みずほ銀行カードローンの使い方

みずほ銀行カードローンにはその特徴を生かした活用方法があります。

ローンカード

みずほ銀行のカードローンは、どのように活用したらよいのでしょうか。

低金利で限度額の大きいカードローンだからこそ、活用できるシーンは沢山あります。 賢いみずほ銀行のカードローンの使い方をさっそく見てみましょう。

→ みずほ銀行カードローン申込み

他借入からみずほ銀行への変更

みずほ銀行のカードローンは数ある銀行カードローンの中でも、業界最高水準と言われています。

その理由は、金利の低さと限度額の大きさにあります。

この様な低金利で限度額の大きいみずほ銀行カードローンなら、他借入からの変更に利用するのにも向いています。

高金利ローンからみずほ銀行カードローンに変更ができれば、支払う利息を縮小でき、返済期間も短縮できます。

増額を申請する

カードローンの審査に通過したのはいいけれど、思ったような金額じゃ無かったという時もあります。

でもカードローンの限度額は、途中で増枠することが可能です。 急な出費で他カードローンの申込みを検討しているという人は、みずほ銀行のカードローンで増枠を申請してみましょう。

増額の申込方法は、店頭と電話、そしてウェブがあります。 便利なのはやはりウェブを利用する方法です。

みずほ銀行の場合、増額したい時には改めてカードローンの申込みをして審査を受ける必要があります。

半年以上の利用実績があり、返済も滞ることもなく他社借入状況にも問題が無ければ増枠できる可能性が高いです。

また、みずほ銀行の方から増額案内が来ることもあります。 その場合はATMで増額が簡単にできます。

しかし、増額をしたいならいつ来るか分らない案内を待つよりは、自分から再申し込みした方がよいでしょう。

住宅ローンの利用で金利特典が受けられる

みずほ銀行で住宅ローンを利用している人は、金利特典が受けられます。

カードローン申込時に既にみずほ銀行の住宅ローンを利用中の人を対象として、みずほ銀行カードローンの金利が実質年率で0.5%低くなる金利特典を受けることができます。

住宅ローン利用による金利引き下げ適用後のみずほ銀行カードローンは、金利が年1.5%~13.5%となります。

住宅ローン利用中でも何かと現金のやり繰りが必要になることも多いでしょう。

その際にカードローンの利用が便利なのですが、消費者金融だと総量規制の借入制限(借入可能額は年収の1/3まで)を受ける可能性があります。

もしみずほ銀行の住宅ローンを利用中なら、別会社のカードローンに申込むのではなく、みずほ銀行カードローンに申し込んだ方が良いです。

→ みずほ銀行カードローン申込み

▲ このページの上部へ