オリックス銀行カードローンの本人確認・所得証明などの必要書類

審査の際に使われる本人確認書類や所得証明書類にはどの様な物が必要かについて説明をしています。

運転免許証とパスポート

カードローンに申込んで審査に通過したら、今度は契約が必要です。

正式に契約するには必ず提出しなくてはならない書類があるのですが、種類によっては用意するのが面倒な物もあります。

オリックス銀行カードローンを利用する際には一体どの様な書類を用意しなくてはいけないのでしょうか。

いざ契約というときに慌てないためにも、予め必要書類をチェックしましょう。

→ オリックス銀行カードローン申込み

オリックス銀行カードローンでは本人確認書類は必須

必ず必要となるのは、本人確認書類です。

本人確認書類とは、本人自身が申込みをしているかどうかの確認をするための重要な書類です。

これはどの金融機関のカードローンやキャッシングを契約する時でも必要な物です。

オリックス銀行カードローンでは、本人確認書類として以下の書類を挙げています。

  • 運転免許証あるいは運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 個人番号カード

写真付きの本人確認書類の方が望ましいと言われています。

外国籍であっても、日本に在留、あるいは永住していることが証明できるならオリックス銀行カードローンの利用ができます。

本人確認書類は原本ではなく、写しを提出すれば大丈夫です。 スマホ付属のカメラやデジカメ、スキャナーなどで画像データを作成して、「必要書類アップロード用URL」から提出をしましょう。

撮った写真データは、住所と生年月日を確認できる様にする必要があります。

ただし上記に記載した、いずれの書類も用意できない人もいるでしょう。 その場合は、別に法定書類で本人確認が出来る物を用意する必要があります。

一般的には住民票や住民基本台帳カードが当てはまります。 場合によっては複数の書類提出を求められるかもしれません。

所定の本人確認書類を用意できない場合には、どの様な書類を準備しなくてはいけないのか、あらかじめオリックス銀行へ確認をしましょう。

健康保険証の種類

運転免許証を持っていない人にとって、健康保険証は非常に役立つ本人確認書類になります。

恐らく他のサービスを利用する時でも、保険証を提示して本人確認をすることが多いでしょう。

オリックス銀行カードローンで融資を受ける際にも本人確認書類として健康保険証のコピーを提出すればいいのですが、その種類が審査に影響することがあります。

一般的な健康保険証の種類は以下の通りです。

  • 共済保険
  • 組合保険
  • 社会保険
  • 国民健康保険

共済保険であれば公務員であることが証明されるため、審査には非常に有利になります。

社会保険でも企業に勤務していることが証明されるので、安定した収入の証明になります。

オリックス銀行カードローンでは在籍確認が必須ですが、本人確認書類の保険証コピーを提出することによって在籍確認を免除してくれることもあります。

健康保険証の種類だと、審査面では国保が最も評価が低くなります。

パスポートの種類

パスポートも本人確認書類として利用できる公的な書類です。

オリックス銀行カードローンでも、本人確認書類の一つとして明記しています。 ただしカードローン申込時にパスポートを用意する場合、気を付けて欲しい事があります。

それは日本国で発行しているものでなければ、本人確認書類として利用できないからです。

パスポートは外国で発行してあるケースもありますが、オリックス銀行カードローンでは日本国政府発行の物でないと本人確認書類として認めません。

オリックス銀行以外の他のカードローンの申込条件でも「日本政府発行のパスポート」と明記されていることが多く、外国政府発行のパスポートしか所持していない人は他の書類を用意する必要があります。

オリックス銀行カードローンで本人確認書類を提出する時の注意

オリックス銀行カードローンの申込みで本人確認書類を提出する時には、いくつか注意しなくてはならない点があります。

  • 有効期限が切れていないか
  • 現住所が正しく記載されている部分のコピーか
  • 顔写真部分がしっかりとコピーされているか
  • 必要のない情報は隠してもOK

まず、有効期限があるものは、期限が切れていると本人確認書類として認められないことがほとんどです。

運転免許証などの本人確認書類には必ず有効期限があるので注意しましょう。

運転免許証の有効期限は、ブルー免許証だと3年、ゴールド免許証だと5年、またパスポートの有効期限は5年または10年です。

そして本人確認書類を提出する理由は現住所と氏名を確認するためなので、大事な部分がはっきりと分かるようになっていなくてはなりません。

次回の切り替えまでに引越しをして住所が変わることもありますが、その場合は必ず新住所の記載が必要です。

運転免許証とパスポートはどちらも顔写真付きの書類なので、必ず顔と現住所、氏名が分かる部分をコピーして提出しましょう。

また、本人確認書類として提出する書類には、カードローン申込時に伝えなくても良いデリケートな個人情報が記載されていることもあります。

【審査に不要な個人のデリケート情報】
  • 本籍地
  • 個人番号
  • 通院歴
  • 臓器提供意思表示
  • 保険医療情報

本人確認書類に上記の様な情報が記載されていたら、コピーを取った画像データの該当部分を塗りつぶしてからオリックス銀行へ提出しましょう。

オリックス銀行カードローンの所得証明書類

オリックス銀行カードローンへ所得証明書を提出する必要がある場合は、一体どの様な書類を用意すればよいのでしょうか。

会社勤めのサラリーマンやOL、あるいはバイトやパートの場合は、所得証明書には以下の物が必要になります。

【勤めている方のオリックス銀行カードローン所得証明書類】
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書(その2)
  • 住民税通知書または課税証明書
  • 確定申告書

金融機関によっては直近2ヶ月の給与明細書でも所得証明書として認める場合もありますが、オリックス銀行カードローンの必要書類の欄には給与明細書の記載はありません。

給与明細書でも認めてくれるかどうかは、直接オリックス銀行カードローンの窓口に相談した方がよいでしょう。

会社勤めの方やアルバイトやパートの方は、給与明細以外の所得証明書は、1年以上の勤続年数がないと収入が低くなってしまいます。

少なくとも1年以上の勤続年数がある人じゃないと、審査面では厳しいかもしれません。

個人事業主、会社経営の方は、以下のいづれかの書類が必要になります。

【個人事業主・会社経営者のオリックス銀行カードローン所得証明書類】
  • 確定申告書
  • 住民税通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)

所得証明書(収入証明書)の提出を求められる時

オリックス銀行カードローンで所得証明書の提出が求められるのは、以下のようなケースがあります。

  • 申込者が個人事業主やフリーランス
  • その他審査状況によって必要だと判断された時

個人事業主やフリーランスで仕事をしている人は、収入が安定しているかどうかの証明がしにくいため、所得証明書の提出を求められる事が多いです。

他に借入があり、返済能力について不安要素がある時も所得証明書の提出を求められるかもしれません。

あるいは職業が不安定な業種、収入がちゃんとあるか怪しいと判断された場合も所得証明書の提出を求められるでしょう。

オリックス銀行カードローンは、どのタイミングで何を提出する?

オリックス銀行カードローンでは、本人確認書類は申込時に用意する様にとの記載があります。

手続きがスムーズにいくためにも、オリックス銀行カードローンの申込みをする前に運転免許証などの画像データを撮っておくとよいでしょう。

オリックス銀行カードローンへ申し込んだ後に所得証明書類を用意しても十分に間に合いますが、慌てないように源泉徴収票や確定申告書は常日頃からきちんと保管しておくことが大切です。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • オリックス銀行カードローンの申し込みでは、本人確認書類の提出は必ず必要
  • オリックス銀行カードローンへ提出する本人確認書類の画像コピーは、有効期限や必要情報がしっかりと写っているかを確認すること
  • 個人事業主やフリーランスなどは、所得証明書の提出を要求されることがある

▲ このページの上部へ