プロミスレディース体験談|冠婚葬祭費用を借入

プロミスレディースへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
プロミスレディース 6万円 冠婚葬祭費用
年齢・性別 年収 職業
36歳(女性) 110万円 パート

→ プロミスレディース申込み

財布を持った主婦

私がプロミスレディースを利用することになった経緯についてお話をさせて頂きます。

私は結婚をしているので、主婦業をしています。

旦那は外に毎日働きに出て、私は週3で近所のケーキ屋にパートに出ています。 主婦なので家計は女である私が全て引き受けています。

私は毎日家計簿をつけているのですが、そのデータを分析して節約に生かすという所までは出来ていません。

ですが、いつ何に幾ら使ったのかはちゃんと記録として残るので、私的には自分に家計簿づけでは及第点をあげてもいいかなぁなんて思っています。

家計簿づけで最近面倒と思うのは、消費税の計算です。 買物をすると内税表記・外税表記とバラバラです。

そして、5%だと消費税に1桁の端数が出ることはほとんどなかったのですが、8%になると端数が出てくるので、その分計算が面倒になるし、計算間違いをしやすくなります。

ある月に結婚式と葬式が立て続けに続いたことがありました。 その度に結婚祝い金と香典を出す必要があります。

立て続けに冠婚葬祭が続いた時はそのための出費が1月で6万円にもなった月がありました。

家計的には、完全に赤字です。 うちには家のローンの支払いもあるので貯金も全くありません。

かといって、人づきあいとして冠婚葬祭の行事にでないということもできないので、キャッシングでお金を借りました。

家計は全て私が管理をしているので、キャッシングは私が直接、消費者金融の店舗に出向いて申込みをしました。 私が申し込んだのはプロミスのレディースキャッシングです。

レディースキャッシングは、受付スタッフが女性なので安心

プロミスレディースの受付担当は女性なので、話がしやすくすぐにお金を借りる為の申し込みをすることができました。

私は、パートで週3日働いているので、プロミスレディースでの融資の審査結果はOKとなりました。

ちなみに、専業主婦でまったく収入が無い人は、旦那が例え仕事をしていたとしても専業主婦本人の申し込みはお断りをしているそうです。

だから、女性なら誰でもプロミスのレディースキャッシングを使うことができるわけではなく、最低限バイト程度でも良いので仕事をしている必要があるとのことです。

うちには住宅ローンがあるので、プロミスレディースから借りたお金の返済は大変でしたが、月5千円程度づつ支払いを行って1年ちょっとで全額返済をすることができました。

できれは、住宅ローンや自動車ローンなどがある人は、キャッシングはしない方が無難だと思います。 複数の貸金業者への毎月の返済はかなり厳しいですからね。

もし、どうしても複数の貸金業者からお金を借りる必要がある場合は、しっかりとした返済計画を立てることが大事です。 そうしないと、支払い遅延や支払い不能の状態に陥る可能性がありますからね。

▲ このページの上部へ