オリックス銀行カードローンは保証会社が2社なので審査落ちしづらい

オリックス銀行カードローンの保証会社は、2社ありますが審査が甘い訳ではありません。

ノートPCを使っている人

比較的審査が厳しいイメージのある銀行ですが、オリックス銀行カードローンは審査落ちしづらいと言われています。

その理由は保証会社がオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の2社あるからです。

保証会社とは何か、そして2社あるとどうして審査落ちしづらいのかを見てみましょう。

→ オリックス銀行カードローン申込み

保証会社とは

銀行のカードローンでは、保証会社が用意されています。

保証会社とは以下の様な役割があります。

  • 審査を行う
  • 返済が遅れたときの督促を行う
  • 代位弁済を行う

銀行は企業向けの大口融資を昔から行っていましたが、最近では個人向けの無担保ローンを多く手掛けるようになりました。

その一つがカードローンなのですが、とにかく銀行は審査が遅いのです。

しかし昔から個人向けの小口融資を行っている消費者金融は、独自のノウハウもあり審査は非常にスピーディーです。

その為、一般的に銀行は、カードローンの審査を保証会社である消費者金融に託しているのです。

保証会社は保証人のような役割も持っていて、利用者が返済できなくなった時には銀行へ代位弁済を行います。

万が一、自分が支払えなくなった時でも保証会社が払ってくれるからいいや、と気軽に考えてはいけません。

保証会社は、お金を借りた人へ立て替えた資金を回収するために督促を行います。

なお、代位弁済したことは信用情報機関にしっかりと金融事故情報として記載されてしまいます。

オリックス・クレジット(株)(オリックス銀行カードローンの保証会社)

オリックス銀行カードローンの1つ目の保証会社は、オリックス・クレジット株式会社です。

オリックス・クレジット(株)は信販会社で、オリックスグループの企業です。 オリックス銀行とは同じグループ会社ということになりますが、運営は別の企業です。

オリックス・クレジット(株)の方が歴史が古く、オリックス銀行カードローンが誕生した当初より保証会社を務めています。

オリックス・クレジット(株)は他にも住信SBIネット銀行カードローン、りそな銀行のプレミアムカードローンの保証会社もしています。

新生フィナンシャル(株)(オリックス銀行カードローンの保証会社)

オリックス銀行カードローンのもう1社の保証会社は、新生フィナンシャル株式会社です。

新生フィナンシャル(株)は、新生銀行を株主とする企業で貸金業者です。 テレビなどでCMを行っている新生銀行レイクの関連会社になります。

新生フィナンシャル(株)はオリックス銀行以外にも、新生銀行のレイク、静岡銀行などの保証会社を請け負っています。

2014年10月からはオリックス銀行カードローンの保証会社にもなりました。

保証会社が2つあるのは珍しい

オリックス銀行カードローンのように、2つ保証会社があるのは珍しいケースです。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行も保証会社が代わりに審査と保証を請け負っていますが、1社のみです。

保証会社が2社ある有名な銀行カードローンには、オリックス銀行カードローン以外に楽天銀行やイオン銀行のカードローンがあります。

これらの銀行カードローンも、オリックス銀行カードローンと同様に審査落ちしづらいとの評判があります。

保証会社によって審査基準が異なる

一体、なぜ保証会社が2つあると審査落ちしづらいと言われるのでしょうか。

保証会社はそれぞれ異なる審査基準を持っています。

例えば勤続年数を重視するところもあれば、勤続年数は少なくても雇用形態をより重視するところもあります。

それぞれの審査基準が異なるため、保証会社が多ければそれだけ審査に通過できる可能性が広がります。

ただし保証会社の審査基準は公開されていないため、どれが自分向きであるかは審査を受けてみないと分かりません。

どの保証会社の審査でも共通することは返済能力があるか、過去に重大な金融事故を起こしていないかという点です。

銀行は、借入申込みの審査の際に、申込みをした方の個人金融情報を信用情報機関に照会します。

もし、信用情報機関に返済遅滞や債務整理などの金融事故を起こしている情報が登録されていたら、どの保証会社の審査も通過することはできません。

返済能力があるかの判断は、1.収入、2.借金額、そしてそれぞれ異なる審査基準に沿ってチェックを行います。

ちなみにオリックス銀行カードローンは、保証会社がオリックス・クレジット(株)のみだった時には申込条件に最低年収の額が決められていたのですが、新生フィナンシャル(株)が加わってからは無くなっています。

新生フィナンシャル(株)はオリックス・クレジット(株)よりも、収入が少ない人への少額貸付の審査が得意なのではと推測することができます。

その為、保証会社が2社になってからは、オリックス銀行カードローンは従来より低所得なパートやアルバイトでも審査を通過する可能性が高まっています。

オリックス銀行カードローンの審査は2社同時に行わない

オリックス銀行カードローンは、保証会社が2社でも申込みは1回で済みます。

オリックス・クレジット(株)と新生フィナンシャル(株)の審査は同時に行う訳ではありません。

審査の流れとしては、まずオリックス・クレジット(株)が審査を行い、落ちてしまった人だけ新生フィナンシャル(株)が新たに審査を行うということになっています。

ですからオリックス・クレジット(株)で保証を受けられる人は、新生フィナンシャル(株)の審査は受けません。 申込みは二重になる訳ではないので、安心して申込みをしましょう。

信用情報機関以外にも気を付けたい社内ブラック

融資関連の金融商品を利用すると、その申込情報や借入・返済状況はすべて信用情報機関に登録をされます。

車のローンやクレジットカード、そしてカードローンの使用状況も全てです。

問題無く返済ができていたらよいのですが、2ヶ月以上遅れてしまったり債務整理をしたりすると、その情報は金融事故情報として信用情報機関に登録をされます。

ネガティブな情報は「金融事故」や「ブラックリストに載る」という呼び方をしますが、例え自己破産した情報でも時が過ぎれば信用情報機関に登録されていた記録データは削除されます。

延滞情報は5年、自己破産は7~10年ほど経てば、その金融事故情報は削除されると言われています。

ただし、一般的にオリックス銀行などの貸金業者は自社でも金融事故情報を管理しています。

過去に返済についてトラブルがあった顧客の情報は、その金融機関が独自に保管し、社内ブラックと言われています。

この自社管理の金融事故情報は保管期間が定められていません。

例え信用情報機関の信用情報がまっさらになっていたとしても、もし保証会社の企業で社内ブラックになっていたら審査に通過することはないのです。

過去に、保証会社がオリックス・クレジット(株)、または新生フィナンシャル(株)である銀行から借入れをして、何らかのトラブルを起こした事がある人は別の保証会社を持つカードローンを検討した方がよいかもしれません。

心当たりのある人は、オリックス銀行カードローンを利用する時にも保証会社の社内ブラックになっていないか考えてみるとよいでしょう。

他のカードローンの審査落ち後に申込む時の注意

他のカードローンの審査が通らず、オリックス銀行カードローンに賭ける人もいるでしょう。

しかしカードローンへの申込みを連続で行う時には注意が必要です。

まず、カードローンの申込履歴は信用情報機関に登録されてしまうという点です。 その申込履歴は信用情報機関に6ヶ月間保管されます。

短期間に連続したカードローンの申込履歴があると、いわゆる申込ブラックという状態になり審査に通りません。

具体的には半年間に3社以上の融資申し込みはしない方がいいと言われています。

そして保証会社にも注意しなくてはいけません。

オリックス銀行カードローンにはオリックス・クレジット(株)と新生フィナンシャル(株)という2つの保証会社があります。

保証会社は審査をする会社でもあります。

オリックス・クレジット(株)と新生フィナンシャル(株)が保証会社をしている他のカードローンに申込んだ後なら、オリックス銀行カードローンに申込んでも意味がありません。

例えば新生銀行のレイクに申込んだとしましょう。 レイクは新生フィナンシャル(株)が保証会社をしています。

もしレイクの審査に落ちてしまった後にオリックス銀行カードローンに申込んだとしても、新生フィナンシャル(株)に2度審査してもらうことになります。

それでもオリックス銀行カードローンは2つ保証会社があるので、オリックス・クレジット(株)の審査通過に賭けることもできます。

でも連続でカードローンに申込むなら、できるだけ審査通過の可能性を広げる為、保証会社が別なカードローンに申込んだ方が良いです。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • 保証会社の役割には、貸付審査・返済遅滞時の督促、代位弁済がある
  • オリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット(株)と新生フィナンシャル(株)の2社ある
  • オリックス銀行カードローンの審査は、最初にオリックス・クレジット(株)が行い、その審査に落ちた場合に、新生フィナンシャル(株)が新たに審査を実施する
  • 保証会社は、自社独自で顧客の金融事故情報を管理していることが多い
  • 短期間に連続して、複数の金融業者に借入れの申込みをすると申込ブラックとなり審査落ちしてしまう
  • 審査落ち後に別のカードローン会社に借入申込みをするなら、保証会社は別会社のカードローン会社に申込んだ方が良い

▲ このページの上部へ