返済シミュレーション(返済計画)の重要性

返済シミュレーションで自動計算を行って、無理のない借入れプランを計画しましょう。

電卓

借金をする際は、しっかりとした返済計画を立てる必要があります。

ここでは、返済計画(返済シミュレーション)の重要性について解説をしています。

大手キャッシング会社の比較一覧

返済シミュレーションを使って返済計画を立てよう

キャッシングをすると、利息がついてきます。

個人間の貸し借りとは異なり、10万円借りれば10万円返せばいいというものでもなく、借りたお金と利息を含めたお金を返していかなくてはなりません。

借りた金額が大きければ、それだけ利息も多くなります。

利息を含めてちゃんと返していける見通しがあるか、そこを考えなかったために、借金地獄に陥ってしまう人も少なくありません。

そのため、返済計画はしっかりと立てる必要があります。

自分の借入額が総額いくらなのかも知らないし、利息がいくらなのかも知らないのでは、多重債務者になる可能性が高いです。

計算が苦手なら、当サイト内にある返済シミュレーション(簡単に返済額を計算できる機能)を利用すると良いでしょう。

自分の希望借入額を入力して返済シミュレーションをしてみましょう。

無理がある返済は禁物

自分の返済能力を超えた借金をしてしまうと、新たな借金を作る原因になります。

例えば、「月々3万円ずつぐらいだったら、多少無理してでも払っていける」と安易に考えてしまい、ローンを組んでしまったとします。

しかし、急な病気などで突発的にお金が必要になってしまったときに、その場しのぎでキャッシング会社からお金を借りてしまうとどうなるでしょうか?

元々ローンの支払い額がかなりぎりぎりだったため、新たな借金の支払いが追加になると毎月の支払いもかなりきつくなるでしょう。

その場をしのぐために安易にキャッシングをしてしまうと、自転車操業に陥る可能性が高いのです。 ですから借金をする前には、無理なく支払って行けるかどうかをシミュレーションしていく必要があるのです。

返済のコツ

ここで上手に返済をしていくためのコツについて少しご紹介しましょう。

最も大切なのは、「きちんと返済していける額か」という点です。 だんだんと返済が滞り、やっぱり無理があった…と後になってから後悔するのは避けたいですよね。

返済を上手にしていくポイントは、実はお金を借りる段階から考えなくてはなりません。

つまり、「いくら必要か」だけではなく、「どのくらいなら返済が可能か」という点もしっかり考慮することが最大のコツなのです。

必要な額は20万円だとしても、それを月々返せる見通しが立たないのであれば、その額を借りることはあまりお勧めできません。 仮に審査に通り、20万円の融資を受けられるとしてもです。

返済ができなくなり、延滞してしまったりすると延滞利息が発生します。 必要以上にお金を払うことになるのは避けたいですよね。

また、延滞などを繰り返していると金融会社に対して信用を落とすことになります。

そうすると、金融会社が審査の時に個人の金融事故情報を調べるのに使っている信用情報機関に事故情報として記録が残ってしまうかもしれません。

信用情報機関に事故情報が記録せれると今後の借り入れにも支障をきたすことになります。

借りる前にしっかり返済シミュレーションを行い、借りる額に無理はないかどうかを確認することをお勧めします。

ちなみに、自分の毎月の収入を計算し、そこから生活費など必要経費を差し引いた分が返済可能な額だといわれていまです。

生活費を極端に削ってしまっては長続きしません。 返済可能な額といっても、少し余裕を持たせておくことも大切です。

当サイトの返済シミュレーション

カードローンやキャッシングを取り扱っている大手の銀行や消費者金融では、公式サイト内に返済シミュレーションが用意されている場合が多いです。

借入を考えている金融業者の公式サイト内に返済シミュレーション機能が用意されているのなら、それを使って、返済プランを立てるのが最も確実です。

借入を希望している金融業者のサイトに返済シミュレーションがない、または、現時点でどこからお金を借りるかをまだ決めていないという方は、当サイトの返済シミュレーションの利用をお勧めします。

当サイトの返済シミュレーションは、パソコンとスマートフォンから利用することが出来ます。

返済計画を立てる際に役立つ計算式は以下の3タイプを用意しました。

  • 借入元本に対する所定期間経過後の利息額
  • 希望借入額を希望回数で返済する場合の月々の返済額(返済ペースは月1回)
  • 希望借入額を、希望の返済額で支払った場合の返済回数(返済ペースは月1回)

入力フォームに借入希望額や借入期間、毎月の返済額、完済までの返済期間、借入利率(実質年率)などの計算を実施するのに必要な数字データを入力します。

そして、その後、[シミュレーション開始]ボタンをクリックすれば、即座に計算が行われて、結果を表示します。

なお、当サイトの返済シミュレーションは、ブラウザのクッキー機能(cookie)を使用しています。

[シミュレーション開始]ボタンを押した場合に、入力データ項目の数値が初期値に戻る場合は、プラウザのクッキー設定がオフになっているので、ブラウザのクッキー設定をオンに変更してからご利用ください。

返済シミュレーションの重要性についてお分かりいただけたでしょうか。

これからお金を借りようとしている人も、すでに借り入れをしている人も、一度シミュレーションをしてみましょう。

返済に関しては、わからないままにしておくよりも、きちんと確認をしておいた方が安心できます。

【まとめ】
  • お金を借りる前には返済計画を具体的に立てるべきだが、返済シミュレーションを用いると便利
  • その場しのぎの借金を繰り返すと多重債務に陥る危険性があるので、返済可能かのシミュレーションは大事
  • 当サイトでは、返済計画立案時に役立つ、3種類の計算値を導き出せる返済シミュレーションを用意

▲ このページの上部へ