みずほ銀行カードローンの審査時間と審査内容

みずほ銀行カードローンの審査時間は、銀行口座が無いとかなりの日数が掛かる場合があります。

お金

銀行のカードローンというと、消費者金融よりも審査時間がとても長く、審査も厳しいイメージがあります。

低金利のみずほ銀行カードローンはとても評判がいいのですが、どれくらい審査に時間が掛かるのでしょうか。 審査内容も併せて見てみましょう。

→ みずほ銀行カードローン申込み

審査時間はどれくらい掛かる?

みずほ銀行の口座を前もって持っているかどうかによって、カードローンの審査時間は大きく異なります。

カードローンを利用するには、みずほ銀行の口座が不可欠です。 もしみずほ銀行の口座を持っていなければ、口座開設から始めなければなりまません。

一番早く審査できるのは、みずほ銀行の口座を持っている状態でウェブから申込みをする方法です。 ウェブから申し込めば、早期に融資を受けることが可能です。

店頭申込みの場合は翌営業日に審査を開始するのですが、審査には2週間程度掛かることもあります

みずほ銀行の口座を持っていない場合は、カードローンの申込みと同時に口座開設の申込みもできるのですが、来店不要のネット申込みでも審査が完了し、カードが自宅に到着するまでに2週間程度掛かることがあります。

みずほ銀行カードローンの審査はどこが行うのか

実はみずほ銀行が直接カードローンの審査を行うのではありません。

保証会社はオリエントコーポレーションという信販会社です。 オリコカードでもおなじみのオリエントコーポレーションが、みずほ銀行の代行で審査を行います。

ウェブからの申込なら土日でも受け付けてくれますが、審査は翌営業日以降です。

最低限用意しなければならない物は本人確認ができる身分証明書です。

ただし、申込金額や審査状況によっては収入証明書の提出を求められることがあるので、できれば用意をしておいた方がいいでしょう。

審査の内容について

審査内容は、他のキャッシングやカードローンの申込みと特別に変わることはありません。

主に以下の条件で審査をします。

  • 属性スコアリング
  • 信用情報照会

属性とは、年齢や収入、職業など申込者に関するあらゆる情報のことです。 それぞれの属性ごとに点数があり、合計点数で融資決定の判断を下します。

例えば職業ですが、派遣社員は点数が低く、正社員、公務員と点数が高くなります。

年齢が若くてまだ社会的信用が低いと思われる人でも、公務員であれば点数を稼げるので審査通過の可能性が高くなります。

そしていくら年収や属性が良くても、信用情報に問題がある場合も貸付を行うことありません。

過去に債務整理をした人や3ヶ月以上の返済遅れを起こした人は、いわゆるブラックリストと呼ばれ、審査通過は厳しいです。

→ みずほ銀行カードローン申込み

▲ このページの上部へ