プロミスは土日・休日の審査と即日融資が可能

プロミスでは土日や祝日でも審査ができて、条件があえば即日融資も可能です。

カレンダー

休日に急にまとまったお金が必要になると非常に困ります。

金融機関が休みだと融資の申込みができませんし、そもそも銀行だと審査に時間が掛かってしまいます。

でもプロミスなら、土日・祝祭日でも即日融資が可能なんです。

→ プロミス申込み

土日などの休日にプロミスから即日融資を受ける方法

土日や祝日など、世間一般では休みとなっている日にプロミスに申込みをして、お金を借りるためには次の方法があります。

【土日祝祭日にプロミスから即日融資を受けるためには】
  • インターネット申し込み+無人契約機
  • 無人契約機のみ
  • インターネット申し込み+瞬フリ(※1)

土日などの休日に「インターネット申し込み+無人契約機」で申し込み

この方法による土日祝日にお金を借りるまでの流れは、次のようになります。

1)パソコンやスマートフォン、携帯電話などからプロミスの公式サイトにアクセスをします。
2)プロミスの公式サイトで新規申込みを行います。
3)プロミスで審査が実施されます(審査途中、「本人確認書類などの提出」と「在籍確認(※2)」があります)。
4)プロミスの審査が完了する。
5)最寄りのプロミス無人契約機へ出向き、キャッシング用のカードと契約書を受け取る。
6)無人契約機に併設されているプロミスATMで、発行されたばかりのカードを使ってお金を借りる。

プロミスは24時間体制でインターネット申し込みができます。

もちろん土日祝祭日でも大丈夫ですが、注意が必要です。 ネット申し込み自体は24時間で受け付けていても、プロミス自体は夜は稼働しでいないからです。

ネット申し込み後に、プロミスでは一次審査と二次審査が実施されるのですが、一次審査が終了した時にプロミスから確認の連絡が入ります。

一次審査終了のプロミスの連絡可能時間帯は、9時から21時までです。

だから、いつでもプロミスへ申し込めるインターネットでも、21時から24時までの申込手続きだと翌日以降のプロミスからの確認連絡となり申込日当日にお金を借りる事はできません。

インターネットからプロミスへ申込んだ場合でも、即日融資を受けたいなら、できれば無人契約機に出向き、カード発行は無人契約機で行います。

インターネットから申込んだ後に、プロミスの審査に合格した後に、無人契約機に出向きましょう。

プロミスへの申込手続きは、無人契約機からでも直接できますが、無人契約機で申込みをした場合は、審査の間、機械の前で待たされることになります。

また、無人契約機から必要書類の提出を行った場合には、万一、提出書類に不備があった場合には、自宅まで書類を取りに戻らなければならなくなります。

インターネット申し込み後に、無人契約機でカード発行をしてもらって、その後、すぐ隣のプロミスATMでキャッシングをすれば、迅速にお金を借りることができます。

もちろん土日祝祭日でも、「インターネット申し込み+無人契約機」の方法だとプロミスから即日融資を受けることができます。

なお、プロミスからカードと契約書を受け取る際には、プロミス無人契約機の代わりに、三井住友銀行ローン契約機を使う事もできます。

また、プロミスATMの代わりに三井住友銀行ATMを使って、プロミスのキャッシングカードでATM利用手数料なしで借入れをすることもできます。

身近な場所にあるプロミス無人契約機、または三井住友銀行ローン契約機の設置場所は、プロミス公式サイト内で調べることが出来ます。

土日などの休日に「無人契約機」で申し込み

プロミスの無人契約機(自動契約機)を使う事で、土曜日、日曜日、祝日といった休みの日でもお金を借りることが出来ます。

プロミスの無人契約機を使った借入手順は次の様になります。

1)プロミスへ提出する本人確認書類などの必要書類を持って、最寄りのプロミス無人契約機へ出向く。
2)プロミス無人契約機で、タッチパネルのガイダンスに従って申込みを行う。
3)プロミスで審査を開始する(審査の途中で、「本人確認書類などの提出」と「在籍確認(※2)」があります)。
4)プロミスの審査が完了する。
5)無人契約機で契約書とカードが発行されるので、受け取る。
6)無人契約機のすぐ隣に設置されているプロミスATMで、カードを使ってお金を借りる。

事前にプロミス公式サイト内で、最寄の無人契約機の場所を確認して、稼働時間を調べておきましょう。

プロミスの店頭窓口は平日10時から18時まで(※1)の営業で、原則土日祝祭日は休みです。

ですが、無人契約機なら土日祝祭日でも9時から22時(一部21時)まで稼働しています。

プロミスの無人契約機なら必要な物をすべて揃えておけば、その場で申し込みをして契約ができます。 キャッシングの申込みから融資が実現するまで、およそ1時間以内です。

無人契約機といっても、実際には離れたところにいるオペレーターが平日だけでなく土日などの休日も作業をしています。

無人契約機のブース内にはカメラが設置されており、プロミスのオペレーターが申込者に困ったことがないかを見ています。

分からないことがあれば備え付けの受話器にて、プロミスのオペレーターに直接質問ができます。

無人契約機のオペレーターは店舗でもなく無人契約機の近くでもなく、専用のコールセンターにいます。

プロミスは、多くのスタッフが交代で勤務することで、土日祝祭日でも審査を可能としているのです。

なお、上でも述べましたがプロミス無人契約機の代わりに三井住友銀行ローン契約機、プロミスATMの代わりに三井住友銀行ATMでも全く同じ借入れ手続きを行う事ができます。

※1:店舗により営業時間、休日はことなります。

土日などの休日に「インターネット申し込み+瞬フリ(※2)」で申し込み

「インターネット申し込み+瞬フリ」の方法でお金を借りるには、三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている必要があります。

土日などの休日でも、審査を受けてお金を借りることができるこの方法の手続きの流れは、次のようになります。

1)PCやスマホ、ケータイなどを使ってプロミスの公式サイトにアクセスをします。
2)プロミス公式サイト内の[新規お申込み]ボタンをクリックして、借入の申込みをします。
3)プロミスで審査が行われます(審査の合間に、「身分証明書などの提出」と「在籍確認(※3)」があります)。
4)プロミスの審査が終了する。
5)プロミスのネット会員サイトにアクセスして、メニュー内の[振込先口座登録・変更]ボタンをクリックした後、自分の三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座を登録する。
6)メニュー内の瞬フリ(振込キャッシング)をクリックした後、利用限度額内の借入金額を指定して「瞬フリ」を実施する。
7)即座に、指定銀行口座にプロミスから振込みが行われ、「瞬フリ」処理が完了します。

プロミスのキャッシングカードさえあれば、土日などの休みの日でも簡単に即日融資を実現できます。

プロミスの無人契約機を利用すれば申込みからカード発行、そしてすぐ隣に設置されているプロミスATMで融資までその場で終了できます。

ですが、近くに無人契約機がない人は後日カードが郵送されてくるのを待つしかありません。

無人契約機を利用できない人がプロミスで即日融資を受けるためには、指定先銀行口座に振り込みを行う振込キャッシングが便利です。

しかし、振込キャッシングは受取口座に指定する銀行の営業時間内でしか即日融資ができません。

一般的に銀行は土日や祝祭日は休みです。 そのため、銀行は休日に銀行振込を受付けした場合、実際の振込処理は翌営業日に繰り越しをします。

ただし、プロミスでは振込キャッシングでも土日や祝祭日にお金を受け取れる方法があります。

それは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を受取先に指定する「瞬フリ」で借入れをする方法です。

もし振込キャッシングの受取口座に三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定することができれば、なんと土日や祝祭日だけでなく24時間終日、早朝や深夜でもプロミスの振込キャッシング(瞬フリ)を利用できます。

※2:瞬フリとは、指定した銀行口座への振り込みによって、プロミスからお金を借りる振込キャッシングの一種です。 振込先銀行口座に三井住友銀行、またはジャパンネット銀行を指定した場合の振込キャッシングのことをプロミスでは「瞬フリ」と呼びます。 瞬フリは、24時間常に振込手続きを行った後、瞬時に振込処理を実施し、振込先口座へお金が振り込みます。
※3:在籍確認とは、プロミスの審査スタッフが申込みをした方の勤務先へ電話をして、本当にその会社で働いているのかを確認する作業です。 在籍確認の電話では、プロミスという名称を使わずに、審査スタッフの個人名で電話が掛かってきます。 また、プロミスからの電話は番号非通知で掛かってくるので、電話を受けた会社の人に電話番号からプロミスからの電話だとバレることもありません。

プロミスの審査時間帯に注意

プロミスへ申し込むときに気を付けたいのが、プロミスの審査を行っている時間帯です。

プロミスの審査は、平日と土日祝祭日の区別なく、9:00~21:00まで審査を行っています。

申込日当日にすぐにお金を借りたいなら、審査の終了時間である21:00前に申し込みをする必要があります。

申込み後の審査時間は最短30分程度で完了しますが、1時間程度余裕をみて、遅くとも20:00までにプロミスへ借入れの申し込みを開始するようにしましょう。

プロミスへ午後8時前に申し込みをして、必要書類の提出と在籍確認が問題なくできれば、確実に申込日当日にお金を借りる事が出来ます。

申し込みの際に必要となる提出書類は?

プロミスへ申込みを行った後に審査が行われますが、審査の終わり近くで、必要書類の提出を求められます。

プロミスへ提出しなければならない書類には、必須の「本人確認書類」と、所定の条件に該当した場合のみ必要となる「収入証明書類」があります。

プロミスの本人確認書類

プロミスへ提出できる本人確認書類には次のものがあります。

いずれか一つを提出すればOKです。

身分証明書類
書類 備考
運転免許証 免許証の交付を受けている場合は、免許証を提出すること
パスポート 同上

プロミスの収入証明書類

プロミスへ収入証明書類を提出しなければならないのは、次のどちらかに該当する場合です。

【収入証明書類の提出条件】
  • 希望する借入金額が50万円を超える方
  • 希望する借入金額と他の貸金業者の利用残高の合計が100万円を超える方

プロミスに提出できる収入証明書類は、次のいずれか1つです。

身分証明書類
書類 備考
源泉徴収票 昨年度の年収が分かるもの
(提出日が1月1日から2月末日の場合は、前々年度の年収が分かるものでも可)
確定申告書 昨年度の年収が分かるもの
(提出日が1月1日から3月31日の場合は、前々年度の年収が分かるものでも可)
給与明細書 支給年月が連続した直近2ヶ月分のもの
ボーナスがある場合は、直近1年分の賞与明細書も同時に提出

書類提出タイミングと提出方法

プロミスへ必要書類を送るタイミングは、審査途中でプロミスから「書類提出のお願い」という件名のEメールが送られてくるので、そのEメールを受信した後、すぐに書類を提出します。

プロミスに提出する書類は、原本を送るのではなく、コピー(複写)または、JPEGなどの画像データを送ります。

また、提出する書類は、有効期限内、または現行有効なものでなければならないので、有効期限切れとなっていないかを確認しましょう。

なお、書類内にマイナンバーの番号が記載されている場合には、その部分は見ることが出来ない様に黒く塗りつぶしてからプロミスへ提出します。

プロミスへの書類の提出方法には、電子メール添付、スマホアプリ、郵送、FAX、来店(自動契約機、またはお客様サービスプラザ)があります。

プロミスのスマホアプリは、iPhone用とAndroid用が用意されており、無償配布しています。

また、FAXを利用する場合は、プロミスのフリーコールであるプロミスコール(0120-24-0365)を掛けて、送付先のFAX番号をプロミスの相談員に確認します。

在籍確認が土日などの休日にできない場合はどうする?

新規申込みだと、土日などの休日でも勤務先への在籍確認が必要になります。

勤務先へ在籍確認ができる時間帯にプロミスへ申し込まないと、審査が最後まで終了せず翌日に持ち越しになる可能性があります。

土日や祝祭日に在籍確認ができなければ、休日の審査完了は厳しいかもしれません。

もし、勤務先が休みの日なら、プロミスへ申込みを行った後、すぐにプロミスコールで電話をして「勤務先が休みだけど在籍確認をして欲しい」旨の相談をしましょう。

土日祝祭日の審査・契約・即日融資のポイント

プロミスは店頭窓口以外からの申し込みなら土日や祝祭日でもキャッシング審査をしてくれますが、20時までに借入の申し込みを済ませておいた方がよいでしょう。

そうすればプロミスからの連絡可能時間帯である9時から21時までの時間帯に当てはまるからです。

ウェブからでも無人契約機からでも、20時までの申込みなら土日や祝祭日でも審査をしてくれます。

そして、在籍確認ができるという条件を満たしていることも大切です。

また、土日や祝祭日に即日融資を受けたいなら、無人契約機でのローンカード受け取りか三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていることが必要となります。

【土日などの休日に審査と即日融資を受けるためには】
  • 申し込み方法は、「インターネット申込み+無人契約機」、「無人契約機のみ」、「インターネット申込み+瞬フリ」のいずれか
  • 20時までにプロミスへ借入申込みを行う
  • 在籍確認の対応
  • 振込融資を希望するなら三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座を持っていること

以上の項目をしっかりとチェックした上で、土日などの休日のキャッシング申込みに臨みましょう。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • 土日などの休みにプロミスで審査をして貰い、即日融資を受けるには「インターネット申込み+無人契約機」、「無人契約機のみ」、「インターネット申込み+瞬フリ」といった申込方法がある
  • プロミスの審査実施時間を考慮し、遅くとも午後8時までにはプロミスに申込みをすること
  • 土日といった休日でもスムーズに審査を完了させるために、プロミスへ提出する必要書類は申し込み前に準備をしておくこと
  • 土日などの休日でもプロミスの瞬フリなら、銀行振込による融資が可能

▲ このページの上部へ