オリックス銀行カードローンの審査時間・審査日数について

オリックス銀行カードローンは審査完了までにどれぐらい時間が掛かるかについて述べています

時計

銀行からお金を借りる場合には長い審査時間を待たなくてはいけませんでした。

しかし今では銀行カードローンでもスピード審査・融資が普通になっています。

オリックス銀行はカードローンで人気のある銀行のひとつですが、具体的にどれくらい審査時間が掛かるのか見てみましょう。

→ オリックス銀行カードローン申込み

審査時間のスピードは保証会社による

銀行で借入申込をすると、かなり審査時間がかかってしまいます。

酷い場合は2週間ぐらいかかることもあるでしょう。

しかし最近では、銀行でもかなり審査スピードが早くなっています。 いったいなぜなんでしょうか?

それはカードローンの貸付は銀行が行っていますが、審査は保証会社が行っているからです。

保証会社とは、カードローン利用者がお金を返せなくなったときに、代わりにお金を立て替えて銀行へ支払う保証人のような役割をします。

もちろん、ただお金を立て替える訳ではなく、その後には保証会社から利用者へしっかりと取立てが行われます。

銀行の借入といえば保証人が必要な事が多かったものですが、保証会社を立てる事によって無担保・保証人不要のローンが実現できました。

そして保証会社は保証人としての役割だけではなく、審査を代行して行う役割もあります。

銀行がどの保証会社を利用しているかはそれぞれ異なりますが、その保証会社の審査が早いかどうかで銀行カードローンの審査スピードは変わってくるのです。

最近の銀行カードローンの審査時間が早いのは、保証会社が消費者金融だからです。

消費者金融は個人向けの無担保小口ローンを得意としており、審査が早いです。 消費者金融に審査を委託しているから最近の銀行カードローンは審査がスピーディに行われます。

銀行カードローンの申込詳細を良く見たら、審査はどこの会社が行うと書いてあるはずです。 気になるなら、申込み前にしっかりチェックしましょう。

オリックス銀行カードローンの審査時間は決して早くない

オリックス銀行のカードローンは、わざわざ銀行窓口に訪問して申し込む必要はありません。

24時間いつでもどこでも、ウェブサイトからカードローン申し込みができます。 非常に使い勝手が良い銀行で、最短で即日審査も可能としています。

しかし、ここで気を付けて欲しいのは、「最短で即日審査」という点です。 即日なのはあくまでも最短で可能な時間で、条件によっては翌日以降になる可能性もあるということです。

公式ホームページを見ると審査回答は2~3日を目処としているとなっています。 即日審査が可能とはいっても、実は他の即日融資系カードローンに比べると特別に審査スピードが早い訳ではないのです。

土日を挟むとさらに審査は先延ばしになるので、タイミングが悪ければ審査回答まで4日ほど待たなくてはいけないこともあります。

また、オリックス銀行カードローンで最短即日で終了する可能性があるのは、あくまでも審査のみです。 契約して融資に至るまでの時間については、また別の話しになります。

オリックス銀行カードローンは審査に通過したら自宅へローンカードの発送をするので、到着するまでに時間が掛かります。

最短即日の審査が実現できたとしても、審査終了時間が遅いとカード発送のタイミングも遅れて、実際にお金を借りるまでに申込みから1週間以上掛かってしまうこともあります。

オリックス銀行カードローンの保証会社は2つ

オリックス銀行カードローンは他の銀行とは違い、保証会社が2つあります。

保証会社とは、借入申し込みがあった際の審査を行う会社の事です。

消費者金融の場合は元々個人向けの小口融資を行っているため、保証会社を設けず審査から融資までスピーディーに手続きをすることに長けています。

しかし銀行は以前は事業性融資を主力として扱っており、担保・保証人が必要ない個人向け融資はあまり行っていませんでした。

銀行が、現在のニーズに合わせてスピーディーな個人向け無担保カードローンの提供を行うには、申込みの際に審査を行ってくれる保証会社を利用した方が効率が良いのです。

そのため、一般的に銀行カードローンでは、審査を行う保証会社が別にあるのです。

オリックス銀行では2014年10月31日から保証会社が変更になり、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の2社になっています。

保証会社が2つという点は、カードローンの利用者にもメリットがあります。

それは2つの保証会社は審査基準が異なるからです。 一方の審査に落ちてしまった人でも、異なる審査基準を持つもう一方の審査に通る可能性があるのです。

保証会社が2つで二重申し込みにはならない?

保証会社が2つだと二重申し込みにならないのかという疑問を持つ人もいるようです。

しかしそんな事はありません。

オリックス銀行カードローンに申込みがあると、まずはオリックス・クレジット(株)による審査があります。

そこで審査通過すれば新生フィナンシャル(株)による審査は行われませんが、落ちてしまったら2社目の新生フィナンシャル(株)の審査が始まります。 もちろん、わざわざそれぞれに申込む必要はありません。

当然のことながら、1社目のオリックス・クレジット(株)で審査に通過しなかった人は、2社目の新生フィナンシャル(株)の審査を受けることになるので、トータルの審査時間は長くなってしまいます。

オリックス銀行カードローンは保証会社が2社なので審査通過できる可能性が広がる分、人によっては長い審査時間を待たなくてはいけないのです。

審査に時間がかかってしまうとき

人によって審査に掛かってしまう時間が異なります。

まず、最初の保証会社で審査が通らなかったときは審査時間がかかります。 1社目で審査落ちした後に2社目で審査をしなくてはいけないため、時間がその分余計にかかります。

そして銀行カードローンでも、申込みが増えて混雑している期間もあるからです。 カードローンの繁忙期はとにかくまとまったお金が必要になる季節です。

例えばゴールデンウィーク、お盆や年末年始、そして引越しをする人が多い春先などです。

そのようなときにはカードローンに申込む人が多くなるため、普段より審査に時間が掛かってしまうことがあります。

特に銀行は貸付だけではなく他の業務もありますから、より多忙になり審査に時間が掛かってしまうことになります。

少しでも時間を短縮するためには、必要な物を前もって揃えておく、申込書に不備がないようにチェックするしかありません。

もし1週間経っても音沙汰がないなら、連絡を待たずこちらから連絡して審査結果の問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

少しでも審査時間を短縮!即日審査してもらうには?

オリックス銀行はカードローンの審査に何週間も掛かる訳ではありません。

しかしそれでも多少時間が掛かってしまう恐れがあるので、時間短縮するためにいくつかポイントを抑える必要があります。

審査時間短縮のために一番大切なポイントは、申し込むタイミングです。

オリックス銀行カードローンはウェブから申し込む方法が主流なので、24時間体制で受け付けています。

しかし審査や確認の電話は、オリックス銀行の営業時間でないと始まりません。

そのため、少しでも早く融資をしてもらいたいなら、必ずオリックス銀行が営業している平日を狙って申込みをしましょう。

また、1社目の保証会社に落ちてしまうことを見据えて、時間に余裕を持って申し込むことが大切です。

オリックス銀行カードローンへの申込みは、できれば平日の午前中までには全ての申込み手続きを済ませておいた方がよいでしょう。

審査は即日で終了してもその後の融資スタートまでには時間が掛かります。

オリックス銀行カードローンに週末に申込んでしまうと土日の休みを挟んで手続きが遅くなる恐れがあるため、週末ではなく週の頭から半ばまでの期間に申込んだ方がよいです。

また、仮審査に通過すれば、オリックス銀行から申込内容を確認するための電話が掛かってきます。

携帯電話は常に連絡を取れるようにするか、着信があればすぐにかけ直せるようにしておきましょう。 そうすることで無駄な審査時間を掛けずに済みます。

ただし、年齢制限などの申込み条件を満たしていない場合にはどうしようもありません。

オリックス銀行カードローンに申込みをする前に、オリックス銀行公式サイトで申込み条件をクリアしているかをしっかりと確認しましょう。

以上のポイントを抑えて申し込めば、最短で即日審査が終わり即ローンカードの発送手続きへと入ります。

早ければ2日程度で自宅へオリックス銀行のローンカードが届き、提携ATMを利用して融資を受けられるようになります。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • オリックス銀行カードローンの審査時間は、最短即日
  • 土日を挟むと審査日数に数日掛かり、実際に借入出来るまでに1週間以上掛かる場合も
  • オリックス銀行カードローンの保証会社は2社あり、どちらかの審査に通過すれば審査はOKとなる
  • 1社目の保証会社の審査に落ちた場合、次の2社目の審査が行われるが、当然のことながら審査時間は長期化する
  • 審査時間を短縮するには、平日午前中に申し込む、また週の前半に申込む様にする
  • 審査時間を短くするには、申込み直後のオリックス銀行からの確認電話を確実に受け取る様にする
  • 当然のことだが、オリックス銀行カードローンの申込み条件を満たしている必要あり

▲ このページの上部へ