オリックス銀行カードローンは在籍確認の電話があるのか?

オリックス銀行カードローンの在籍確認で、職場に借金がバレるのかについての解説です。

電話

カードローンやキャッシングなど借金の申込時には、在籍確認が付きものです。

でも勤務先への電話連絡は、なるべくして欲しくないと考える人が多いでしょう。 消費者金融の中には、条件次第で在籍確認を免除してくれるところもあります。

そこで、オリックス銀行カードローンの在籍確認は必須なのかを調べてみました。

→ オリックス銀行カードローン申込み

オリックス銀行カードローンには在籍確認は必ずある

オリックス銀行のカードローンでは、必ず在籍確認を行います

在籍確認をする理由は、本人の申込意志と勤務先情報に虚偽報告がないかの確認をするためです。

カードローンはちゃんと仕事をして安定した収入がある人じゃないと利用できません。 そのため、勤務先への在籍確認は必須なのです。

勤務先へ連絡をして在籍が確認できれば、それである程度安定した職業に就いているということが証明できます。

中には無職なのに、デタラメな職場をオリックス銀行カードローン申込み時に申告をしてくる人もいます。 既に退職した以前の勤務先の情報を記載する人もいるでしょう。

オリックス銀行としては、在籍確認の電話連絡を徹底すれば、カードローン申込み時の職業に関する虚偽報告を防ぐ事ができます。

また、金融機関によっては社会保険証のコピーや給与明細書、源泉徴収票のコピーを提出することで電話での在籍確認を免除することもありますが、オリックス銀行では基本的に電話での在籍確認は必須となっています。

在籍確認はいつどのように行われる?

オリックス銀行のウェブサイトからカードローンへ申し込んだら、まずは登録したメールアドレスまで受付確認のメールが届きます。

それから保証会社による審査が始まり、その審査の流れの中で在籍確認が行われます。

勤務先へ電話をする時はオリックス銀行の社名ではなく、オペレーターの個人名を名乗ります。

そのため、電話を受け取った会社の人にオリックス銀行からの在籍確認の電話だとばれることはまずありません。

申込者本人に電話を引き継いでもらった後に、改めてオリックス銀行からであることを名乗ります。

万が一申し込み者が席を外して電話に出られない場合でも、その会社に在籍していることさえ確認できれば、在籍確認はOKとなり特に問題はありません。

「席を外しております。」「休暇中です。」という応対でも会社への在籍は確認できますので、必ずしも勤務中でなくてはいけないということもないでしょう。

オリックス銀行カードローンの在籍確認は日時指定が可能

オリックス銀行カードローンの在籍確認は必ずしも本人が電話に出なくても、在籍さえ確認できれば結果はOKとなります。

そのため、勤務日以外の日でも勤務先に在籍確認の連絡をさせてもよいでしょう。

ただし申し込み者本人が休みであっても、勤務先で電話を取り次ぐ人間がいなくてはなりません。 オリックス銀行には、必ず勤務先の営業時間内に在籍確認をしてもらうようにしましょう。

また、なるべく会社の他の人に電話に出て欲しくないという人もいるかと思われます。 その場合は、連絡希望時間を指定してみるとよいでしょう。

オリックス銀行の名前を伏せて欲しい

在籍確認をする際ですが、電話では社名ではなくオペレーターの個人名を名乗ります。

しかし電話を取り次ぐ人が社名を聞いた時に、オリックス銀行は答えなくてはなりません。 社名を偽ったりオリックス銀行であることを完全に伏せたりする事はできないのです。

ただし、オリックス銀行であることを名乗ったとしても、わざわざカードローンの申込みがあったとは伝えません

銀行という名前がついているので、警戒心のある人に対しても心証はいくらか良いと思われます。

一番いいのは正直にカードローンの在籍確認と言うことですが、どうしても会社の人に教えたくないということもあるでしょう。

その場合は銀行の口座開設、あるいはカーローンや住宅ローン審査、クレジットカードの申込をしたと適当に答えておくとよいでしょう。

在籍確認があればほぼ融資確定?

オリックス銀行カードローンの在籍確認は、カードローン審査の最終段階で行われます。

信用情報を照会され支払い能力に難があると早々に判断された場合は、在籍確認もされずメールで審査不可の通知が来るのみです。

つまり在籍確認があれば、かなり審査通過が濃厚だということが分かります。

融資してもらえるかもしれないと思えば、面倒な在籍確認もなんとかクリアしてやろうという気になるでしょう。

ただし在籍確認があったからといって、100%融資が決定している訳ではありません。 在籍確認ができなかった、嘘の情報が発覚したなど、最後の段階で審査に落ちてしまう可能性は十分にあるのです。

だからこそ絶対に嘘を伝えてはいけませんし、在籍確認は必ずできる時間帯にしてもらわなくてはいけないのです。

会社によっては別部署の社員について把握していないことも良くあることです。

勤務先への在籍確認の電話に出られない可能性があるなら、思い切って社内の人に連絡があることを伝えておくとよいでしょう。

もし勤務先の連絡先を誤って伝えてしまうと、在籍確認ができずに審査に落ちてしまうかもしれません。

そのような事がないように、申込みをする段階で勤務先の情報が正しいかどうかをしっかりとチェックする必要があります。

在籍確認ができない勤務先は

最近では個人携帯が普及しているため、勤務先へ個人宛の連絡が入ることは少なくなりました。

業務内容によっては一切外部からの電話を取り次がない会社もあります。

例えば機密性の高い業務に就いている場合、勤務先へ個人宛に連絡をしたとしても「お答えができません」と一切の応対を拒否されてしまうこともあります。

これでは勤務先への在籍確認ができません。

しかしどんな会社に勤めている人でも、クレジットカードや教育ローン、住宅ローンなど、金融機関への貸付サービスに申し込みをする機会があります。

いくら機密性の高い業務に就いているからといって、一切の金融商品を利用できないというのはあまりにもおかしな話です。

金融機関からお金を借りるために貸付サービスに申込むのは決して恥ずかしい事ではありません。

通常、在籍確認ができないような業務であっても、前もって準備をしておけば対応してくれることがあります。

電話を取り次ぐ担当の方へ前もって自分宛の在籍確認の連絡が来る旨を伝えておくと、スムーズに在籍確認が済みます。

会社によってはそれぞれ在籍している部署へ連絡させるのではなく、総務などが代表して対応してくれることがあります。

オリックス銀行カードローンに申込む前には、前もって会社の電話受付の人に相談をして、在籍確認が入る可能性があると相談しておきましょう。

在籍確認が難しいとされている派遣社員でも、派遣元などで相談に乗ってもらえることがあります。

ですから絶対に在籍確認ができないと諦めるのではなく、まずは勤務先へ相談してみることが大事です。

個人事業主や在宅業務の在籍確認

在籍確認とは、勤務先へちゃんと在籍しているかの確認をするために行う電話連絡です。

オリックス銀行カードローンの審査担当者は、個人事業主でも事務所を構えているのであれば、その事務所へ連絡を行います。

自宅兼事務所の場合でも、仕事で利用している電話番号へ掛けてきます。

申込書のときには、しっかりと自営である旨を明記し、仕事で利用している電話番号を記入する様にしましょう。

自宅の固定電話を仕事の連絡先として申告する場合、家族が電話に出る時に注意しなくてはなりません。

家族がオリックス銀行カードローンの申込みを知っているなら、在籍確認の連絡が掛かってくることをちゃんと説明しましょう。

もし家族に内緒でお金を借りたいなら、必ず自分で電話を取るしかありません。

今では携帯電話しか持たない人も多いですよね。

以前は固定電話が無ければ借入審査でも不利になると言われていましたが、ここ最近ではそのようなことも薄れています。

しかし、自営業や在宅業務のような仕事の場合、固定電話の有無も審査に重要なポイントとなっています。 私用兼用の携帯電話しかないよりは、ビジネス専用の固定電話がある方がよいでしょう。

また、在籍確認ができたとしても、やはり自宅と仕事場が兼用の場合は安定収入を得ているという信頼性に乏しいです。

そのためオリックス銀行カードローンでは、自宅で仕事をしている人は勤務証明をする為に収入証明書の提出が必要となる場合もあります。

自宅勤務でも会社員より稼ぎがいいケースがあります。 しかし企業に勤務しているのとは違い安定した収入や仕事をしていることの証明が難しい為、借入審査では少々難しい面もあるのが現実です。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • オリックス銀行カードローンの在籍確認は必ず実施される
  • 在籍確認は審査項目の一部として行われる
  • 勤務先に掛かってくる在籍確認の電話は、オリックス銀行と名乗らずに、個人名を名乗るので、勤務先に在籍確認の電話だとばれにくい
  • カードローン申込者の勤め先の営業時間内にオリックス銀行に在籍確認をして貰う必要がある
  • オリックス銀行カードローンの在籍確認は審査の終盤に行われるので、このチェック項目が問題なければ融資OKとなる可能性が高い
  • 職場の電話受付の方に、オリックス銀行から在籍確認の連絡が来ることを伝えても問題ない方は、伝えた方がスムーズに手続きが進む

▲ このページの上部へ