オリックス銀行カードローンは学生・専業主婦・フリーターはOK? 

オリックス銀行カードローンに無収入の専業主婦や無職の学生、フリーターは申込みが出来るかについて解説をしています。

ノートPCを使っている主婦

低金利で利用限度額が大きい好条件のカードローンは審査が厳しく、低収入の人ではなかなか利用が難しいものです。

でも、学生やフリーター、専業主婦の人でもお金を借りたくなることはあるでしょう。

高額融資じゃなくてもいいから、ほんの少しだけお金を借りたくなるシーンは生活の中で沢山あります。

例えば学生だと学費、専業主婦は生活費や教育費、フリーターだと突発的な医療費などもカードローンで賄えれば助かります。

収入があまり多くない人こそ、低金利のオリックス銀行カードローンは魅力的ですよね。

学生、専業主婦、フリーターでもオリックス銀行カードローンは利用できるのでしょうか。

→ オリックス銀行カードローン申込み

主婦の申込みは可能だけど条件に注意

主婦であってもオリックス銀行カードローンへの申込みはできますが、申込条件を見てみると、「安定した収入がある人」と記載されています。

収入のある主婦ならいいのですが、収入のない専業主婦はオリックス銀行カードローンに申し込めません。

貸金業法が改正されてから年収の3分の1まで借入額が制限され、専業主婦が簡単にお金を借りることができなくなりました。

しかし、銀行は貸金業法の対象外なので、銀行カードローンの中には専業主婦でも申し込める商品があります。

ただし、専業主婦が利用可能な銀行カードローンは、当然、旦那などの配偶者に所得があることが必須で、審査もかなり厳しいです。

オリックス銀行カードローンの場合は、独自に申込条件を設定し、個人の収入が全くない人の申込みはできないようになっています。

そのためオリックス銀行カードローンは、残念ながら専業主婦の利用はできません。

主婦の方は、月々安定した収入があって、それを証明することができればよいのです。

たとえパートでも長期勤続をして安定した収入を得ていれば、主婦でも申し込み後に、審査通過できる可能性は十分にあります。

子供が成長していくと色々とお金が必要になります。

家庭環境の変化を考えて、銀行カードローンの利用ができるように、専業主婦の方は長期パートを始めてみるのもよいと思います。

オリックス銀行カードローンに学生は申し込める?

学生の方でも、オリックス銀行カードローンを利用できればとても便利ですよね。

ですが、残念ながら例えバイトをしていたとしてもオリックス銀行カードローンでは、学生は申込不可となっているので、学生の方は借入れの申し込みは出来ません。

消費者金融系カードローンへの申込み

学生だとカードローンは利用できないイメージが強いですよね。

しかし、必ずしも学生だからといってカードローンの利用ができないわけではありません。

一般的に消費者金融系カードローンの年齢制限は満20歳以上となっています。

学生でも「年齢」と「月々、安定した収入がある」という必須条件さえクリアしていれば消費者金融系のカードローンに申込みができます。

年齢は自分自身ではどうにもなりませんが、収入は働くことによって得ることができます。

学生でも夜間学校に通いながら昼間働いている人もいますし、長期アルバイトで安定した収入を得ている人もいます。

継続的に安定した収入があることさえ証明できれば、消費者金融系カードローンの審査に通過する可能性は十分にあります。

急に学費や資格試験の費用でお金が必要になった時などには、返済計画をしっかりと練った上で消費者金融系カードローンを上手に活用できないかを考えてみると良いです。

→ 消費者金融系カードローン申込み

フリーターはオリックス銀行カードローンに申込み可能?

フリーターは正規雇用じゃないという点で、かなり社会的な信用度は低いです。

一昔前まではフリーターでもキャッシングやクレジットカード作成が容易にできたものですが、今は非常に厳しくなりました。

その原因は貸金業法の改正によって敷かれることになった、総量規制です。

総量規制は年収の1/3まで借入を制限するルールの事で、返済能力を超えた借入を防ぎ、返済困難に陥らないようにするための処置です。

ところが総量規制ができたことによってカードローンやキャッシングによる借入れに制限ができ、審査が非常に厳しくなりました。

低収入の人はより借金が難しくなりました。 フリーターの方は、借入審査面で不安要素はあるものの、絶対にオリックス銀行カードローンが利用できないわけではありません。

フリーターの方でも、年齢と安定した収入という2つの条件がクリアできれば、申込みができます。

以前は低収入だとオリックス銀行カードローンの申込みはできなかったのですが、2014年10月に新生フィナンシャル(株)がオリックス銀行カードローンの保証会社に加わったことで、審査の幅が広がりました。

フリーターでも安定した収入さえ証明できれば、オリックス銀行カードローンの審査に通過する可能性が十分にあります。

フリーターが安定した収入であることを証明するには、同じ勤務先で一定以上の給料を継続的に貰っているかどうかがカギとなります。

あちこちのアルバイト先を掛け持ちし、月によって著しく給料が少ない時があるようなら安定した収入とは言えないでしょう。

ですから収入は多くても、短期アルバイトや日雇いは安定収入とは認められず、オリックス銀行カードローンの利用はかなり厳しくなります。

給与明細書や源泉徴収票でも安定した収入の証明ができるので、必要時はすぐに提出できるように用意しておきましょう。

収入証明書の提出を求められるかも

パートやアルバイトは簡単に職場を辞めたり、仕事が無くなってしまったりすることが多いものです。 仕事が減ってしまうと時給計算のアルバイトは収入がすぐに減ってしまいます。

そのため例え借入額が少なくても、お金を貸し出す金融機関は正規雇用じゃない場合は収入が本当に安定しているかどうかを収入証明書で確認しようとします。

給料を貰っている人は、収入証明書として源泉徴収票や住民税通知書または課税証明書、納税証明書(その2)のいずれかをオリックス銀行に提出する必要があります。

住所がある地域を管轄している役所では、オリックス銀行カードローンの収入証明書として利用できる市県民税証明の交付を申請することができます。

市県民税証明は、役所で発行する公的な証明書なので課税証明書として認められるのですが、課税証明書は前年の収入を元に算出されます。

その為、1年以上勤務していないと収入が少ないと判断されるため、審査面ではかなり厳しくなります。

つまり、オリックス銀行カードローンの審査では、正規雇用の方よりもフリーターやパート勤務の方は、勤続年数がより重視されるということです。

社会保険加入だと審査面で有利?

アルバイトやパートでも、社会保険に加入ができます。

健康保険の種類が国保ではなく社会保険だと、パートやアルバイトでもオリックス銀行カードローンの審査で有利になると言われています。

社会保険に加入できるのは、正規雇用社員の3/4以上の労働時間であることと、一定以上の雇用契約期間があることが条件になります。

つまりアルバイトでも社会保険に加入できるのは、長期雇用が見込まれた時になります。

社会保険に加入している時点で安定した収入が証明されるため、オリックス銀行カードローンの収入面での申込条件はクリアできます。

そのため、もし社会保険の加入条件を満たしているのなら社会保険に加入しないのは勿体ないです。

なお、事業主は、従業員を社会保険未加入とすると、法律違反となり事業主は罰則対象(健康保険法第208条)となります。

もしかしたら自分は社会保険に加入できるかもと思ったら、勤務先に相談してみると良いでしょう。

内職主婦はどうすればいい?

外へ働きに出ていなくても、毎月一定以上の安定した収入があればオリックス銀行カードローンの利用ができるかもしれません。

内職主婦でも収入さえ安定していれば、融資を受けられる可能性は十分にあります。

ここで大事なのはやはり安定した収入を証明するという点です。 内職だと複数の取引先から仕事を請け負っていることも多く、給与明細書というものが存在しません。

ですが、内職でもある程度収入があるのなら税務署への確定申告が必要となります。

毎年きちんと確定申告をしている人であれば、収入を証明する公的な書類である確定申告書類があるので、オリックス銀行カードローンの申込時に写しを提出できます。

いくら収入が多くても、内職を初めてほんの数ヶ月であれば安定収入を証明することは難しいです。 その場合はオリックス銀行カードローンの申込条件を満たすことすら難しいかもしれません。

内職を初めてさほど月日が経っていないのであれば、安定収入を証明できる書類を用意できる様になるまで申込みを待つか、所得なしの専業主婦でもOKな他の銀行カードローンへの申込みを検討した方がよいでしょう。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • オリックス銀行カードローンは、パートやバイトをしている主婦の申込みはOKだが、専業主婦の申込みはNG
  • フリーターは、年齢が20歳以上で、継続的なアルバイトをしていれば申し込み可能
  • 内職でも安定収入を証明できれば、オリックス銀行カードローンに申し込み可能

▲ このページの上部へ