プロミスの借入・返済の際に掛かる手数料

プロミスでお金を借りる時と返済をする時は手数料のあり・なしについて考える様にしましょう。

百円硬貨

借金返済はできるだけ手数料をかけずに済ませたいものです。

いくら金利が低くても、手数料が高ければ意味がありません。

プロミスは消費者金融の中でも低金利の方ですが、借入や返済の時に掛かる手数料に留意する必要があります。

→ プロミス申込み

プロミスの借入・返済方法と手数料の一覧

プロミスには多様な借入れと返済方法が用意をされています。

ここでは、分り易い様にプロミスの全ての借入れと返済方法を表にまとめました。

プロミスの借入・返済方法の一覧
借入・返済方法 利用手数料 営業時間 備考
振込キャッシング(ネット会員サービス)[借入のみ] 手数料なし 終日OK (但し、全銀行で月0:00~7:00と三井住友銀行のみ日21:00~月7:00はサービス停止) 振込先口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行だと24時間、瞬時に振込ができる「瞬フリ」サービスを利用可能。 その他の銀行の場合は、14:50以前の振込キャッシング申込みは即時振込み、14:50以降は翌営業日の9:30頃に振込みを実施。
振込キャッシング(プロミスコールによる電話申込み)[借入のみ] 手数料なし 同上 同上
インターネット返済(ネット会員サービス)[返済のみ] 手数料なし 終日OK 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行とインターネットバンキング契約をしていること
口座振替(口フリ)[返済のみ] 手数料なし 月1回の約定返済で利用可能
マルチメディア端末[返済のみ] 手数料なし 終日OK ファミリーマート、ローソン、ミニストップに設置されているメディア端末を利用可能
銀行振込[返済のみ] 各行により異なる 終日OK プロミス返済用銀行口座への振込
プロミスATM 手数料なし 7:00~24:00(ATMにより営業時間、休日は異なる) 日本全国で1,000台以上
三井住友銀行ATM 手数料なし 店舗により異なる(月0:00~7:00はサービス停止) 日本全国で6,500台以上
提携ATM 取引金額1万円以下108円/1万円超216円(プロミスポイントサービスの利用で1か月間、返済手数料無料) 店舗により異なる(月0:00~7:00はサービス停止) 提携先( ゆうちょ銀行(Web明細登録要)、 三菱UFJ銀行、 イーネット、 ローソンATM、 セブン銀行、 イオン銀行、 横浜銀行、 東京スター銀行、 第三銀行、 西日本シティ銀行、 熊本銀行、 福岡銀行、s 広島銀行(借入のみ)、 親和銀行(借入のみ)、 八十二銀行(借入のみ)、 クレディセゾン)、 日本全国で10万台以上
プロミス店頭窓口(お客様サービスプラザ) 手数料なし 平日10:00~18:00(店舗により営業時間、休日は異なる) プロミス受付担当者との返済相談も可能

表中の項目の「借入・返済方法」ですが、茶色の方法はプロミスからの借入のみ、紺色の方法はプロミスへの返済のみ、灰色の方法は借入と返済の両方が可能です。

また、プロミスの提携ATMで親和銀行と八十二銀行、親和銀行に限っては、借入れでのみ利用できます。

表中の「利用手数料」項目のピンク色は、利用手数料が掛からない事を示しています。

表を見れば分かる通り、プロミスでは手数料が掛からない多くの借入・返済方法が用意されています。

プロミスATMと提携ATMの利用手数料

お金を借りる時も返す時も、多くの人がATMを利用すると思います。

銀行のキャッシュカードを利用する時は、日中は無料だけど早朝や夜間だと手数料がかかることがあります。 同様に、プロミスでもATMを利用する時に手数料が掛かったり掛からなかったりします。

プロミスATMと三井住友銀行ATMの場合

プロミスでATM利用手数料が一切かからないのは、プロミスと三井住友銀行のATMを利用する場合です。

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス(株)という会社が運営を行っています。

このSMBCコンシューマーファイナンス(株)はSMBCグループなので、プロミスでは、三井住友銀行のATMでも借入と返済の時に利用手数料が掛かりません。

三井住友銀行ATMは、プロミスATMよりも設置台数が多いので、多くの人が便利に利用できます。

その他の提携ATMの場合

プロミスは、三井住友銀行以外の提携金融機関のATMでも利用できますが、手数料が掛かります。

提携先のATMの場合だと、1回あたり以下の手数料(税込)が必要となります。

提携ATMの利用手数料
利用金額1万円以下 利用金額1万円超
借入の時 108円 216円
返済の時 108円 216円

提携ATMは、1回の利用で手数料が税込みで108円、もしくは216円掛かります。

頻繁に借入と返済を提携ATMで行うと、貸付金利の利息負担だけでなく手数料の金額も決して馬鹿にならない額となります。

そのため、手数料が掛かってしまう提携ATMを利用するなら少額で小まめに利用するのではなく、多額で利用頻度少なめで使うと良いでしょう。

プロミスの提携ATM手数料無料サービス

最近では、大型チェーン店で買い物をするとポイントが貯まって、ポイント数に応じてお得な特典を利用できるケースが増えています。

実は、プロミスにもポイントサービスがあります。 プロミスのポイントは、インターネット会員サービスの利用に応じて貯まります。

例えば、下表の様なポイント対象となる行動を行うと所定のポイント数を受け取ることができます。

プロミスのポイント付与となるアクションの一部
ポイント付与行動 付与ポイント数
ポイントサービス申込 100ポイント
ネット会員サービスにログイン 10ポイント
取引確認メール 1ポイント
返済日お知らせメール 1ポイント

プロミスで貯まったポイントは、所定期間、提携ATMが無料になるサービスに使うことが出来ます。

提携ATM手数料無料サービス
手数料の無料適用期間 必要ポイント
ATM手数料無料サービス利用の申込日から翌月の月末まで 40ポイント

コンビニエンスストアに置かれている提携ATMは、最も身近にあるATMなので、ほとんどの方にとって、とても利用しやすい場所にあります。

ですが、コンビニ提携ATMは利用すると手数料が掛かり、その事が利用の妨げとなっていました。

プロミスの「提携ATM手数料無料サービス」を使う事で、提携ATMでも手数料なしで一定期間利用できます。 手数料が無料の期間中は、コンビニ提携ATMを上手に活用することができます。

コンビニ提携ATMをよく利用する方は、「提携ATM手数料無料サービス」を活用することで手数料代の出費を減らすことができるので、プロミスのポイントサービスを積極的に利用すると良いでしょう。

なお、三井住友銀行の本店と支店、そして店舗外に置かれている三井住友銀行ATMはポイントを利用しなくても常時、手数料無料で利用できます。

銀行を利用する時の手数料

プロミスの借入や返済では、銀行を利用することができます。

プロミスからの借入時

銀行を使ってプロミスからお金を借りる方法として、自分の銀行口座へお金を振り込んで貰って融資を受ける振込キャッシングという方法があります。

振込キャッシングでは、銀行振込の手数料はプロミス側が負担をするので、振込キャッシングの利用者には振込手数料は掛かりません。

プロミスへの申込み時に、カードが煩わしいなどの理由から「プロミスカードの発行をしない」という選択をすることができます。

プロミスカードを発行しない(※1)場合は、一般的にはメインの借入れ方法は振込キャッシングとなります。

プロミスの会員サービスにログインすれば、簡単に振込手数料が掛からない振込キャッシングに申込むことができます。

※1:プロミスはカードありか、カードなしかを選択できます。

プロミスへの返済時

銀行振り込み

銀行を使ってプロミスへ返済する方法には、自分の銀行口座からプロミスの返済用銀行口座へ振り込む方法があります。

銀行振込による返済では、銀行の振込みサービス利用代金として振込元の銀行に振込手数料を支払う必要が出てきます。

一般的に、銀行振込を利用すると1回あたり200円~500円程度の振込手数料が掛かります。

ただし、銀行の中には条件を満たせば、同一銀行の本支店間だけでなく他行も含めた振込手数料無料サービスを提供しているところがあります。

以下に、振込手数料無料サービスを行っている代表的な銀行をご紹介します。

振込手数料無料サービスを行っている銀行
銀行名 利用条件 他行への振込回数制限
住信SBIネット銀行 なし/あり 月1回(利用条件ありの場合は最高月15回まで)
楽天銀行 給与や年金の受け取りの口座 月3回まで、未使用の振込回数は2回まで繰り越しして、最大5回まで
みずほ銀行 月末預金残高50万円以上、又はNISA口座開設 月1回

お勧めは、利用条件なしで振込手数料の無料サービスを利用できる住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行に口座を持っておけば、プロミスへの銀行振込による支払いは月1回まで手数料なしで利用できます。

インターネット返済

銀行を利用したプロミスへの返済方法には、インターネット返済と言う方法もあります。

インターネット返済の利用条件は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行のいずれかの銀行でインターネットバンキングの契約をしていることです。

インターネット返済は、プロミス会員サイトにログインして、インターネットバンキング経由でプロミスへの返済を行う方法で、返済手数料は掛かりません。

口座振替

プロミスでは、月1回の約定返済の際に銀行の口座振替を選択できます。

口座振替とは、家賃や電気、ガス、水道などの公共料金の支払いの際によく用いられる方法で、銀行口座からの自動引き落としで決済を行う方法のことです。

銀行の口座振替は、手数料なしで利用することができます。

利用料が掛からない借入方法・返済方法のまとめ

プロミスで借入または返済する際に、手数料が掛からない方法は以下の通りです。

【借入・返済ともに手数料無料】
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • プロミスの店頭窓口
【借入のみ手数料無料】
  • 振込キャッシング
【返済のみ手数料無料】
  • 口座振替
  • インターネット返済
  • マルチメディア端末

手数料が無料となるお勧めの利用方法

ここでは、手数料なしでプロミスから借入れ、または返済ができるお得なお勧め方法をご紹介しています。

借入時のお勧め方法

プロミスで借入をする際のオススメ方法は、自分の銀行口座に振込みを行う「振込キャッシン」グです。

振込キャッシングは、パソコンやスマートフォンを使って、自宅からでも手数料なしで借入申込みができます。

ただし、振込キャッシングは、手数料なしで使えてとても便利なのですが一点だけ留意すべき点があります。

それは、振込キャッシングの申込みは、プロミス会員サイトから24時間終日で行えますが、実際に振込手続きが銀行で実施されるのは、銀行の営業時間の平日9時から15時までの間に限られるということです。

そのため、例えば、土曜日の午後5時に、振込キャッシングの申込みをした場合には、実際に振込み処理が実行されて、指定した銀行口座にお金が振り込まれるのは、翌月曜日の朝9時過ぎとなります。

つまり、振込キャッシングは、申込みタイミングが悪いとすぐには自分の銀行口座にお金が振り込まれない場合があるということです。

なお、振込先の銀行口座を三井住友銀行、またはジャパンネット銀行とすれば、プロミスの「瞬フリ(※2)」と言われる振込キャッシングを利用できます。

瞬フリは、振込キャッシングの申込み後、最短10秒の瞬間で銀行振込が完了するサービスです。

瞬フリは24時間終日で利用できるので、たとえ早朝や深夜、土日祝日でも振り込みでスピーディに融資を受けることができます。

振込キャッシングの申込みをしてから、すぐにお金を得たいという方は、瞬フリを利用できる三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を作ると良いです。

※2:瞬フリサービスは、メンテナンスの為、毎週月曜日0:00~7:00[振込先がジャパンネット銀行の場合]、毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00[振込先が三井住友銀行の場合]、元旦にサービスを一時停止します。

返済時のお勧め方法

約定返済

約定返済とは、月1回、支払期日がある返済の事です。

プロミスの約定返済には、「口座振替」の利用をオススメします。

口座振替なら、手数料なしで自分の銀行口座から自動引き落としができるので、返済忘れを心配する必要がありません。

出来れば、プロミスへの返済の口座引落用銀行口座は、銀行口座の残高不足が発生しない様に給料の振込先の銀行口座を設定しておくと良いでしょう。

随時返済

随時返済は、任意返済とも呼ばれます。

プロミスの随時返済とは、金銭的に余裕がある時に自分の意思で繰り上げ返済を行うことです。

随時返済は、好きな時に追加返済ができ、特に支払い期限はありません。

随時返済の返済方法としてお勧めなのは、「インターネット返済」と「コンビニのマルチメディア端末を使った返済」です。

共に、手数料なしで、24時間365日年中無休(※3)で利用が出来ます。

インターネット返済は、上述した様に所定のネットバンクと別途契約が必要となりますが、PCやスマホを使ってどこからでも手軽に返済手続きを行えます。

コンビニのマルチメディア端末とは、スポーツ観戦や映画、コンサートなどのチケット購入などに利用される端末で、主要なコンビニにはほぼ設置されています。

プロミスへ手数料なしで返済ができるマルチメディア端末は、「ファミリーマートのFamiポート」と「ローソンとミニストップのLoppi」という端末です。

マルチメディア端末は使ったことがないという方が多いと思うので、ここではファミリーマートのFamiポートの使い方をご紹介します。

1)プロミスカードを携帯して、ファミリーマートのFamiポートの所まで出向きます。
2)Famiポートの画面案内に従って、下記のタッチパネル操作を行います。
  1. [金融サービス「借入金のご返済」]を選ぶ
  2. [プロミス]を選ぶ
  3. Famiポートのカードリーダーにプロミスカードを挿入
  4. [返済金額]と[暗証番号]を入力した後、取引内容の表示をチェック
3)Famiポートから「申込券」が発券されるので受け取る。
4)「申込券」を持ってレジへ行き、返済金額を支払う。
5)レジの店員から「お客様控え(レシート)」を受け取り、返済手続きは完了。

プロミスで利用できるマルチメディア端末は、手数料無料で返済ができるのでとても便利ですし、設置されている店舗も非常に多いです。

これまで手数料の掛からないプロミスATMが遠いと悩んでいた方は、コンビニのマルチメディア端末の利用を検討してみると良いでしょう。

※3:インターネット返済は、各金融機関のシステムメンテナンスの為に利用を一時停止することがあります。また、マルチメディア端末のFamiポートとLoppiは、コンピューターメンテナンスのため、日曜日23:00~月曜日7:00までは利用できません。

→ プロミス申込み

【まとめ】
  • プロミスATMと三井住友銀行ATMは借入れ、返済ともに手数料なし
  • プロミスには提携ATM手数料無料サービスがある
  • プロミスからの借入は、手数料が掛からない振込キャッシングの利用がおすすめ
  • プロミスへの返済は、手数料が掛からない口座振替、インターネット返済、マルチメディア端末の利用がおすすめ

▲ このページの上部へ