キャッシングの審査とは?審査なしってあり得る?

キャッシング審査でチェックされる内容を知っておくと、借り入れ申し込み前に融資の可否を推測できるようになります。

キャッシングの審査

キャッシング審査は、銀行や消費者金融でキャッシング借入れの申し込みをすると必ずあります。

この審査によって融資を受けられるかどうかが決まります。 ここではキャッシングの審査の内容についてご説明します。

審査では様々なことをチェックしますが、中でも重要視されるのは「安定した収入」と「他社からの借り入れの有無」です。

大手キャッシング会社の比較一覧

キャッシング審査では安定した収入があることが重要

「この人にお金を貸したら、ちゃんと返してくれるか」そのことを判断するために、キャッシング会社は審査をします。 まず、無職や無収入ではお金を借りられないのは当然のことです。

収入がなければお金を借りても返済をきちんとしてくれるかどうかわからないので、貸す側としては収入があるかどうかをまず見るわけです。

そして収入があっても、この先ずっと返し続けられるかどうかも重要なので、安定した収入を求められます。

例え直近で収入が良かったとしても、歩合制の職業では収入が落ち込む可能性があるとみなされ、キャッシング会社も不安視をすることが多いです。

ですから、キャッシング会社が融資申し込み者の収入を判断する上で職業は大きな関わりを持っています。 定職に就き、安定した収入があること…これが基本的な条件となります。

【審査で必ずチェックされる項目】
  • 継続的に毎月収入を得ているか
  • 月々の給与額は安定をしているか

一般的に融資の審査では、公務員や大企業の正社員などの安定した収入のある職業は比較的有利だと言われています。

とはいえ、パートやアルバイトをしている場合でも借り入れが可能になるケースもあります。 借りられる額はもちろん少額になりますが、安定した収入だと認められれば借り入れは可能です。

パートやアルバイトでも借り入れが可能かどうかといった審査の基準はキャッシング会社によって異なりますから、確認してみることをお勧めします。

他社借入れ額も要注意

いくら収入がたくさんあって信頼のできる職業に就いていたとしても、融資が受けられない場合もあります。

他社の金融会社での借入状況が関わってくるからです。 複数の会社から借り入れをしている場合には、これ以上融資できないと判断されることもあります。

ローンやキャッシングをした消費者の個人情報を扱う信用情報機関がありますが、キャッシング会社はそれぞれ信用情報機関に登録をしています。

融資の申込があれば、キャッシング会社はその申込者の借入れ状況を信用情報機関に照会をします。

あまりにも多額の借入れをしていたり、延滞情報などがあったりすれば、キャッシング会社は融資不可と判断します。

申込ブラック

同時期に多くの融資申込をしてしまうと、例え契約をしていなくても信用情報機関に申込履歴が登録されてしまいます。

いわゆる申込ブラックというのですが、キャッシング会社に申込ブラックと判断された場合には「この人はかなりお金に困っているから返済が正常にできないのでは?」とみなされ、融資不可となってしまいます。

そのため、同時期に複数の会社に融資の申し込みをするのは、できるだけ避けたほうが無難です。

また、他社借入れなどの信用情報は記録として残っているので、申し込みの時点で黙っていたとしても、必ずキャッシング会社には分かってしまうので注意してください。

審査の際に留意すべき点

審査の際に気をつけておきたいポイントについて少しご紹介します。

キャッシング審査を受ける際のポイントとしては、必ず正直に申告をすること…このことをしっかりおさえておきましょう。

申し込みの時点で収入を多めに書いておこうとか、他の会社からも借り入れをしていることは黙っていようなどといった行為は、信用をなくす行為と見なされてしまいます。

お金の貸し借りというものはお互いの信用を基にして成立するものです。 信用がなくてはお金を借りることはできません。 きちんと誠実な姿勢を持って審査に臨むことが大切だと言えるでしょう。

審査の無い貸金業者

金欠で切羽詰まっている人にとって、審査なしですぐにお金を貸してくれる貸金業者があれば、とてもありがたいですよね。

ですが、実際にその様な審査で身辺調査もろくにせずに、お金を貸してくれる気前の良い金融会社ってあるのでしょうか?

実は審査なしでもお金を貸してくれる金融会社は有ります。

その代表格と言えるのが、「ヤミ金」と「クレジットカードの現金化」です。

最近は、あまり見かけなくなりましたが、一昔前は、よく電話ボックス内に「ヤミ金」と「クレジットカードの現金化」の小さいチラシが貼り付けてあったものです。

(ちなみに電話ボックス内にチラシを貼りつける行為は、軽犯罪法違反となります。)

ヤミ金について

正規の貸金業者であれば、必ず行政に営業許可を得るための登録を行っています。

正規の貸金業者に関するデータは、データベース化されており、金融庁のホームページ内にある「登録貸金業者情報検索入力ページ」(http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/)で検索をすれば、該当する貸金業者に関する情報が出てきます。

「登録貸金業者情報検索入力ページ」を使って検索をした結果、「検索の結果該当するデータは見つかりませんでした。」と表示される場合は、その貸金業者は、ヤミ金業者である可能性が高いです。

ヤミ金は行政に登録をしていない非正規な貸金業者なため、貸金業法で制定されている上限金利を超えた、違法な高金利で融資を行っています。

有名な貸金業に関する言葉で「トイチ」という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。 「トイチ」とは、10日間で元金に対して1割の利息が付くという意味です。

トイチは貸付利率(実質年率)に換算すると3,142%という、にわかには信じがたい様なあり得ない程の超高利となります。

現在の貸金業法で定められている、貸金業者が顧客にお金を貸し出す際の上限金利は、貸付利率(実質年率)20.0%です。

それと比較すると、「トイチ」が如何にクレイジーな超高利での貸付金利なのかが良くわかります。

中には、融資の際に先に利息分を差し引くという悪徳業者もあります。

例えば、10万円のお金が必要な場合に、11万円を借りさせて、1万円は利息として貸金業者が受け取り、実際に融資を申込んだお客に渡すお金は10万円だと言った具合です。

ヤミ金の宣伝は、一昔前の電話ボックス内のチラシや、今だと、三流スポーツ新聞の広告欄に掲載されています。

当たり前ですが、ヤミ金の宣伝には「非正規業者のヤミ金です。」などと言ったことは一切書かれていません。

ヤミ金の宣伝には、「即日振込融資、無担保無保証、ブラックOK」などと書かれていて、実際に申込みをすると審査らしい審査も無いまま、融資を行ってくれます。

ですが、ヤミ金でお金を借りてしまうと、ほぼ返済不可能な状態となってしまいます。 その結果、自己破産などの債務整理へ一直線となりかねません。

ヤミ金の様な法外な高金利だと、払い過ぎた利息分を裁判で取り返すという事もできなくはないです。

ですが、お金を取り返したいと思った頃には、既にヤミ金業者は逃げてしまい、元あった事務所はもぬけの空となっていることも多いようです。

クレジットカード現金化について

クレジットカード現金化の広告が三流ゴシップ雑誌の広告欄に掲載をされていたり、チラシが自宅のポストに投函されていた等により、「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

でも、「クレジットカード現金化」=「クレジットカードのキャッシング枠を使った借入れ」と勘違いしている人も多いと思います。

ここでは、まず「クレジットカード現金化」とは何なのかについて説明をします。

一般的に、クレジットカード現金化では、融資業者がお客にお客自身のクレジットカードを使って、商品を購入させます。

その商品を融資業者が、買い取ることでお客が現金を得るという方法です。

クレジットカードにはキャシング枠があるのに、何でそんな面倒な事をするのかと思う人もいると思います。

クレジットカード現金化では、なぜショッピング枠を使うのかと言うと、以下の理由があります。

  • 既に、クレジットカードのキャッシング枠は貸付上限まで借りている
  • キャッシング枠が設定されていないクレジットカードでも利用できる
  • クレジットカードに後からキャッシング枠を付けると審査があり、現金を得るまでに時間が掛かってしまう

つまり、クレジットカードのショッピング枠を使った方が、確実に現金化が出来るという事です。

今までの話を聞くとクレジットカード現金化って、手軽にお金を手にすることが出来て便利と思ったかもしれません。

ですが、実は、クレジットカード現金化は、利息制限法の法定金利を越えた異常に高金利な貸付となっています。

例えば、クレジットカード現金化業者がお客にクレジットカードで10万円分の商品券を購入させて、それを9万円で買い取ったとします。

すると、お客は、クレジットカード会社に10万円+利息分の返済義務が生じます。 お客が受け取ったお金は9万円なので、1万円以上の損失が生じることになります。

仮に正規の貸金業者で、9万円のお金を利息制限法の上限金利20.0%で借りたとした場合、借入をしてから30日後に付く利息額(損失)は約1500円です。

単純比較することは出来ませんが、クレジットカード現金化が如何に高金利な融資なのかはお分かり頂けると思います。

甘い言葉には罠がある、とはよくいったもので、審査なしで現金を入手できる「闇金融」と「クレジットカード現金化」は共に法定外の高利貸しです。

審査がないからラッキーなどと思って、お金を借りてしまうと、返済不能となり、手痛いしっぺ返しを食らってしまいます。

【まとめ】
  • 正規の貸金業者は、融資の前には、借入希望者に返済能力があるかを確認するために必ず審査を行う
  • 借入希望者の金融情報は信用情報機関に照会され、他社の借入状況や、過去の金融事故情報をチェックされる
  • 借入を希望している金融業者には、正直に申告をすること
  • 審査が無いからと言って、「闇金融」や「クレジットカード現金化業者」を利用しない事

▲ このページの上部へ