SMBCモビット体験談|プロミスと共に遊興費のお金を借りる

SMBCモビットとプロミスへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
SMBCモビット、プロミス SMBCモビット20万、プロミス58万 遊興費
年齢・性別 年収 職業
29歳(男性) 310万円 会社員

→ SMBCモビット申込み

キャッシュカード

お金を借りるきっかけとなったのは、もともとは生活費が少し足りずに銀行のキャッシュカードに付いていたキャッシングを利用したのが始まりでした。

そこから簡単に借りられるということに味をしめ、気がついたら銀行のキャッシングだけでは足らなくなってしまい、消費者金融にも手を出してしまいました。

私が利用したのはモビットとプロミスでしたが、審査についてはどちらも使ったことがなかったからか、あっさりと審査を通過しました。

また、カードを作ったあとのしばらくは毎月きっちりと返済ができていたからなのか、プロミスから「借入限度額をあげませんか」という連絡が来たこともあり、そのまま限度額を変更しました。

しかし、そのあとに2度返済が滞ってしまってからは一転して返済しろ、返済しろのオンパレードだったと思います。

借りるときは仏様、返すときは閻魔様というフレーズを何かの漫画で見たような気がしますが、それを身をもって実感したと思います。

返済については基本的には銀行からの引き落としという形ではありましたが、コンビニATMなどで早期返済ということもできます。

だから、余裕がある時はコンビニATMを使って繰上げ返済もしていましたが、それは結局ほんの一時期だけでした。

お金を借りると一時的に楽ができるが、後の返済は大変

お金を借りるときは少しの不安はありました。

ですが、もともと楽天的な性格ということもあり、「バレなければ大丈夫」とか「少額借りてすぐに返してそのまま解約すればいい」などと思っていたこともあり、そこまで深くは考えていなかったと思います。

ですが、限度額に余裕があると、ついついいっぱいまで借りてしまうもので、気がついたら限度額まであっという間にいっぱいになり、月々の返済にもかなり苦しむようになってしまいました。

あとから思うと借りる必要すらなかったように思います。

結局、お金はボーナスをまるまる返済に回したりしてなんとかなりましたが、月々の返済がまるでボディーブローのようにズドンズドンと効いてきたので、返済のあいだは正直生きた心地がしなかったように感じました。

今思えば、借金というのは、極端に言えば麻薬のようなものだったと自分では思っています。

一時的な快楽などを得るために楽をして、そのあとに何倍もの苦しみが襲いかかってくる。 しかもそれがわかっていてもやめられない、止められない。

あのまま借金を続けていたらどのようになっていたかと思うと怖いものがあります。

お金を使って楽しみたいのであれば、借金でなく、地道に貯金してからそれを使う方が絶対にいいです。 アリとキリギリスなら、絶対にアリが最後に笑う。それと全く同じです。

▲ このページの上部へ