オリックス銀行カードローンは派遣社員・個人事業主はOK?

年収がバラツキがちな派遣社員や個人事業主でも借り入れできるかについて解説しています。

個人事業主

派遣社員や個人事業主はカードローンの審査面で非常に不利だと言われていますが、オリックス銀行カードローンの利用はどうなのでしょうか。

個人事業主や派遣社員が利用できる可能性と審査面で注意したい点について見てみましょう。

→ オリックス銀行カードローン申込み

派遣社員や個人事業主でも利用は可能

派遣社員でも安定した収入と年齢制限がクリアできれば、オリックス銀行カードローンに申し込めます。

もちろん個人事業主でも利用は可能です。

オリックス銀行カードローンは、低金利でしかも限度額が非常に大きいです。

派遣社員だとボーナスが無いことも多く、突然お金が必要になった時に現金を調達するのに苦労します。

高金利のキャッシングだと返済も大変ですし、なるべくは利用を避けたいものです。

その様な派遣社員にオリックス銀行カードローンは便利なのです。

消費者金融が悪いわけではありませんが、やはり銀行だとイメージもよくお金を借りる際に気持ち的にも楽です。

知り合いにうっかりローンカードを見られてしまったとしても、消費者金融のカードに比べるとずっと心情的には良いでしょう。

収入の壁が無くなった?

少し前までは、オリックス銀行カードローンを利用するには、最低でも年収が200万円なくてはならないということになっていました。

ボーナスが無いなら、月収17万円はなければならないラインです。

しかし、オリックス銀行カードローンは今では「年収200万円の壁」がなくなっています。

以前は保証会社(※1)がオリックス・クレジット(株)のみだったのですが、このオリックス・クレジット(株)の審査基準だと年収200万円以下では借入が厳しかったのです。

それが2014年10月から新生フィナンシャル(株)がオリックス銀行カードローンの保証会社に加わったことで、より年収が少ない人でも審査通過できる可能性が増えたのです。

ですからボーナスがなく低収入な派遣社員でも、オリックス銀行カードローンでより借りやすくなりました。

※1:保証会社とは、借金の保証人の役割を果たす会社のことです。 一般的に銀行カードローンでは、申込み後の審査は銀行ではなく保証会社が審査を行います。 カードローン利用者が返済不能に陥った場合には、保証会社が貸主である銀行に債務の代位弁済を行い、その後、借主への債権回収は保証会社が行います。

オリックス銀行カードローンでは派遣社員は利用できない場合がある

雇用形態が正規雇用ではなく派遣社員でも、収入さえ安定していればオリックス銀行カードローンは利用できます。

しかし派遣の場合、短期契約の場合があります。

長期の契約が見込めず今後の見通しが立てられないような状態では、いくら月収が多い派遣社員でもオリックス銀行カードローンを利用することはできません。

有利なのは同じ派遣先に長期に渡って勤務している場合です。 何度も同じ会社で契約更新をしていればそれだけ信用が高くなります。

また、派遣社員でも長期に渡って仕事をしていれば、社会保険に加入できます。

社会保険の加入は安定した収入の証明となるので、オリックス銀行カードローンの審査面でも有利な判断材料となります。

個人事業主のオリックス銀行カードローンの利用は?

個人で事業を起こしていると言うと響きはいいですが、内容は人それぞれです。

必ずしも儲かっている人ばかりではなく、中にはアルバイトをするよりも劣る収入の人もいます。

良くも悪くも事業の実績がすべて個人の収入に反映してしまうため、個人事業主は借入の審査面ではあまりいい雇用形態の属性ではないのです。

ただし絶対に利用できないわけではありません。

個人事業主でも収入が安定していることさえ証明できれば、オリックス銀行カードローンの利用が可能です。

オリックス銀行の審査担当者から確定申告書や納税証明書の提出を求められたら、書類を用意をして提出をしましょう。

所得を証明できる書類を提出することで、安定収入の証明ができます。

なお、オリックス銀行カードローンの使用目的は基本的に自由なのですが、事業性資金としては利用できません。

あくまでも個人事業主が個人として利用するときのみ、オリックス銀行カードローンを使うことができます。

個人事業主が自分の仕事の運転資金目的でお金を借りたいなら、オリックス銀行カードローンではなく、他の事業者用ローンを利用するしかありません。

事業性資金の調達は、銀行の融資は厳しいですが、他にも公的な融資などがありますので、色々と情報収集をして調達すると良いでしょう。

申し込む時の勤務先情報はどうする?

派遣社員の勤務先情報

派遣社員の場合、派遣元と派遣先の2つの会社が絡んでいます。

給料をもらうのは派遣元ですが、実際に働いているのは派遣先企業です。

カードローン申込み時の勤務先情報には派遣元の情報を記入したいところですが、実際に仕事をしている勤務先の情報を求める金融機関が多いです。

オリックス銀行カードローンでは出向の有無を入力する欄があり、やはり派遣先である勤務先の情報が求められます。

個人事業主の勤務先情報

個人事業主の場合は、自宅と勤務先が同じであることが多いですよね。

自宅と勤務先が同じだと、勤務先独自の情報がほとんどないことになりますが、もし屋号があるのであれば、勤務先情報として申告をするとよいです。

連絡先も携帯電話番号のみだけではなく、固定電話もあればよりベストです。

オリックス銀行カードローンの在籍確認はどうやってクリアする?

在籍確認とは、勤務先に電話を掛けて、申込み時に申告した勤務先に本当に勤めているかを確認するための作業です。

審査の最終段階で行われるので、在籍確認があればほぼ融資は決定したようなものです。

しかし派遣社員にとって、在籍確認はもっとも心配な事柄です。

在籍確認は職場に電話が掛かってくるのですが、派遣先にカードローンの電話連絡があるのは気まずいでしょう。 職場によっては、電話取り次ぎさえ難しいこともあります。

在籍確認の電話は個人名で掛けてくることが多いですし、万が一会社名を名乗ったとしても銀行名なので、その点はオリックス銀行カードローンは利用しやすいと思います。

可能であれば、派遣先に前もってオリックス銀行から連絡が来る可能性があると説明しておきましょう。

どうしても派遣先への在籍確認ができそうもないなら、派遣元に相談してみましょう。 派遣登録しているスタッフは非常に多いので、通常であれば派遣元に連絡しても在籍確認はできません。

しかし前もって在籍確認の連絡があると説明して、オリックス銀行に時間指定で電話を掛けてもらうようにすれば、派遣会社でも電話応対してくれるケースがあります。

あまりお勧めしませんが、電話での在籍確認が厳しいのであれば、電話の代わりに書面で在籍確認を行う一部の消費者金融会社を利用するという方法もあります。

書面で在籍確認を行う消費者金融会社の場合は、社会保険加入や給与明細書の提出など、会社に在籍していることが分かる書面の提出を必ず要求してきます。

一般的に銀行カードローンでは、電話で在籍確認を行います。

消費者金融は、貸付金利が銀行カードローンより高いので、電話での在籍確認が厳しくても出来るだけオリックス銀行カードローンを利用することを考えた方が良いです。

派遣元や派遣先、そしてオリックス銀行の審査担当者と相談をして電話による在籍確認をクリアできる方法を考えましょう。

派遣社員や個人事業主が審査に通過するためには

派遣社員や個人事業主は、どうしても借入の審査面では不利な状況になります。

ですが、オリックス銀行カードローンは保証会社が2つあるので審査通過の幅が広く、借り入れできる可能性があります。

派遣社員や個人事業主のように審査面で不利な状況の人は、少しでも審査通過の可能性を高めるには、雇用形態以外の部分で点数を稼ぐしかありません。

借入の審査ではスコアリングといって、様々な項目で点数を付け、その合計点数で融資をするかどうかを決めます。

例えば公務員だと雇用形態の面では点数が高いですが、公務員であっても新人だと勤務実績の面では点数が低くなります。

雇用形態としては派遣社員も個人事業主も点数は低いですが、他の項目で点数を稼げばよいのです。

複数会社からの借入、多重債務に注意

審査のスコアリングでは、多重債務に注意しなくてはなりません。 借入先の金融機関が多い場合は、スコアリング審査で非常に不利な状況となります。

どんなに借入れ件数以外のスコアリングの点数がよくても、借入れ件数が多すぎるせいで審査に落ちてしまうこともあるからです。

借入件数は借入総額よりも重要なポイントに成り得るので、複数の少額借入先は思い切って借金を一本化して1つにまとめましょう。

それでも多重債務は審査面で心証を悪くするので、少額の借入先は少しでも早く完済をして、借入れ件数を減らしておくと良いです。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • オリックス銀行カードローンは、保証会社が2社あるので、所得の低い派遣社員でも審査に通過できる可能性がある
  • 短期雇用の派遣社員の場合は、オリックス銀行カードローンに申込んでも審査に通過しない可能性が高い
  • 個人事業主は、オリックス銀行カードローンで借りたお金を会社運営などの事業性資金として使う事はできない
  • 個人事業主や派遣社員は、審査に通過するために、雇用形態以外の部分(例えば、借金なし、持家、長期勤続など)で点数稼ぎが出来ないかを考える
  • 多重債務は、審査落ちする最たる理由なので、現在、多重債務なら、オリックス銀行カードローンに申し込みする前に借入れ件数を減らすこと

▲ このページの上部へ