アコム体験談|生活費・堕胎費用のためにお金を借りる

アコムのむじんくんで契約

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
アコム 30万円 生活費
年齢・性別 年収 職業
39歳(男性) 240万円 会社員

→ アコム申込み

無人契約機

給料が少ない上に、出費が重なるということが本当にあるのです。

もう少し、違う時期だったら何とかなるのに…と思いながらいろいろと金策に駆け回ったことを思い出します。

丁度、前の仕事が雇い止めとなり、転職をしたばかりの時期でした。

しかも、当時付き合っていた女性を妊娠させた堕胎費用と、飼っていた犬が車に引かれて背骨が折れてしまい、安楽死させる費用が一気に重なりました。

当初はちゃんとした銀行でお金を都合しようと思い方々聞いたのですが、もちろんどこも貸してくれませんでした。

また、周囲の人も似たような状況でしたので、お金を借りることができそうな人も見つからず、どうしようかと思っていたところ、近くの商業施設の片隅にアコムさんの無人契約機が見えました。

そこで、背に腹は変えられぬ状況であった私は、「モノは試しだ」という気持ちで、アコムの契約機の中へ入っていきました。

すると、カメラでこちらの様子を見ていたアコムの従業員から「いらっしゃいませ、ご融資のご相談ですか?」という案内がありました。

私は、何を話していいかわからず黙って座っていたところ、「何かお話がありますか?よかったら話してみてください、お力になれるかもしれません。」と声をかけられました。

私は、それまでの緊張の堰を切ったように、今までのいきさつを話しました。

すると、「それはお困りでしょう。いかほどご入用ですか?」と言われたので、「30万円ほど掛かりそうだ。」と伝えたところ、「わかりました、ご融資可能かどうか、審査されてみませんか?」と言われました。

審査のための必要書類と証明書などをアコムへ提出したところ、15分かそこらで、「融資可能ですから、外のATMにて現金をお受け取りください。」と言われアコムカードと現金を受け取りました。

そして、アコムの従業員の方から、「是非がんばって下さい。計画的にご返済していただけば、そんなに、ご負担にはならない金額ですから。応援しております。」と声をかけて頂きました。

アコムの申込みで生活の立て直しができた

確かに、型どおりの対応だったのかもしれませんし、向こうからしてみれば、唯の客だったのかもしれませんが、正直に言って本当に助かりました。

なぜなら、結果的に助けてくれたのはアコムさんだけだったから…それに、お金を借りるって言わないところがいいですね。 「ご融資」と言ってくれます。

この言葉で前向きになり、生活も立て直すことができました

この時、上手くいったおかげで、当時の年収の倍額以上を稼ぐほどに出世することができました。 本当にありがとうございました。

▲ このページの上部へ