プロミスのスマホからの申し込み

プロミスへのスマホを使った申込み方法を解説しています。

スマホ

カードローンやキャッシングの申込みはウェブ上で簡単にできる時代ですが、スマホを使うことでより簡単に申込みができます。

スマホならほとんどの場合、個人所有なので、家族共用のパソコンの様に借入の申込みがばれてしまう心配はありません。

ここでは、スマホからプロミスに申込む手順について、見てみましょう

→ プロミス申込み

スマホからプロミスへの申し込み可能時間

スマートフォンを使えば、365日24時間、いつでもプロミス公式サイトからお金を借りる為の新規申込みができます。

プロミスへの新規申込みはカード発行を含め、全て無料でできます。

また、プロミスに限らず、どこの金融機関でも必ず借入れの申込み後に、融資可否を判断するための審査を行います。

プロミスの審査は、年中無休で9:00~21:00まで行っており、申込みから審査完了までは最短30分程度で完了します。

プロミスの申込条件を確認しよう!

スマホでプロミスへ借入れの申込みをする前に、プロミスの申込条件を確認しておきましょう。

プロミスに申し込むことが出来るのは、次の条件をすべて満たしている方です。

【プロミスの申し込み条件】
  • プロミスの利用が初めてであること
  • 年齢20歳以上、69歳以下
  • 申込みする本人に安定収入があること
  • 自身のメールアドレスを所有していること

アルバイトやパート、フリーターやフリーランス、派遣社員の方、あるいは学生や主婦の方でも、上記の条件を満たしていればプロミスに申し込むことが出来ます。

現在、失業をしていて無職の方、あるいは専業主婦の方は、残念ながら所得条件を満たさないので、プロミスに申し込みをすることは出来ません。

プロミスへ申し込む時に必要となる登録メールアドレスは、パソコン用、携帯電話用、どちらのものでも構いません。

フリーメールアドレスの利用も可能ですが、プロミスとの重要な連絡用に使用するものなので、できれば通信プロバイダーのメールアドレスを用意すると良いでしょう。

上述した4要件を満たしていれば、スマホを使ってプロミスへお金を借りる申込みをしても大丈夫です。

スマホ申し込みの為に必要書類の準備をしよう!

プロミスは、申込み後にすぐに融資可否を決めるための審査が行われます。

プロミスの審査は最短30分で完了しますが、審査の終盤には必要書類を提出する必要があります。

ここでは、申し込み前に準備しておくべき書類について説明をします。

プロミスの必要書類には、提出が必須の本人確認書類と所定の条件に該当した場合のみ提出が必要となる収入証明書類があります。

いずれの場合でも有効期限内または、現行有効なものが必要で、原本ではなくコピー(画像データ)したものをプロミスに送ります。

本人確認書類(必須)

原則として、プロミスに提出できる本人確認書類は自動車運転免許証です。

車の免許証を持っていない場合には、パスポートを提出することも可能です。

スマホ申し込み時に提出可能な本人確認書類
本人確認書類 詳細
運転免許証 住所と顔写真の記載のある表面、但し、転居による住所変更や結婚により氏名が変わったなどの変更事項がある場合は裏面もあわせて必要
パスポート 住所と顔写真のあるページ

外国籍の方もプロミスに申込みをすることができ、その場合は、本人確認書類と共に「在留カード」または「特別永住者証明書」を一緒に提出する必要があります。

現在住所と本人確認書類の住所が異なる場合

引越しをしたことにより、現在、住んでいる住所と本人確認書類に記載されている自宅住所が異なる場合には、次のいずれか1つを提出する必要があります。

【転居先確認用の書類】
  • 電気、ガス、水道、NHKのいずれかの公共料金領収証
  • 社会保険料の領収書
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書
  • 納税証明書
  • 国税または地方税の領収書

なお、現住所を確認するための上記書類は発行日から6ヵ月以内のものを用意する必要があります。

収入証明書類(所定の要件に合致する場合のみ必要)

プロミスに収入証明書類を提出しなければならないのは、次の要件のいずれかに該当する場合です。

【収入証明書の提出要件】
  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他の貸金業者からの借入残高の合計額が100万円を超える

上記要件のいずれかに該当した場合には、次のいずれか1つを収入証明書としてプロミスへ提出する必要があります。

プロミスへ提出可能な収入証明書
収入証明書 詳細
確定申告書
  • 「所得額」、「収入額」、「本人の氏名」の記載があるもの
  • 証明年度は前年度(提出日が1月1日~3月31日は、証明年度は前々年度も可)
給与明細書
  • 「現在の勤務先名」、「本人の氏名」、「支給総額」の記載があるもの
  • 支給年月が直近の連続2ヶ月分(ボーナスがある方は、直近1年分の賞与明細書もあわせて提出すること)
源泉徴収票
  • 「本人の氏名」、「勤務先名」、「年収」の記載があるもの
  • 証明年度は前年度(提出日が1月1日~2月末日は、証明年度は前々年度でも可)
税額通知書・所得(課税)証明書
  • 「本人の氏名」、「収入額」、「所得額」の記載があるもの
  • 証明年度は前年度(提出日が1月1日~6月30日は、証明年度は前々年度でも可)
  • 市区町村長の発行印があるもの

会社勤めをしているサラリーマンやOLの方は、給与明細書もしくは源泉徴収票を準備すると良いでしょう。

また、個人事業主や自営業者の方は、確定申告書を用意するのが最も楽です。

必要書類の送付タイミング

スマホを使ってプロミスへ申し込みをした後に、審査が行われます。

その審査が完了する前に、プロミスから申し込み時に登録したEメールアドレス宛てに、件名「書類提出のお願い」というメールが届きます。

このメールが届いたあと、出来るだけ早急にプロミスへ必要書類の送付を行います。

必要書類のプロミスへの送付に手間取っていると、それだけ審査が完了するまでの時間が延びてしまうことになります。

だから、申し込み前に必要な提出書類を準備しておき、送付段階になったらスピーディにプロミスへ送れる様にしておきましょう。

必要書類の送付方法

プロミスへの必要書類の送付方法には、次の方法があります。

プロミスへ必要書類を送る方法
送付手段 詳細
スマホアプリ プロミスの専用スマホアプリは、「iTunes」ウェブサイトのAppStore内にiPhone用、また「Google Play」ウェブサイトのアプリページ内にAndroid用があり、どちらも無料でダウンロードして利用できます。 スマホアプリを起動させると[書類送付]ボタンがあるので、それを利用することで簡単にプロミスへ書類の提出ができます。
電子メール 必要書類の画像データを電子メールに添付して送付します。
ファックス 送付先のファックス番号は、フリーコールのプロミスコール(0120-24-0365)へ問い合わせることで確認可能です。
郵送 郵便を使ってプロミス宛てに必要書類を送ります。
自動契約機 スマホでプロミス公式サイトにアクセスをするとメニュー内に「店舗・ATM検索」ボタンがあるので、そのボタンをタップして自動契約機の場所を探すことができます。 検索方法には「現在地周辺から探す」、「住所で探す」、「条件で探す」の3種類があります。
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 同上

画像データを撮る場合は、スマホ付属のカメラかデジカメ、もしくはスキャナーを使うと良いです。

スマホを使ったプロミスへの申し込み手順

スマホを使ってプロミスに申込みをする際の流れは次の様になります。

1)スマホからプロミスの公式サイトにアクセスをします。
2)スマホ画面上の[新規お申込み]ボタンをタップします。
3)スマホ画面上の「商品内容のご確認」、「お申込時確認事項」、「プロミスカード会員規約」、「Web-IDサービス利用特約」、「同意事項」の内容を確認します。
4)申込フォームに必要情報を入力した上で、スマホからプロミスへデータを送信します。
5)プロミスで融資可否を決める審査が開始されます(審査中にプロミスへ必要書類を提出)。
6)申し込み時に選択した方法(電子メールまたは電話)で、プロミスから審査結果の連絡があります(審査に通過した場合は契約可能額も通知されます)。
7)約定返済(※1)の返済方法を「口座振替」と「ATM」から選択します。
8)(口座振替を選択した場合)

自動引き落としをする金融機関の口座番号を登録します。 また、ATMで利用できるプロミスカードの郵送の「希望あり」、「希望無し」を選択します。

カードの郵送を希望した場合には、簡易書留郵便で差出人名「事務センター」で自宅にカードが送られてきます。 カードが必要ない方、あるいは来店でカードを受け取りたい方は「カード郵送希望なし」を選びます。
9)(ATMを選択した場合)
簡易書留郵便(差出人名「事務センター」)で、自宅へプロミスカードと契約書類が送られてきます。
10)スマホからの申し込み手続き完了

※1:約定返済とは、毎月1回、○日までという返済期限のある支払いのことです。

申込フォームの入力項目

まずはスマホから、プロミスの申込サイトへアクセスしましょう。

直接スマホからグーグル検索で探すのもいいですし、パソコンからURLを送信するか、QRコードを読み取る方法でも簡単にプロミスにアクセスできます。

スマホからでもパソコンからの申込方法と基本的には変わりはありません。 スマホを使ったプロミスの申込フォームには以下の項目があります。

記憶が定かでない入力項目の情報は、スマホを使ってプロミスへ申し込む前にしっかりと調べて、ノートもしくはメモ帳に書き留めておきましょう。

お客様情報
入力項目 詳細
氏名(フリガナ) スマホで申し込みをする本人の名前です。
生年月日 申し込み対象者は、20~69歳の方です。
家族構成 「独身」、「既婚」のいずれかを選択します。
子供の有無
電話番号(携帯・PHS) 半角数値でハイフンなしで入力します。
自宅電話の有無 「あり」、「なし」、「呼び出し」から選択します。
運転免許証交付の有無 運転経歴証明書を所持している方は「あり」を選択します。
自宅情報
入力項目 詳細
郵便番号 郵便番号を入力すると、[自宅住所]項目の都道府県と市区町村、町名が自動で表示されます。
自宅住所(フリガナ) 全角で入力します。
お住まいの種類 「持家」、「賃貸住宅(借家も含む)」、「公営住宅」、「社宅、寮、官舎」から選択します。 家賃負担や住宅ローンのある方も申し込みできます。
勤務先情報
入力項目 詳細
雇用形態 「正社員」、「契約社員」、「派遣社員」、「アルバイト・パート」、「学生(バイト)」、「公務員」、「個人事業主」、「法人経営者(取締役以上)」から選択します。
勤務先名(フリガナ) 全角で入力します。
郵便番号 郵便番号を入力するとカナ住所が自動的に表示されます。
勤務先住所(フリガナ) 全角カナで入力します。
所属部署 例えば、海外営業部など。
電話番号 お客様の仕事場に「プロミス」名で電話をすることはありません。
社員数 正確な人数が分からない場合には、おおよそでもOKです。
最終学歴 「大学院卒」、「大学卒」、「専門学校卒」、「短大卒」、「高校卒」、「中学卒」から選択します。
入社年月 今現在、勤めている会社に入社した年月を入力します。
年収 税込の金額を入力します。
健康保険証の種類 「国民健康保険証」、「社会保険証」、「組合・共済保険証」、「船員保険証」、「健康保険に未加入」から選択します。
業種 「製造加工業」、「商社・卸売業」、「小売業」などから選択します。
職種 「小売店店員」、「事務員・販売事務員」、「調理師」などから選択します。
契約方法の選択
入力項目 詳細
希望の契約方法 「Web」か「来店」を選択します。 スマホだけで申し込みを完結する場合は「Web」を選択します。 また、スマホから申し込んだ後、自動契約機または店頭窓口で契約書とカードを受け取る場合には「来店」を選択します。
借入れについて
入力項目 詳細
現在の他社からの借入れ マイホームローン、マイカーローン、銀行カードローン、クレジットカードでのショッピングは借入れに含めません。
今回の借入希望額 上限は500万円までです。
メールアドレス・パスワードの登録
入力項目 詳細
メールアドレス ケータイのメールアドレスを登録する場合は、PCからのEメールを受信できる様にケータイのメール設定を行ってください。
パスワード 半角の英数字混在で英字・数字それぞれ1文字以上含む必要があります。また英字は大文字、小文字を別な文字として識別します。
審査結果の連絡について
入力項目 詳細
審査結果の連絡方法 「メール」か「勤務先電話」から選択をします。 プロミスから自宅または勤務先への電話は、家族や第三者が電話を受けることを考慮し、電話番号は非通知で行っています。
利用明細書と受取証書の受取方法
入力項目 詳細
書面の受取方法 「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」、「自宅へ郵送」、「勤め先へ郵送」から選択をします。

入力データに誤りがあると、プロミスの審査担当者から確認のための電話が掛かってきたり、入力ミスが原因で審査落ちしてしまうことがあります。

ですから、スマホで入力した申し込みデータはよく確認をした上で、プロミスにデータを送る様にしましょう。

在籍確認の電話

スマホからプロミスに申し込みをした後、審査が行われますが、その審査の一項目として申し込んだ方の勤務先にプロミスの審査担当者から在籍確認の電話が掛かってきます。

在籍確認は、申し込んだ方が本当に申告した会社で働いているのかをチェックすることで、、収入を得ていて返済能力があるのかを確認しています。

プロミスから勤務先に掛かってくる電話は、個人のプライバシーに配慮し、プロミスだという事が分からないように電話番号は非通知で、そしてプロミス審査担当者の個人名で掛かってきます。

在籍確認の電話が掛かって来た時に、申込みをした本人が仕事場にいなくても問題ありません。

プロミスの審査担当者は、電話を受けた会社の人が「○○は、現在、席を外しています。」、「○○は、出張で本日は帰社しません。」といった回答をすれば、在籍確認の結果はOKと判断します。

勤め先が休みの日に即日融資を希望する場合

スマホからプロミスに借入の申し込みをして、申込日当日に即日融資を受けたい方は、極力、勤め先が休みの日は避けた方が無難です。

プロミスの審査自体は、平日だけでなく土日祝日も行っています。

ですが、在籍確認の電話は、申し込んだ方の勤め先が休みだと勤め先の休み明けまでできないからです。

勤め先が休日の時に在籍確認をする裏ワザとして、プロミスに申込み直後に、相談をするという方法があります。

スマホでプロミスへ申し込みを行った後、プロミスコールで「勤め先が休みだけど在籍確認ができないか」を尋ねてみるようにしましょう。

実際に、勤め先が休みでも在籍確認が出来たという方もいるので、審査担当者の裁量で何らかの方法で在籍確認を行って貰えるかもしれません。

スマホからの申し込みで即日融資を受ける方法

スマホから申し込みをしてプロミスから申込日当日に融資を受けるには主に次の2つの方法があります。

【スマホ申し込みで即日融資を受ける方法】
  • スマホ申し込み+振込キャッシング(平日14:00までお勧めの方法)
  • スマホ申し込み+自動契約機(平日14:00以降と土日祝日にお勧めの方法)

スマホ申し込み+振込キャッシング

プロミスへスマホから借入れの申し込みを行い、審査を完了させます。

その後、プロミスから自分の銀行口座に銀行振込でお金を振り込んでもらう振込キャッシングを利用する方法です。

この方法の処理の流れは次の様になります。

1)スマホからプロミスへ申し込みをして、審査を完了させる。
2)審査に通過した後、スマホでプロミスのネット会員サイトにログインする。
3)振込キャッシングの振込先銀行口座の登録を行う。
4)会員サービスメニューから「瞬フリ(振込キャッシング)」をタップする。
5)利用限度額内で借入金額を指定して、振込みを実行する。

振込キャッシングは、銀行が行っている振込サービスを利用しています。

振込キャッシングを利用するためには、プロミスと契約した後に利用することができるネット会員サイトにスマホを使ってログインをして、振込先銀行口座を登録する必要があります。

急ぎでお金を借りたい方は、契約完了後にすぐにスマホでプロミスのネット会員サイトにログインをして、振込先銀行口座の登録を行いましょう。

また、振込キャッシングの申込手続きもスマホを使ってネット会員サイト内から行います。

振込キャッシングを利用する上での注意点

通常、銀行の振込サービスは、申込日当日に振込処理ができるは平日の午後3時前までです。

午後3時を過ぎてから銀行振込の手続きを行った場合には、実際に振込処理が行われるのは、銀行の翌営業日の午前9時半ごろになります。

そのため、プロミスから振込キャッシングで即日融資を受けたい場合には、審査時間も考慮した上で、スマホから平日の14時までにはプロミスへ借入れの契約完了をする様にしましょう。

プロミスへの申し込みが平日14時を過ぎてしまうと、銀行振込の当日振込が可能な時間までに振込キャッシングが間に合わなくなり、即日融資を受けれなくなる可能性があります。

瞬フリなら24時間いつでも振込みが実施可能

運よく、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の銀行口座を持っている方は、プロミスの瞬フリというサービスを利用できます。

瞬フリは振込キャッシングの一種で、振込先口座には三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を指定します。

瞬フリの特徴は、24時間、土日祝日を問わず、振込キャッシングの申込みをしてからわずか最短10秒で、実際に振込先口座にお金が振り込まれるという事です。

瞬フリが使えると、通常の銀行振込を行う際の時間的制限がなくなり、いつでもすぐに振込処理を実施して、お金を引き出すことが出来るようになります。

振込み完了後の現金の入手方法

振込キャッシングと瞬フリは、自分の銀行預金口座にお金が振り込まれるので、入金された後は、現金が必要な場合には銀行キャッシュカードを使ってATMでお金を引き出すことになります。

振込キャッシング(瞬フリ)の申し込み時間と振込みが実施される時間は次の様になります。

振込キャッシング(※2)
曜日 申し込み時間 振込みの実施時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 申し込み完了から最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

※2:「毎週月曜0:00~7:00」と「元旦は1日中」は、システムメンテナンスのため振込キャッシングを利用できません。

瞬フリ[振込先が三井住友銀行・ジャパンネット銀行](※3)
曜日 申し込み時間 振込みの実施時間
月~金 0:00~24:00
終日申し込み可能
申し込み完了から最短10秒
土日祝

※3:「毎週月曜0:00~7:00」と「元旦は1日中」、「毎週日曜21:00~翌月曜7:00(三井住友銀行のみ)」は瞬フリサービスは利用できません。

スマホ申し込み+自動契約機

振込キャッシングで当日振込みができない場合に、オススメな方法です。

スマホからプロミスに借入れの申し込みをして、審査に通過した後に、近所の自動契約機に出向いて、プロミスカードを受け取ります。

その後、自動契約機の隣に併設されているプロミスATMで、受け取ったばかりのプロミスカードを使って現金を借りる方法です。

この即日融資を受けるための方法の処理の流れは次のようになります。

1)自宅でスマホを使ってプロミスへ申し込みを行い、審査を完了させる。
2)自宅からプロミスの自動契約機がある場所へ出向いて、プロミスカードを受け取る。
3)受け取ったばかりのプロミスカードを使い、自動契約機の隣に設置されているプロミスATMでお金を借りる。

プロミスの審査は、夜の9時まで行っているので、即日融資を受けたいなら夜の8時ごろまでにはスマホを使ってプロミス公式サイトから借入れの申し込みをする様にしましょう。

ちなみに、プロミスの自動契約機の代わりに、三井住友銀行ローン契約機でプロミスカードを受け取り、プロミスカードを使って三井住友銀行ATMでお金を借りることもできます。

三井住友銀行ATMはプロミスATMと同様に、ATM利用手数料なしでお金を借りることができます。

プロミスの自動契約機と三井住友銀行ローン契約機は、スマホでプロミス公式サイトにアクセスして、「店舗・ATM検索」を行うことで、簡単に生活圏内の契約機を探すことができます。

プロミスへはスマホからではなく、直接、自動契約機で申し込みをすることも出来ますが、自動契約機を利用する場合でも、スマホから申し込むことをお勧めします。

スマホから申し込むことを勧める理由は、自動契約機で直接、申し込みをすると次の時間的なロスが発生してしまうからです。

【自動契約機から直接申し込みをした場合のデメリット】
  • 審査の間、自動契約機の前で待たされる
  • 必要書類に不具合やミスがあった場合には自宅まで取りに戻らなくてはならない

ですから、自動契約機を利用する場合でも、プロミスにはスマホを使って借入申込みをして、審査までは自宅で完了させるようにした方がスムーズに申込手続きを完了させることが出来ます。

(参考)各設置端末の営業時間など
端末名称 営業時間 備考
プロミス自動契約機 9:00~22:00(一部契約機は21:00まで)[年中無休] 日本全国で約1,000台
プロミスATM 7:00~24:00(ATMにより営業時間、休日は異なります) 日本全国で約1,000台
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00(契約機により営業時間、休日は異なります) 日本全国で約700台
三井住友銀行ATM 店舗により異なる(月0:00~7:00は利用不可) 日本全国で約6,500台

スマホを使った借入れ・返済方法

スマホの便利な点は、小型軽量なので持ち運べるということです。

つまり、スマホを使うことで、自宅と仕事場の移動中やちょっとした空き時間にでも簡単にプロミスに借入れ申し込み、返済手続きが出来るということです。

ここでは、スマホを使ってプロミスからの借入れと返済を行う方法をご紹介しています。

【スマホを使った借入れ方法】
  • 振込キャッシング

振込キャッシングは、あらかじめプロミスに登録した銀行口座へ振込みをすることでプロミスからお金を借りる方法です。

振込手数料は、プロミスが負担をするので、利用者は振込手数料なしで利用ができます。

ただし、上で述べたように振込キャッシングで急ぎでお金を借りたい場合には、振込キャッシングを依頼する時間に気を付ける必要があります。

【スマホを使った返済方法】
  • インターネット返済
  • 銀行振込

インターネット返済を利用するには、前もって三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行のいずれかとインターネットバンキング契約を締結しておく必要があります。

インターネット返済は、手数料なしで無料で利用ができるので、積極的に随時返済(※4)で利用をしたい所です。

なお、スマホで銀行振込を利用するには、預金口座を持っている銀行にネットバンキングの手続きをしておく必要があります。

また、銀行振込の場合は、各銀行ごとに決められた振込手数料を支払う必要があります。

※4:随時返済とは、金銭的に余裕がある時に自分の意思で追加で返済を行うことで、任意返済、繰上返済とも呼ばれています。

スマホアプリはとても便利

スマートフォンはアプリをインストールすることで機能を拡張でき、様々な使い方ができます。

プロミスもアンドロイド用とアイフォーン用の公式アプリを作成し、無料で配布を行っています。

プロミスのスマホアプリには、次の機能ボタンが用意されています。

【プロミスのスマホアプリ機能】
  • 新規申込み
  • 書類送付
  • 会員サービス
  • 店舗・ATM検索
  • 返済シミュレーション
  • Webサイト

プロミスのスマホアプリは、お金を借りる為の新規申し込みだけでなく、申し込んだ後も便利に使えます。

プロミスの「会員サービス」や「店舗・ATM検索」などの便利な機能でスマホアプリを活用することができます。

以下に、プロミス公式スマホアプリの機能について紹介をします。

[新規申込み] 機能

スマホアプリを使えば、お申込み入力サポート機能により、簡単にプロミスへ借入の申込みができます。

例えば、免許証や名刺などをアプリ機能を使ってスマホ付属のカメラで撮影をすれば、文字情報へ変換することができます。

住所の打ち込みはとても面倒ですが、免許証から読み取って文字変換したものを申込フォームにそのままコピーすることで簡単に入力が完了します。

[書類送付] 機能

プロミスに申し込みをする際には、本人確認書類と、借入希望額によっては収入証明書類が必要となります。

スマホのカメラで撮った本人確認書類などの画像データを、アプリで簡単にプロミスに送信することが出来ます。

[会員サービス] 機能

プロミスと契約中の方は、お客様の銀行口座にお金を振り込む振込キャッシングやお客様のインターネットバンキング口座から返済を行うインターネット返済などを利用できます。

[店舗・ATM検索] 機能

スマホのGPS機能を使う事で、最寄りの店舗やATMを探すことが出来ます。

[返済シミュレーション] 機能

プロミスからの借入希望額を入力し、返済期間もしくは月々の返済金額を入力することで、完済までの返済プランをシミュレーションすることが出来ます。

[Webサイト] 機能

スマホ用のプロミス公式サイトにアクセスできます。

プロミスのスマホアプリは、スマホのOSバージョンが古いと使えないことがあります。 プロミスのスマホアプリをインストールする前には、必ず対応条件をチェックしましょう。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • スマートフォンから365日24時間、プロミスへ新規借入れの申し込みができる
  • スマホで申込むことで、プロミスから借入したことを家族などに内緒にしやすくなる
  • スマホから申し込みをする前に、プロミスの申込条件と必要書類の確認をしておくべき
  • スマホからプロミス公式サイトにアクセスをするとスマホ専用サイトが表示される
  • スマホを使ってプロミスの新規申込みフォームに必要情報を入力後、送信することで審査が開始
  • スマホからのプロミスへの申し込みでは、即日融資を受けることが可能
  • スマホを使ってプロミスからの借入れと返済をすることができる
  • プロミスにはiPhone用とAndroid用に無料で使えるスマホの公式アプリがある
  • プロミスのスマホアプリでは、「新規申込み」、「書類送付」、「返済シミュレーション」、「会員サービス」、「Webサイト」、「店舗・ATM検索」といった機能を利用可能

▲ このページの上部へ