アコム体験談|生活費の借入をオリックスVIPローンカードで一本化

アコムとオリックス銀行からお金を借りた

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
アコム、オリックスVIPローンカード 200万円 生活費
年齢・性別 年収 職業
36歳(男性) 500万円 会社員

→ アコム申込み

→ オリックス申込み

財布

キャッシングには大学時代からお世話になっていました。

お金が無くなればマルイのキャッシングでお金を借りる事で急場をしのぐということが何度もありました。

ただ、当時は非常に金利が高い時代だったので、数万円借りただけでも利息がとても高く感じていたので、極力借りない努力というものはしていました。

しかし、社会人になると普段の生活でも1回にかかる費用というものが、なんでも学生時代より高くついてしまうようになり、趣味のギャンブルの1回の投資額も学生時代よりも額が大きくなってしまいました。

その様なこともあり、あっという間にお金が無くなってしまいキャッシングをする必要に迫られてしまいました。

最初に借りたキャッシングは友人から紹介されたオリックスVIPローンでした。 当時、他の消費者金融よりも金利がかなり低かったので、自分としても迷うことなく決定しました。

融資限度額は100万円だったのですが、いつの間にか100万円の上限まで達してしまっていました。

ATMに行けば好きなだけお金を引き出せる訳だけど、いずれは返済しないといけないお金であるということが、何故か一瞬頭の中から消えてしまう感じでした。

返済についても利息分のみだけ返済するという形で、元本がなかなか減ることがありませんでした。

そこでお金の使い方というのをもっと学べばよかったのですが、若気の至りだったのかそう考えることをせずに、次はどこで借りようかということで頭がいっぱいでした。

オリックスVIPローンに一本化

オリックスでの増額は難しいのではないかと自分で考え、「消費者金融なら借りれるのでは?」と思いアコムに申し込みをしたところ、問題なく審査も通りました。

総量規制が導入される前だったので、審査基準も現状より緩い部分があったのかもしれません。 アコムの融資限度額も100万円でした。

自分としては融資限度額が100万円ならば、その上限まで借りてしまうのではないかという危惧がありました。

ですが、額が少ないよりも多い方が安心だという自分でもよくわからない理屈をつけて納得していました。

すると結局アコムもいつのまにか上限の金額に達してしまっていました。 このときがちょうど30歳だったのですが、ここでようやく少し目が覚めることができました。

これ以上同じことをやっていれば確実に破産すると思いました。 現実的には総量規制が導入されて、これ以上借りることは難しいだろうというのもありました。

そこからはコツコツ返すことを続けていきました。 途中でオリックスに1本化して金利を下げることなどもして、昨年にようやく全額完済することができました。

感想は返済は自動的に引落しがあるので、計画的に進むところがあるのですが、利用は本当に計画的に行うのは難しかったです。

▲ このページの上部へ