キャネット体験談|誕生日プレゼントの購入のためにお金を借りる

キャネットからの借入で自分の誕生日プレゼントを買う

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
キャネット 3万円 お小遣い用途
年齢・性別 年収 職業
21歳(女性) 330万円 会社員(非正規)
大手キャッシング会社の比較一覧
ネックレス

私の誕生日は2月です。

誕生日には日頃の自分へのご褒美としてちょっとした贅沢を毎年することにしています。 大抵の場合は、ブランド品のネックレスやイヤリングなどの装飾品を買います。

今年の私の誕生日の直前に、たまたま遠い親戚で不幸があったため、香典を包みました。 香典のお金は捻出することは出来たのですが、その後の私自身の誕生日を祝うためのお金が無くなってしまいました。

私は、非正規雇用ですが普段は衣料品売り場で働いています。

私は定職を持っているので、きっと、お金を借りることができるだろうと考えて、まずはインターネットでお金の借り方について色々と調べてみました

銀行から借りるのが一番安心できそうなのですが、銀行からの融資は基本的に高額借り入れ者を対象としています。

また、銀行以外に保証を受け持つ会社の審査にも通らなければならないという事がわかりました。

銀行からの借入れだと2社の審査が必要となるため、審査に掛かる時間も長引きます。 だから、銀行からお金を借りるのはムリだという事がわかりました。

その次に調べたのが消費者金融です。 いわゆるサラリーマン金融と言われるものです。

サラ金はドラマなどで見ていると、返済が遅れるとおっかない人が取り立てにくるというイメージがありました。 でも、インターネットで調べてみると、それはドラマだけの話しの様です。

仮に返済が遅延した場合でも、金融庁に登録されている正規の消費者金融から借りているなら、強引な取り立ては法律で禁止されているので、あり得ないという事がわかりました。

インターネットを使ってキャネットへ申込み

ネットで調べた結果、結局、サラ金から借りても安全だということと、保証人や担保なしで借りることができるという事が分かりました。

そして早ければ、借り入れを申し込んだその日のうちに借りられることなども分かりました。

という訳で、調査した結果、お金を借りるならサラ金がベストな選択だったのでサラ金からお金を借りました。 私が借りたのは、金融庁に登録されていた地元のサラ金であるキャネットです。

インターネットを使って、キャネットの公式サイトから申し込みをしました。 キャネットでは、3万円だけを借りました。

キャネットの貸付金利は実質年率で20%だったので、他社と比較して一般的な値でした。

キャネットへの返済は翌月からです。 その時までにはお給料がでているので問題なくキャネットへ返済することができます。

キャネットの様なサラ金は暗いイメージや怖いイメージがありますが、実際はかなり違います。

借りすぎはもちろんダメですが、キャネットは急にお金の工面が必要になった時にはすごく役立ちました。

▲ このページの上部へ