みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンの審査時に行われる在籍確認についての説明です。

在籍確認の電話

カードローンに申込む際にネックになるのが、在籍確認です。

できれば誰もが勤務先へ連絡をして欲しくないものですが、カードローンの申込みでは必要なものです。 みずほ銀行のカードローンの申込みでも、在籍確認は行われるのかを見てみましょう。

→ みずほ銀行カードローン申込み

みずほ銀行カードローンの在籍確認は必須

みずほ銀行のカードローン審査でも、在籍確認は必ず行います

在籍確認はローンの申込者の信用調査の一項目として、勤務先に電話連絡をして行います。

その目的は2つあります。

1つ目は申告した勤務先が架空の会社ではなく、本当に存在しているかどうかということです。 2つ目はその申込者が本当にその勤務先に在籍しているかということです。

勤務先の存在は所在地や社名などの情報で確認できるので、後者の目的が大きいです。 在籍確認は、まれに自宅へ連絡を行うことがありますが、みずほ銀行の場合は勤務先への電話連絡です。

在籍確認はどのように行うか

みずほ銀行のカードローン審査は、保証会社のオリエントコーポレーションが行います。

ですから在籍確認も実際はオリエントコーポレーションが行っています。

在籍確認のために勤務先へ連絡をする時は、みずほ銀行でもなくオリエントコーポレーションの社名でもなく、オペレーターの個人名で電話が掛かってきます。

本人が席を外していても、電話を受け取った人が応対して在籍が確認できれば問題ありません。

例えば電話口で「○○は席を外しております。」という対応をしただけでも、在籍確認は完了します。

在籍確認があれば審査通過はほぼ間違いなし?

なんとなくカードローンの利用は恥ずかしいという思いから、在籍確認もどうにか避けたくなります。

ネット上では在籍確認がなかったという意見もありますが不確かな情報なので、回避する方法はないと思っておいた方がよいでしょう。

みずほ銀行のカードローンは元々条件のよい融資商品なので、審査条件は厳し目です。 だからこそ在籍確認は必須条件なのです。

最近は個人で携帯電話を所有するのが当たり前なので、勤務先へ個人名で社員宛の電話が掛かってくることは不自然という職場も多いでしょう。

まずは自分が勤務している時間を指定し、自分が会社にいる時に電話を掛けてきてもらうのが一つの方法です。

通常、社員には電話を繋がないような会社なら、総務に相談し在籍確認の対応をしてもらえるかを確認してみましょう。

また、派遣社員は在籍確認が難しいと言われていますが、派遣元に前もって相談をすることで電話対応してもらえることがあります。

在籍確認は審査の最終段階で行うので、ほぼ審査に通過している可能性が高いです。

みずほ銀行は非常に信頼度の高い金融機関なので、勤務先に協力してもらい在籍確認をクリアする方法を考える様にしましょう。

→ みずほ銀行カードローン申込み

▲ このページの上部へ