プロミスからの「郵送物なし・郵便物なし」にする方法

プロミスからの郵便物なしで、借入したことを秘密に出来るかについて述べています。

郵便物

消費者金融からの郵便物が自宅に届くと、何かと都合の悪い人も多いのではないでしょうか。

家族に内緒で借入をしている人なら、できるだけ郵送物を送ってきて欲しくないものです。

でも、一般的に新規契約時はローンカードや契約書の送付は避けられないものです。

しかしプロミスなら一切の送付物を無くして契約することが可能です。

それでは郵送物が一切送られて来ないようにするポイントを見てみましょう。

→ プロミス申込み

プロミスから送られてくる郵送物とは

プロミスから送られてくる郵送物には、次のものがあります。

【プロミスから自宅への郵送物】
  • 契約書
  • ローンカード
  • 利用明細書
  • プロミスからのお知らせ
  • プロミスからの督促状(※1)

これらの郵送物が自宅に送られて来ないようにするには、以下の方法があります。

【プロミスの郵送物を止める方法】
  • プロミスへWeb完結申込みをする
  • プロミスから直接、契約書とカードを受け取る
  • 契約書やカード、利用明細書、プロミスからのお知らせを発行しない

※1:督促状とは、プロミスの返済期限に支払いを行わなず、なおかつ電話連絡もつかない場合にプロミスからお客様の自宅に返済の催促をするために送付されるものです。 督促状は、自宅への郵送を止めることはできません。

プロミスのWeb完結申込み

プロミスには、カード発行なし、契約書と利用明細書の自宅への郵送無しのWeb完結(※2)という申込み方法があります。

Web完結で申込みを行えば、自宅に郵便物が送られてくることはありません。

Web完結では、ATMで利用できるカードは発行しません。

そのため、プロミスからの借入と返済は主にインターネットと銀行口座を使って行います。

なお、Web完結はカードを発行しない申込み方法ですが、引越しなどで生活環境が代わり、ATMを使いたくなった場合にはプロミスで無料でカード発行をすることが出来ます。

プロミスのWeb完結の申込みの流れは次のようになります。

1)パソコンやスマホでインターネット経由でプロミス公式サイトにアクセスをします。
2)[新規お申込み]ボタンをクリックして、申込フォームに入力をしていきます。
3)申込フォームの[希望の契約方法]で、「Web」を選択します(自動的に[書面の受取方法]は「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」が選択されます)。
4)その他の申込フォームの入力を行い、入力内容をよく確認した上でプロミスへデータを送信します。
5)プロミスで審査が開始されるので、審査が終了するまで待つ。
6)審査に通過したら、[返済方法の選択]を訊かれるので「口座振替」を選ぶ。
7)[カード郵送希望の有無]を訊かれるので、「カード郵送希望なし」を選択する。
8)「Web完結申込み」の手続が完了。

※2:利用できる対象金融機関は200行以上あります。

Web完結申込みをした時の借入・返済方法

Web完結申込みは、プロミスのキャッシングカードを発行しない申込み方法です。

Web完結申込みをすることで、郵送物が一切自宅に届かないというメリットがある一方、カードがないためATMが使えないというデメリットもあります。

ここでは、Web完結申込みをした場合に、どの様な借入方法と返済方法があるのかについて、紹介をしています。

下表を見ればわかりますが、ATMが使えなくても意外と借入れ、返済ともに不都合はほとんどないという事が分かります。

Web完結申込み時の借入方法

カードを利用しないで、プロミスからお金を借りるには次の方法があります。

プロミスからの借入方法の一覧
借入方法 営業時間 利用手数料 備考
振込キャッシング
(インターネット会員サービス)
終日OK
(ただし、三井住友銀行は日21:00~月7:00、その他の銀行は月0:00~7:00はサービス停止)
なし 振込先口座がジャパンネット銀行もしくは三井住友銀行だと24時間、申込みから最短10秒で振込が完了する「瞬フリ」サービスを利用可能。 その他の銀行の場合は、0:00から9:00までの振込キャッシング申込みは当日9:30頃、9:00から14:50までは即時振込み、14:50以降は翌営業日の9:30頃に振込みを実施します。
振込キャッシング
(プロミスコールによる電話申込み)
同上 なし 同上
プロミス店頭窓口
(お客様サービスプラザ)
平日10:00~18:00
(店舗により営業時間、休日は異なります)
なし プロミスの受付スタッフと借金相談もできます。

振込キャッシングとは、プロミスのネット会員サイト内で行う手続きで、プロミスに登録した自分の銀行口座へ振込みによってお金を借りる方法です。

振込キャッシングは、プロミスのフリーコール電話であるプロミスコールを使っても申込みすることができます。

Web完結申込み時の返済方法

カードを利用しないで、プロミスへ返済するには次の方法があります。

プロミスへの返済方法の一覧
返済方法 営業時間 利用手数料 備考
口座振替
(口フリ)
なし 月1回の約定返済(※3)で利用します。
インターネット返済
(ネット会員サービス)
終日OK なし みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行とネットバンキング契約をしていること
マルチメディア端末 終日OK なし ローソン、ミニストップ、ファミリーマート店舗内に設置されているメディア端末を利用可能
銀行振込 終日OK 各行により異なる プロミスへの返済専用銀行口座への振込み
プロミス店頭窓口
(お客様サービスプラザ)
平日10:00~18:00
(店舗により営業時間、休日は異なります)
なし プロミスの受付担当者と返済相談もできます。

口座振替は、Web完結申込みをした場合に必ず利用することになる返済方法です。

毎月1回、指定銀行口座から口座振替による自動引き落としでプロミスへの約定返済(※3)を行います。

インターネット返済とは、所定の銀行のインターネットバンキングを利用した方法で、プロミスのインターネット会員サイト内で返済手続きを行うことが出来ます。

マルチメディア端末とは、コンビニエンスストア店舗内に設置されている情報端末のことです。

プロミスでは、ローソンとミニストップに設置されているLoppi(ロッピー)とファミリーマートに設置されているFamiポート(ファミポート)を使って返済することが出来ます。

※3:約定返済とは、毎月1回、○日までといった返済期限のある支払い方法のことです。 原則、返済期限までに所定の金額を支払わなればなりません。 ちなみに、プロミスの場合だと、毎月の約定返済の金額は、借入残高が10万円の場合は4,000円、借入残高が30万円の場合は11,000円となります。

Web完結以外の申込方法での郵送物の停止方法

契約書の送付を無くすための方法

キャッシングに申し込んで契約をしたなら、その契約内容の詳細が記載された書類が発行されます。

大事な書類なので、どうしても内容を確認しておく必要があります。

消費者金融ではスピーディーなインターネット申込みが主流になっており、自宅にいながらにしてキャッシングに申込むことができます。

融資自体は銀行振込で即日対応してもらいますが、契約書は後日郵送されてくることになります。

Web完結申込み以外の方法で、プロミスからの契約書の自宅郵送を無くすためには、直接、プロミスへ契約書を受け取りに行かなくてはなりません。

プロミスで直接、契約書を受け取るには次の方法があります。

【契約書の直接受け取り方法】
  • プロミスの店頭窓口に行く
  • プロミスの自動契約機に行く
  • 三井住友銀行のローン契約機に行く

プロミスの有人店舗は数が減ってきており、日本全国に現在、18ヵ所しかありません。

また、営業時間が平日10:00~18:00(※4)で短いので、来店できる人は少ないと思います。

お勧めなのはプロミスの自動契約機か三井住友銀行のローン契約機に出向くことです。

プロミスの自動契約機は約1,000台、そして三井住友銀行ローン契約機は約700台と日本全国に多数、設置されています。

最寄のプロミス自動契約機と三井住友銀行ローン契約機の設置場所は、プロミスの公式サイトから簡単に探し出すことができます。

プロミス自動契約機の営業時間は9:00~22:00(一部21時まで)、三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9:00~21:00(※5)までなので、仕事が終わってからでも立ち寄ることができます。

自動契約機で契約書を受け取ることで、契約書が郵送物として自宅へ送られるのを防ぐことができます。

※4:店舗により営業時間、休日は異なります。
※5:契約機により営業時間、休日は異なります。

カードの郵送を無くす方法

プロミスではローンカードがあると、コンビニATMでもキャッシングができてとても便利です。

プロミスにインターネットから申し込んだ場合は、基本的にはローンカードは自宅へ送られてきます。

自宅へのカードの郵送を無くしたい場合は、契約書の送付を無くす時と同様にプロミスで直接カードを受け取ります。

カードの受け取りは、最寄りのプロミスの店頭窓口が自動契約機、あるいは三井住友銀行ローン契約機を利用することになります。

また、自宅へのカード郵送を無くすための別な方法として、カードの発行自体をなしにする方法もあります。

(下記の説明は、一部、上で説明をしたWeb完結申込みの方法と重複していますが、Web完結申込みの場合は、申込時に[書面の受取方法]で「Web明細」を選択する手続き必要な点で異なります。)

インターネットからプロミスへ申し込むと審査通過後に返済方法の選択をすることになります。 その際に口座振替を選び、引き落としを希望する銀行口座を登録します。

そして、カード発行有無の選択で「カード郵送希望なし」を選べば、自宅へカードが送られてくることはありません。

返済はプロミスに登録した自分の銀行口座から自動振替が行われるので、返済期日までに銀行口座に返済額を入金しておけば大丈夫です。

「ローンカードなし」でプロミスと契約をしても、後日、自動契約機または店頭窓口で無料でローンカードを発行することができます。

だから、もしプロミスのローンカードがあった方が便利だなと感じた時には、プロミスでカード発行の手続きをするとよいです。

利用明細書の郵送をなくす方法

プロミスでキャッシングをすると、どうしても利用明細書(※6)の発行があります。

プロミスがお客様の自宅へ利用明細書を郵送するのは、次のケースです。

いずれの場合でも、利用した際にその場で利用明細書を発行できない場合です。

【プロミスが利用明細書を自宅へ送付するケース】
  • 振込キャシングによる借入れ時
  • 提携ATMによる借入れ・返済時
  • 銀行振込による返済時
  • 口座振替による返済時

家族にキャッシングの利用がばれたくない方は、自宅に利用明細書が送られてくるのは非常にまずいですよね。

銀行や提携ATMを利用した場合だと、入出金の際に必要事項が記載された明細書がその場で発行されないことがあります。

その場合は、明細書は自宅に後日郵送をされることになります。

ATMの利用に関して言えば、プロミスATMと三井住友銀行ATMの利用ならその場で明細書が発行されないという事はありませんが、他の提携ATMを利用する際は、その場で明細書が発行されない場合があり注意が必要です。

なお、プロミスでは利用明細書の発行をなしにして、ウェブで確認できるようにすることもできます。

利用明細書の発行をなしにした場合は、自宅に利用明細書が送られてくることはありません。

プロミスで利用明細書の発行をなしにするには、[書面の受取方法]で「Web明細」を選択します。

プロミスへの申込み時に「Web明細」の利用を設定することができます。

また、申込み時に[書面の受取方法]で「自宅へ郵送」または「勤め先へ郵送」を選んだ場合でも、契約完了後いつでも、次の手順を踏むことにより簡単に「Web明細」に変更できます。

1)PCやスマホを使って、プロミス会員サイトに「Web-IDとパスワード」、または「カード番号とカード暗証番号」を用いてログインする。
2)登録内容変更メニューの中から[書面受取方法登録・変更]ボタンをクリックする。
3)「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する。
4)「Web明細」の設定が完了。

備考:自動契約機コーナーや店頭窓口(お客様サービスプラザ)でもWeb明細の設定が可能です。

「Web明細」の利用を選択した場合は、プロミス会員サイトにログインして、インターネット上で取引履歴を確認することができます。

また、じっくりと利用明細書を確認したい場合には、パソコンで会員サイトにログイン後、利用明細のPDFファイルを自分のパソコンにダウンロードして内容を確認することが出来ます。

また、スマホや携帯電話の場合は、会員サイトにログイン後、Web明細が記載された電子メールを自分のメールアドレス宛てに送信することができます。

プロミスとの取引を家族に内緒にしたい方は、ウェブで利用明細をチェックする方法でも、場合によっては家族にばれてしまう恐れがあります。

自宅のパソコンを家族共有で利用している人は、ブラウザにくれぐれもプロミス会員サイトの利用履歴を残さない様に気を配る必要があります。

今はスマートフォンの普及率が高いので、もしスマホを持っているのなら、自分のスマホだけでプロミス会員サイトにアクセスする様にした方が家族ばれする可能性を減らすことができ、安心できます。

※6:返済時には受取証書が発行されますが、受取証書は、利用明細書に含めて説明をしています。

プロミスのその他の郵便物に注意

プロミスの契約書やローンカード、利用明細書は自宅に送られて来ないようにするのはとても簡単です。

でも契約時や借入れ、返済をした時以外でも、プロミスから郵送物が送られてくることがあります。

プロミスからの重要なお知らせ

どうしても利用者へ伝えなくてはならない事項がある時には、プロミスはそのお知らせを郵送で行うことがあります。

でも、メールアドレスを登録してプロミス会員サイトを利用する様にすれば、「プロミスからのお知らせ」の自宅郵送を止めることが出来ます。

プロミス会員サイト内で「プロミスからのお知らせ」を逐一見ることができるため、自宅への無駄な郵送物をなくせます。

プロミスからの督促状

プロミスへの返済が遅れてしまった時には注意が必要です。

返済が遅滞しているにもかかわらず、電話連絡もなく、まったく音沙汰なしの状態がずっと続けば、プロミスも郵送物を送らざるを得ません。

プロミスが連絡を取ろうとしているのにもかかわらず無視をし続けたら、勤務先へ電話連絡が入ることもあり得ます。

一番大切なのは、当たり前のことですが、返済に遅れないようにすることです。 万が一遅れてしまった時には速やかにプロミスに電話で連絡をしましょう。

そして、プロミスから電話連絡があれば無視するのではなく、折り返し電話をすることが大切です。

ちゃんとプロミスと連絡を取れるような状況にすれば、返済が遅滞したからといって無駄な郵送物が自宅に届くことはありません。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • プロミスから自宅に送付される郵送物には「契約書」、「ローンカード」、「利用明細書」、「プロミスからのお知らせ」、「督促状」がある
  • プロミスの公式サイトからWeb完結申込みをすれば、自宅へ郵送物は一切送られてこない
  • Web完結申込みをしなかった場合でも、自宅への郵送物を止める方法がある
  • 返済遅滞して、プロミスからの電話連絡も無視をし続けると、自宅へ督促状が送られてくる

▲ このページの上部へ