オリックス銀行カードローンのメリットとデメリット【特徴を徹底解説】

オリックス銀行カードローンのメリットとデメリットについて説明をしています。

チェックシート

銀行カードローンの中で、ジワジワと人気が出てきているのがオリックス銀行カードローンです。

しかし、一般的にはまだまだ知名度は高いとは言えません。

そこで他銀行カードローンと比較しやすいように、メリットとデメリットをまとめてみました。

→ オリックス銀行カードローン申込み

銀行の安心感もあり手軽感もある

市民権を得ているように思える消費者金融のキャッシングですが、やはりあまりいいイメージを持たない人もいるものです。

その点やはり銀行だと安心感があり、「お金を借りるなら銀行から」と頑なに考える人もまだまだ多いです。

そんな人でも安心して借りられるのがオリックス銀行です。 オリックス銀行はメガバンクに比べると知名度はまだまだですが、れっきとした銀行です。

銀行は安心感がある半面、営業時間が短く使いづらいというイメージもあります。 オリックス銀行は銀行なのにネット利用に特化している為、とても手軽に利用できます。

オリックス銀行カードローンはネットからの申込みだけで済むので、わざわざ店舗に出向く必要はありません。

低金利で安心感のある銀行カードローンが、ネット完結で申し込めるのです。 もちろんカードローンなので、利用限度額の範囲内で何度も借入と返済を繰り返せますし、使用目的は自由です。

また、銀行カードローンだと申込時にその銀行の口座開設が必須となることが多いです。 地方銀行カードローンだと申込エリアが限定されていることもあります。

しかしオリックス銀行カードローンは日本全国どこからでも申し込めますし、わざわざ銀行の預金口座を開設する必要はありません。 手持ちの他行の銀行口座を返済用の口座に指定することができます。

在籍確認の電話が職場に掛かってきても、銀行という名前がついているとイメージが良く言い訳もしやすいというメリットもあります。

審査面・申込面でのメリット

銀行だから審査が厳しいのではないかと思われがちですが、保証会社が2社ある為、アルバイトでも審査通過できる可能性があるのもメリットのひとつです。

異なる審査基準を持つ2つの保証会社がある為、1つしか保証会社がない銀行より審査通過できる属性(※1)の人が増えたと考えられます。

※1:銀行は、借入れ申込者の職業や職種、勤続年数や住居の種類、保険証の種類、他社借入れ状況などの個人情報をもとに審査を実施して融資可否の判断をします。この審査の際に利用するすべての個人情報のことをまとめて「属性」と呼びます。

手数料無料と少額返済

オリックス銀行カードローンでお得な事といえば、やはり提携ATMの利用手数料が無料な点ではないでしょうか。

消費者金融のキャッシングだけではなく、ネット専業銀行のカードローンも提携ATMを利用する時には手数料が掛かることが多いです。

カードローンは、借入と返済を幾度となく繰り返す利用方法が一般的なので、提携ATMの利用手数料はバカになりません。

ネット専業の銀行であれば普通の銀行のように自社ATMが無いので、提携先金融機関のATM利用は必須です。 オリックス銀行カードローンは自社ATMはありませんが、提携ATMでも利用手数料が無料です。

しかも1,000円単位での借入と返済ができる為、返済計画は個々の方の事情に合わせやすいです。

カードローンの中には1万円単位じゃないと借入や返済ができないことがあります。 でもオリックス銀行カードローンなら、1,000円からでもお金を借りたり、返せたりできます。

オリックス銀行カードローンなら、こまめに返済してもムダな費用が掛かりません。 臨時収入があったときなどに積極的に返済をして、返済期間を短縮させることができます。

オリックス銀行カードローンは提携金融機関がとても多い!

オリックス銀行カードローンではATMの利用が欠かせないのですが、オリックス銀行にはなんと自社ATMが1台もありません。

デメリットにもなりそうですが、オリックス銀行カードローンは提携金融機関のATM台数が非常に多いので欠点をカバーできています。

オリックス銀行カードローンの主な提携金融機関は、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などがあります。

他にもコンビニの提携ATMやセブン銀行、イオン銀行の提携ATMを利用できます。 オリックス銀行カードローンの提携ATMの数はなんと日本全国に97,000台以上もあります。

利用手数料は掛からないので、例え自社ATMがなくても提携先ATMで十分なのです。 コンビニであれば日本全国に点在していますし、利用時間帯も長いので忙しい人にもピッタリです。

また、ジャパンネット銀行の口座を持っているなら、土日祝祭日でも即時(※2)で自分の銀行口座へ振り込む(※2)振込融資を受けられます。

オリックス銀行カードローンには、店舗窓口と自社ATM、自動契約機がありませんですが、提携先金融機関との連携により十分便利に利用することができます。

※2:カード発行後に登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録すれば利用可能

店舗が無いのはデメリットでもある?

オリックス銀行は店舗窓口もありませんし、自社ATMも自動契約機もありません。

いわゆるインターネット専業銀行と言われる銀行で、手続きの大半はネットのみで行います。

その為、インターネットに疎い人にとっては使いづらいという欠点があります。

普段インターネットを利用する人でも、お金に関わる事はできるだけネットを避けたいという人も多いです。

  • 融資について相談したい
  • 即日でカードを受け取りたい
  • 大事な情報変更を行いたい

対面窓口で行いたいという手続きは、他にもあるでしょう。

しかしオリックス銀行には通常の銀行のような店頭窓口が無い為、ネットで申し込んだりネットから問い合わせ窓口に連絡をしたりするしかないのです。

また、自動振替の口座にはネット専業銀行を指定できない事が多いです。 オリックス銀行もネット専業銀行に当てはまる為、自動振替の口座には指定できません。

つまり、オリックス銀行カードローンの返済用口座として、オリックス銀行の口座は指定できないということです。

そのためオリックス銀行カードローンに申込む時に、オリックス銀行の口座開設は必須とはなっていません。

審査は決して甘くない

保証会社が2つあることで審査通過できる人の幅は増えましたが、決して審査が甘いという訳ではありません。

まず、当然ですが収入が安定していなくてはなりませんし、在籍確認も必須です。

多少収入が少なくても安定さえしていれば審査通過の可能性もありますが、多重債務者だと落とされてしまう可能性が十分にあります。

それに他の金融機関では即日融資が当り前になっているのに、オリックス銀行カードローンは審査に掛かる時間が長いです。

審査自体は即日可能となっていますが、実際には翌日以降の連絡になることが多いです。

オリックス銀行カードローンは、仮審査が終わった後の本審査、それからローンカードが届くまで待たないといけない為、お金が借りられるようになるのは申し込みから約1週間後です。

オリックス銀行カードローンは、今すぐお金を借りたいという人にとっては、なかなか手が出しにくいカードローンなのです。

金利は決して低くない

銀行カードローンといえば、低金利というイメージがあるでしょう。

実はオリックス銀行カードローンは、銀行の割には決して低金利ではないのです。

最高金利は17.8%(実質年率)なので、消費者金融並みと言えるでしょう。 ただし最低金利は1.7%(実質年率)で、利用金額によって段階的に金利が下がります。

つまり、オリックス銀行カードローンは、多額の融資を受けられる人には金利面でもメリットがあるカードローンと言えます。

しかし年収が少ない人が何とかオリックス銀行カードローンで審査に通ったとしても、利用限度額は少なく適用金利はほぼ確実に最高の17.8%(実質年率)になります。

以前より低収入の人でも利用できる可能性が広がったのですが、30万円以下の少額利用であればオリックス銀行カードローンを利用するメリットは少ないです。

消費者金融に抵抗がないなら、かえってプロミスなどのスピード審査キャッシングを利用した方がよいかもしれません。

このようにオリックス銀行カードローンには向き不向きがありますので、申込前にはしっかりと特徴を把握しておくことが大事です。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【オリックス銀行カードローンのメリットまとめ】
  • 銀行なので、利用の際に安心感がある
  • インターネットからの申込みだけで、すべての申込手続きを完了させることができる
  • 申込み後の審査を行う保証会社2社の内、1社の審査に通過すれば審査は合格となる
  • コンビニや銀行に設置されている提携ATMの利用手数料が、常時無料
  • 提携ATMでは千円単位でお金を借りたり、返済をすることが出来る
  • 日本全国に設置されている提携ATMの数は、9万7千台以上もある
  • ジャパンネット銀行口座を持っていれば、いつでも瞬時に口座へ振り込む(※2)振込融資が可能
【オリックス銀行カードローンのデメリットまとめ】
  • オリックス銀行には店舗窓口がないので、パソコン操作やインターネットが苦手と言う人には使いづらい
  • オリックス銀行の銀行口座を持っていたとしても、オリックス銀行カードローンへ返済するための自動引き落とし銀行口座には指定できない
  • 保証会社が2社あるが、審査は決して甘くない
  • 初めて利用する方、または少額しか借り入れしない方にとっては貸付金利が低いとは言えない

▲ このページの上部へ