ノーローン体験談|衣服費と生活費のために借入

ノーローンで服代をキャッシング

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
ノーローン 15万円 衣服費・生活費
年齢・性別 年収 職業
28才(女性) 450万円 接客業
大手キャッシング会社の比較一覧
女性従業員

ノーローン利用体験について話させて頂きます。

私は、スナックに勤めている女性従業員です。

お給料はまあまあなのですが、決して高給取りではありません。 ですが、接客業なので服装や化粧品にお金が掛かります

水商売のお店によっては、店からお給料の前借ができる場合があるようだけど、私が勤めているお店ではそのようなシステムはありません。 だから、毎月かなり金欠状態です。

特に、服にはお金が掛かります。 いつも同じ服を着て接客するわけにはいかないですからね。 よくお店に来てくれる常連さんがいるので、同じ服を毎回着ていたらきっと怪訝な顔をされてしまいます。

従業員はお金を借りている人が多い

お店の女の子は、私を含めてキャッシングをしている人が多いです。

一応、小さなお店ではありますが、法人会社です。 そして、そこで正社員として働いているので毎月安定したお給料をもらえます。

だから、例え水商売でもキャッシングの融資申込みをした際の審査は、ほとんどの場合、結果はOKとなります。

中には、複数のキャッシング会社からお金を借りている社員もいるようだけど、私の場合は、ノーローンという新生銀行グループの消費者金融1社からしか借りていません。

私がノーローンを使っている理由は、条件はありますが、その条件を満たせば何度でも借入から1週間無利息でお金を借りる事が出来るからです。

給料日まであとちょっとだけどお金が足りないと言った場合に、ノーローンだと無利息でお金を借りることが出来るのでとても助かっています。

また、服やバッグを買ったりする時にもノーローンのキャッシングを利用することがあります。 私の仕事は接客業なので仕事柄、お客さんにはよい印象を与える必要があります。

そのためには、やはり身なりがきちんとしている必要があります。 地味な格好をしていたら、お店でお客様から指名を貰う事ができないので、お店では派手めの服を着る必要があります。

お店で着る服は、普段着とはまた違う服なのでかなりお金が掛かってしまうんですよね。 だから、水商売をしている子は、ほとんどの人は貯蓄がほとんどないと思います。

私も少しは貯金をしなくてはと給料を貰う度に思うのですが、ノーローンへの返済があるので、いつもカツカツの生活をしています。

ノーローンは無利息期間があるけど極力借入はしない予定

私の将来の夢は、お金を貯めて自分のスナックを持つことです。

そのためには、最低でも500万円程度は必要となります。 お店の物件を借りた場合は、敷金と礼金が必要となります。

そして、内装費と、テーブルやイスなども買い揃える必要があります。 また、接客をしてくれる従業員も雇う必要があります。 そうなると500万円ぐらいの資金は必要となります。

500万円を貯めるのは並大抵のことではできません。 お店では派手な格好をしていますが、普段の生活ではお金を出来るだけ使わない様にしているので地味です。

とりあえず、ノーローンなどでのキャッシングはしない様にしようと思っています。 ノーローンなどでのキャッシングはすぐにお金を借りられるので便利ですが、しょせんは借金です。

ノーローンには無利息期間があっても、その期間を過ぎれば利息の支払いが必要となります。

借金があるような状態だと、貯金なんて出来るわけがないので、お金を借りることが無い生活に改める様に努力するつもりです。

▲ このページの上部へ