ノーローン体験談|自営業の事業運営資金の為のお金を借りる

資金繰り悪化でノーローンで借入

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
ノーローン 30万円 事業運営資金
年齢・性別 年収 職業
33歳(男性) 400万円 飲食業
大手キャッシング会社の比較一覧
ラーメン店

私は、個人事業主で、小規模なラーメン店の店主をしています。

私が、この商売を始めた10年ほど前までは、ラーメンブームなどもありお店に来るお客の客足が途絶えることはありませんでした。

ですが、長引く不況の影響か、それともラーメンブームが終わってしまったためか、徐々にお客が減ってきました。

おそらく、ラーメン業界に新規参入してくる飲食業者も増えたために、ラーメン店が供給過多となっていることも店に来るお客が減った理由だと思います。

お店を成り立たせるには、売上から材料費や光熱費、そして家賃を引いた額が黒字で、かつその黒字分で私の生活を成り立たせる必要があります。

ラーメンは、季節要因もかなりあって、冬は客が増えるけど、夏場の暑い時期は、ほとんど客が来ないという日もあります。 真夏の8月に自分は経営的に資金繰りが厳しくなったことがありました。

ノーローンへの申込み

お店にキャッシュ、つまり現金がほとんどなくなってしまったのです。

現金が無いとラーメンを作るための材料を購入することができなくなり、仕入れができずにラーメンを作ることができなくなります。

ラーメンが作れないと当然お客に商品を提供できないので、利益を出すことができなくなります。

本来なら、事業資金は取引銀行に相談をして資金繰りの協力をして貰うべきなのかもしれませんが、銀行からお金を借りるには厳しい審査を受けなればなりません。銀行の場合、審査期間が長いのが一般的です。

借り入れの申し出をしてから短期間で現金を手にすることはできません。 だから、自分の現金調達方法の手段としては、銀行は選択肢にありませんでした。

借りたいお金の額はとりあえず、1月分の運転資金です。 約30万円借りることができれば何とかなりそうでした。

急ぎでお金を借りることができる融資会社と言えば、テレビCMでおなじみのキャッシング会社だと思いました。

基本的にキャッシング会社で貸し出すお金はフリーローンなので、使い道は自由です。 私は、事業資金として使う予定ですが、フリーローンであれば問題なく借りることができるはずです。

私は、個人事業主なので審査が厳しいことを覚悟しつつ、名前をよく聞いていたノーローンに借り入れの申し込みをしました。

ノーローンに申込みをしたらすぐに審査が開始されました。 自分的には、審査結果をかなり待ったよう気がしましたが、実際は審査開始から1時間も掛からずにノーローンから結果を貰う事ができました。

私の場合は、キャッシング枠に30万円の設定がされ、ノーローンの審査結果はOKとなりました。 パソコンを使ってノーローンに申込みをしたので、キャッシングカードは郵送で自宅に送られてきました。

ノーローンのキャッシングカードを使って、近所のコンビニに置いてあるATMで、枠いっぱいの30万円を借りました。

ノーローンから借りた30万円があれば資金ショートすることなく事業を継続できます。 飲食店は基本的に現金商売なので、資金の枯渇はすぐに廃業へと結びついてしまいます。

今回はノーローンからお金を借りなければならない状況となりましたが、今後はキャッシュ不足とならない様に経営努力をしたいと考えています。

▲ このページの上部へ