翌日から無利息期間のカウントが始まるので無駄なく利用できる
  • プロミスは、ポイントを貯めることで、何度でもポイントを利用した無利息サービスを受けることが可能
  • 無利息サービスが適用される借入れでも、借入額は極力、必要最低限だけを借りる様にすること
  • 無利息期間中であっても月一回の返済期限がある約定返済は行わなければならないので、返済忘れをしない様に注意
  • 無利息サービスだけに捕らわれず、借入れや返済手段など他の特徴もしっかりと確認してからプロミスへ借入申込みを行うこと

▲ このページの上部へ