お金の返済方法

お金の返済方法は融資を受ける前に確認をして、自分にとって返金しやすい手段があるのかをチェックしましょう。

お金の返済方法

金融機関から借り入れしたお金の返済方法には、いくつかの種類があります。

ここでは、返済にはどのような方法があるのかについて解説をしています。

大手キャッシング会社の比較一覧

無理なくお金を支払うための返済方法

まず、借りたお金を一度に全部払うことを、一括払いといいます。

クレジットカードでショッピングをした場合なら、ボーナス時期まで支払いを遅らせて一括で支払うボーナス払いが利用できます。

しかし、カードローンやキャッシングの場合は借りた月の翌月には支払いを開始しなくてはなりません。

クレジットカードのようにボーナス時に支払えばいいや…というわけにはいかないのです。

一括払いは利息を少なく抑えることができるのですが、支払い月にはどうしても負担になります。

一括払いが無理な場合には、何回かに分けて返済していく方法をとることになります。

カードローンやキャッシングでは、お金を借りた人の支払い負担を軽減するために元金と利息を複数回に分けて支払う分割返済が主流となっています。

クレジットカードは、借りるときに支払い回数を指定する分割払いがあります。 分割払いの場合、回数を少なくすると早く返済もできて利息も少なくなります。

しかし、そうすると月々の支払額が多くなってしまうため、負担が大きくなります。 分割払いの場合は、毎回、無理なく支払える金額になるように、支払い回数をきちんと確認する必要があります。

カードローンやキャッシングはリボ払いが主流

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは、リボルビング払いと呼ばれる分割払い方式が主流となっています。

リボルビング払いは、略してリボ払いと呼ばれることも多いです。

リボ払いは、月1回のペースで毎月一定額を金融会社に支払う返済方法です。

借入金の多寡にかかわらず、毎月の支払額は一定なので、借入金が多額となっても返済負担が増えないというメリットがあります。

残高スライドリボルビングとは

カードローンやキャッシングで借りたお金の返し方は、リボ払いが一般的です。

リボ払いにも様々な種類がありますが、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングで良く用いられるのが、残高スライドリボルビング方式という支払い方法です。

ここでは残高スライドリボルビング方式について少し説明をします。

通常リボ払いの場合、返済額は毎月一定ですが、残高スライドリボルビング方式は借入残高によって返済額も変わります

残高スライドリボルビング方式は残っている借入額によって支払う額が決まります。

借入残高が多い時は月々の返済額は多く、支払いが進み借入残高が少なくなると月々の返済額も減ります。

残高スライドリボルビング方式の具体例は、以下の様になります。

残高スライドリボルビング方式の返済例
借入残高 月々の返済額
30万円 1万円
20万円 7千円
10万円 4千円
5万円 2千円

リボ払いは、注意しなくてはならない点があります。 それは、返済期間が決まっていないという事です。

これは「いつまで」と、完済までの期限を決めないので一見すると楽と思いがちですが、期限を決めないことが返済のモチベーションを下げてしまう原因にもなります。

また、特に残高スライドリボルビング方式の場合は、借入残額が減ると、月々の支払わなければならない返済額も減ってしまいます。

これでは、なかなか完済までたどり着くことはできません。

そのため、まだ返済が終わっていないうちに追加融資を繰り返してしまう結果となり、いつまで経っても支払いが終わらないといったことになります。

月1回、借入をした金融会社に支払う、返済期日のある支払いの事を約定返済と言います。

上述した残高スライドリボルビング方式の返済は、約定返済に関する説明です。

実は、月1回の約定返済以外に任意返済とか随時返済と呼ばれる返済方法もあります。

任意返済とは、金銭的に余裕がある月に多めに支払う返済方法で、自分の好きな時にいつでも返済を行う事が出来ます。

リボ払いを利用する場合には、約定返済だけだとなかなか完済までの道筋が見えないので、上手く任意返済を利用することが大切です。

任意返済を行う事により、借金の元本を大幅に減らすことが出来ます。

もし、約定返済の方法が残高スライドリボルビング方式で、完済を目指すなら、借入残高が残り少なくなったなら、任意返済で一気に全額返済をする様にしましょう。

そうすることで、一気に完済までたどり着くことが出来ます。

カードローン・キャッシングの返済ができない時

いくつか返済の方法について紹介してきましたが、ここでは「返済ができない時は」どうしたらよいのかについて少し触れてみましょう。

うっかり返済の期日を忘れてしまった…あるいはどうしてもお金の都合がつかず、返済できそうにない…こうしたことは避けることが最も望ましいのですが、可能性としてはゼロとは言い切れません。

そんな場合には、分かった時点ですぐに金融会社に連絡をしましょう。

返済が遅れると、遅延損害金と言ってペナルティの利息が付きます。 これは通常の金利よりも高く設定をされていて、しかも日割り計算です。

返済が遅れれば遅れるだけ延滞損害金が発生することになります。

借りたお金(元金)と利息を払うだけでなく、延滞損害金も支払うことになれば、それだけ返済額が増えるので、その後の返済がさらに難しくなってしまいます。

また、返済の約束を破ったことになりますから、信用問題にもなります。

お金を借りている金融会社に連絡をせずに、そのまま放置するということは絶対に避けましょう。 すぐに金融会社に相談のための連絡をして、迅速な対応をすることが大切です。

借入をしている金融会社の窓口に連絡をすると、返済の期日を遅らせてくれたり、返済の額を減額してくれる場合もあります。

一番避けたいのは、返済できないとわかっていてそのままにしておく…というケースです。 延滞を繰り返してしまい事故情報として記録が残ってしまうと、その後の借り入れにも影響が出てきます。

こうなってしまわないように、返済が遅れそうなときには金融会社に正直に連絡をすることをお勧めします。

【まとめ】
  • 金融会社から借りたお金の返済方法には、一括払い、分割払い、リボ払いがある
  • キャッシングやカードローンでは、返済は残高スライドリボルビング方式が主流
  • 残高スライドリボルビング方式による返済だけで完済を目指すのは難しい
  • 残高スライドリボルビング方式で完済を目指すなら任意返済も行う事
  • 返済が遅滞すると通常金利より高金利な遅延損害金が課せられる
  • 返済が遅れそうな時には、前もって金融機関に相談の連絡をすることが大切

▲ このページの上部へ