アコム体験談|事業資金を調達するために借入

アコムで商品仕入れのためにキャッシング申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
アコム 5万円 事業資金
年齢・性別 年収 職業
33(男性) 330万円 自営業(小売)

→ アコム申込み

お店

僕は夫婦で小さな商店を営んでいます。

いわゆる家族経営というやつです。 従業員を雇う余裕がないので、家族だけで店を切り盛りしています。

うちの店では、雑貨とお菓子類、そして野菜を売っています。 鮮魚や精肉も取り扱ってみたいのですが、これらは日持ちしないので今のところは店に置いていません。

月に2~3回ほど仕入れをするのですが、野菜は価格変動が大きいので仕入れで苦労をしています。

できるだけ店頭に置く商品の数は一定になる様に仕入れをしているのですが、野菜の仕入れ値は年間を通じて最安値と最高値の時では倍ぐらい値段が異なることがあります。

そうなると、野菜の価格が高騰した時に仕入れに必要なお金が足りなくなってしまう事があります。

お金が足りなくなると言っても、うちのお店は大規模な大型スーパーではないので、仕入れ量はたかが知れています。

仕入れのお金が足りない場合でも不足額は10万円程度です。 10万円程度なら知り合いからお金を借りるということもできると思います。

ですが客相手の商売なので、あの店は他の人からお金を借りてやっと切り盛りしているという変な噂がでると困るので知り合いからはお金を借りない様にしています。

また、取引銀行からお金を借りるという手もあると思うのですが、たっ10万円では額が少なすぎて多分貸してくれません。

そのため、僕が使っているお金の借入方法は消費者金融のアコムを利用することです。

アコムは事業性用途でもお金を借りる事ができる

一般的にキャッシング会社や銀行のカードローン商品は、事業性資金としての借入を禁止していることが多いです。

ですが、アコムでは事業性資金を目的とした借入を禁止していません。 だから、商品の仕入れを目的とした借入れでもアコムなら問題なくできます。

そのため、アコムにキャッシングの申し込みをして、借入専用のカードを作りました。

(ちなみに、私は通常のカードを作りましたが、アコムでは年収の1/3を超える借入れが可能な「ビジネスサポートカードローン」という融資商品も用意されています。)

アコムでキャッシングカードを作成した時に、借入の極度額は万一の場合に備えて多めに30万円を希望しました。

審査によりアコムで借入極度額は決定をされるのですが、借入極度額は希望通りの30万円が付きました。

キャッシング専用のアコムカードは、ほぼ全てのコンビニATM・CDなどで利用することができます。

そのため、自宅から少し離れた場所のATMを利用すれば、知り合いやおなじみのお客さんに会うことなしにお金を借りることができます。

僕が使っているアコムカードは金利が18%で、決して低金利とは言えません。 どちらかといえば、銀行ローンと比較すると高金利の借入れとなります。

そのため、利息は出来るだけ支払いたくないので、店の売り上げがある程度貯まった時にそのお金で出来るだけ早くアコムへ借入金の返済をする様にしています。

例えば、アコムで10万円を30日間借りたとすれば利息分は1,479円となります。

こうやって実際に計算をしてみると金利は高めですが、借入額が少ないとアコムに支払う利息はそれほど多くないという事がわかります。

ですが、借りたお金は早く返すに越したことはないと思っています。 借金があると僕の場合、気持ちが何となくモヤモヤして、心が落ち着かないのです。

▲ このページの上部へ