オリックス銀行カードローンでコンビニ提携ATM・銀行提携ATMを徹底活用

オリックス銀行カードローンの提携ATMについて詳しく解説をしています。

提携ATM

「オリックス銀行ってどこにあるの?」と思って調べてみても、見つかりません。 それもそのはず、オリックス銀行には店舗窓口がないからです。

それだけではなく自社ATMもありません。 窓口や自社ATMがないオリックス銀行カードローンは利用する際に不便に感じるのでしょうか?

結論を言えば答えは「いいえ」で、不便なことはありません。 コンビニ提携ATM、提携先金融機関の提携ATMを徹底活用できるから、とても便利なカードローンなのです。

→ オリックス銀行カードローン申込み

カードローンの見落としがちな手数料

カードローンを利用するなら、やはり少しでも低金利の方がよいと思うものです。

なぜなら金利が低ければその分、返済したお金はより多くが元金へ充当されるからです。

しかし、いくら低金利でも金利手数料以外で手数料が掛かってしまっては、意味がありません。

例えばある消費者金融では、提携ATMを利用すると、返済額が1万円以下は108円、1万円超だと216円も利用手数料がかかるケースがあります。

10万円を年利18%で借りた場合の1ヶ月間の金利手数料は1,500円、1日辺り50円になります。 つまり、提携ATMの利用手数料は1日辺りの金利手数料より高くなるケースがあるのです。

少しでも早く返済を終わらせるにはお金に余裕ができたときに、その都度、随時返済をするのがよいのですが、無駄な手数料がかかると金利以上の出費となってしまいます。

また、返済できる提携ATMや窓口が少ないと、指定された銀行口座への銀行振込で返済せざるを得ないこともあります。

銀行振込で返済する場合は、振込手数料は利用者負担になってしまうのが一般的です。

その他、返済できる場所へ行くまでの交通費など、見えない費用が発生するので、低金利だから便利で良いカードローンとは言い切れないのです。

オリックス銀行カードローンの提携ATM利用手数料は無料!

金融機関は、提携ATMを使うと利用手数料がかかることが意外と多いのですが、それでも自社ATMを利用する場合は手数料はかからないのが一般的です。

(ただし、自社ATMでも早朝や深夜、土日だと時間外手数料がかかる場合はあります。)

オリックス銀行は自社ATMはありませんし、借入れや返済できる店舗窓口もありません。

オリックス銀行カードローンを利用した場合は、提携先のATMを使わざるを得ないので、借入れや返済時の手数料を節約できないのではないかと思われがちです。

ですが、オリックス銀行カードローンの場合、提携ATMの利用手数料がかからないのです。 提携先のATMを利用しても手数料は無料なので、安心して借入と返済ができます。

しかも提携先のATMはコンビニ提携ATMや三井住友銀行、三菱UFJ銀行の提携ATMなど、日本全国になんと97,000台以上もあります。

全ての提携ATMで手数料は無料、そして1,000円単位の借入と返済ができます。

提携ATM利用手数料が無料なのでお財布に余裕ができたときにこまめに返済ができますし、借入単位が千円なので必要最低限の借入で済ませることもできます。

提携ATMでは利用手数料がかからないので、手数料は純粋に金利のみで済みます。

提携ATMでは利用手数料が無料だと低金利を最大限に生かし、無駄に借金を増やすことなく最短で完済させることもできるのです。

カードローンは提携ATMの数が多いものがよい

カードローンのメリットのひとつといえば、利用可能枠内だと何度でも借入と返済を繰り返せることではないでしょうか。

どうしても給料だけでは家計のやり繰りができない月に、利用可能なカードローンがあれば便利です。

でもせっかくカードローンのカードがあっても、利用できるATMが近くに無ければ意味がありません。

カードローンを選ぶときの比較条件のひとつとして、利用可能なATMの数は重要なポイントとなります。

最近では多くのコンビニ店舗内には提携ATMが設置されており、自分の口座からお金を下ろすときにもとても便利になりました。

もちろん、オリックス銀行カードローンもコンビニ内に設置されている提携ATMを利用することができます。 コンビニはよほどの田舎でもない限り、探すのに苦労することはありません。

つまり、オリックス銀行カードローンは、提携ATMの数が多いので利便性が良いと言えます。

オリックス銀行カードローンが利用できるコンビニ・スーパー系の提携ATMは以下の通りです。

  • セブン銀行ATM(セブンイレブンなど)
  • イーネット(ファミリーマートなど)
  • ローソンATM(ローソン)
  • イオン銀行(イオン系のスーパー)

ただし、全てのコンビニ店舗で提携ATMが設置されているとは限りません。 ローソンの場合だと店頭に「ATM」のマークを掲げているのかが、提携ATMの有無の目安になります。

詳しくは事前に近所のコンビニをチェックしておくか、各コンビニの公式サイトで提携ATMの設置場所を調べておくとよいでしょう。

コンビニの提携ATMの稼働時間は24時間?

コンビニはご存知の通り、24時間営業だから、設置されている提携ATMも24時間いつでも借入と返済ができて便利そうですよね。

しかし実際には利用可能時間は提携ATMによって異なり、微妙に使えない時間帯もあるので要注意です。

一般的にコンビニの提携ATMの場合、「23:50~0:15」と「3:00~4:10」、「システムメンテナンス時」以外は、平日・週末関係なく365日いつでも利用可能となっています。

銀行店舗内の提携ATMもかなり稼働時間は長くなっていますが、コンビニの提携ATMに比べると短めです。

銀行の提携ATMは、夜間は使えないところが多いので、いつでも使えるコンビニの提携ATMは必須です。

また、通常だと提携ATMの利用可能時間帯でも、突発的にシステムメンテナンスを行うことがあります。

システムメンテナンスは長くかかることはあまりないのですが、約定返済時に提携ATMを利用できなかったら困ってしまいます。

メンテナンスのために提携ATMが使えなくて約定日の日付を超えてしまい、返済遅延になってしまうと遅延損害金が発生してしまいます。

必ず利用できる提携ATMは複数チェックしておき、約定日ギリギリの返済はせずに余裕をもった行動をとりましょう。

こまめな返済で返済期間を短縮しよう

オリックス銀行カードローンは、全国の提携ATMで1,000円単位の借入と返済ができます。

少額返済ができても提携ATMの利用の際に手数料が掛かったら意味がないのですが、オリックス銀行カードローンは手数料が無料なので安心です。

臨時収入があったとき、出費を抑えることができたとき、その都度こまめに返済していけば元金は徐々に減っていき、返済期間を短縮することができます。

また、平日の銀行窓口営業時間内に限り、銀行提携ATMで1円以上1円単位の硬貨での返済(入金)をできる場合があります。

1円単位の返済は、三菱UFJ銀行と三井住友銀行、西日本シティ銀行の店舗内提携ATMで一部を除いて利用可能です。

月々決められた約定返済以外にも、普段の節約で浮いた少額のお金をすべて借金返済に回すようにすれば、返済はかなり捗ります。

オリックス銀行カードローンは提携ATMで一括返済ができる

一括返済したい場合、どうしても端数が出てしまうため通常なら提携ATMは利用できません。

でもオリックス銀行は店頭窓口がないので、窓口で一括返済の手続きするという方法は採れません。

通常だと店頭窓口で返済ができなければ振込手数料がかかる銀行振込で返済するしかありませんが、オリックス銀行カードローンなら提携ATMでも一括返済ができます。

提携ATMを使って一括返済をするは場合、硬貨の入金ができる機械を探さなくてはなりません。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行、西日本シティ銀行の提携ATM(一部を除く)であれば、1円単位で硬貨の入金ができます。

ただし最大入金は200万円までと決められている為、それ以上の金額だと数回に分けなければなりません。

どうしても硬貨入金ができる提携ATMが近所にない場合でも、銀行振込以外で一括返済する方法があります。

約定返済を口座引落に設定する人ならメンバーズナビから増額返済申し込みを利用する方法があります。

増額返済申し込みを行い、一括返済の金額に合わせて引落金額を増やすことで、一括返済をすることができます。

店頭窓口がないオリックス銀行ですから、提携ATMの活用は必須です。 約定返済や追加返済だけではなく、一括返済も上手に提携ATMから行うようにしましょう。

→ オリックス銀行カードローン申込み

【まとめ】
  • オリックス銀行カードローンは提携ATMで借入・返済をした場合に、利用手数料が一切掛からないのでお得に利用できる
  • オリックス銀行カードローンは利用可能な提携ATMの数が多いので使い勝手が良い
  • コンビニ店舗内に設置されている提携ATMは年中無休でほぼ24時間利用可能
  • オリックス銀行カードローンは提携ATMの利用料が0円なので、金銭的に余裕がある時にこまめな返済ができる
  • オリックス銀行カードローンは提携ATMを使った一括返済も可能

▲ このページの上部へ