審査の甘い消費者金融

審査の甘い消費者金融は融資を受けやすいメリットがありますが、一般的にはデメリットとして貸付金利が高い傾向にあります。

融資の審査

消費者金融からお金を借りるなら、出来るだけ審査に通りやすい消費者金融を利用したい所です。

ここでは、審査の甘い消費者金融について考察しています。

大手キャッシング会社の比較一覧

消費者金融も審査が厳しい

2010年に改正貸金業法が施行されてからというものの、以前に比べてキャッシングもしづらくなりました。

審査が甘いと言われていた消費者金融でも、なかなかお金を貸してくれなくなったとの声も聞こえます。

キャッシング会社によっても審査基準は異なりますが、審査をほとんどしない激甘の会社はまず無いということを覚えておきましょう。

多重債務で既に借入額が年収の3分の1に達している人は、総量規制により、まず新規の借入れは不可能です。

総量規制とは、貸金業法で定められている貸金業者が個人に貸し出す金額の上限値規制のことです。

貸金業者は、総量規制により他社借入れを含めて、個人の方に年収の1/3を超えて貸し付けを行う事は出来ません

消費者金融などは信用情報機関を通して情報を共有しているため、他社の借入れがいくらあるかもすぐに調べられます。 ごまかして融資申込をしたとしても、即否決になるだけです。

そう簡単には借り入れができないようになってきています。

キャッシング審査に有利なのは?

総量規制の範囲内である年収の1/3以下であれば、キャッシングができる会社を探すことができるかもしれません。

キャッシング審査をする時は、総量規制が関係する収入以外にも、属性審査というものがあります。

住居や家族構成、勤務年数などで信用度を測るのですが、やはりパートや派遣社員は属性が低く、キャッシングの難易度は高くなってしまいます。

パート勤務や派遣社員などは収入があっても不安定な職業とみなされ、審査の厳しいところでは落とされてしまいます。

ただし、例え派遣社員でも社会保険加入済み持ち家住まいなどであれば、属性も高くなります。

また、引越しばかりを繰り返していると「何かトラブルがあって住み続けられないのか」と判断されることもあるので、居住年数が長いほうが属性が高いということになります。

もうひとつ、電話番号も実は属性審査では重要視されます。 連絡先が携帯電話だけ…という場合よりも、自宅にきちんと固定電話が置いてあるほうが有利になります。

これらのポイントを見ながら、属性審査が行われます。 属性が高ければ、派遣社員でもパート勤務の方でも、審査を通過する可能性が高くなります。

ちなみにキャッシングの審査は、銀行系が一番厳しく、続いて信販系、消費者金融という順番になっています。

審査が甘い消費者金融の特徴

他の金融会社と比べると、審査が甘く比較的借り入れがしやすいという消費者金融も中には存在します。

ですが、審査が甘いからといって安易に利用しようとするのはちょっと待ってください。

審査が甘く、借り入れがしやすい…ということは、会社側にとってはそれだけ多重債務者やブラックの人など、通常なら借り入れができない人がお金を借りに来るということになります。

消費者金融側にとってもリスクが高いため、次のように貸し付け条件を厳しくしていることが多いです。

①借り入れ限度額が低い
10万円まで、30万円までなど借りられる限度額が低く設定をされます。消費者金融側としてはあまり高額な融資をしてしまい、後で返済してくれなくなってしまうと困るので、限度額を低くしているのです。

②金利が高い
金利も通常よりも高く設定されていることが多いです。リスクが高い融資になりますから、それだけ高い金利にしておかないと採算がとれないということでしょう。利用する場合には、できるだけ低い金利で借り入れできるところを探してみましょう。

③保証料や事務手数料などが掛かる場合がある
だいたい5%から15%(金融会社によって異なります)掛かることがあります。

④保証人が必要になる場合がある

⑤来店が必要な場合がある

他にも条件がある事があります。

審査が甘いキャッシング会社は、その分貸し付け条件が厳しくなるということは覚えておくとよいでしょう。

審査が甘いどころか審査自体がない!?

世の中には、貸付審査をほとんど行わずに融資を行う貸金業者が存在します。

三流ゴシップ雑誌や三流スポーツ新聞の広告には、「誰にでも融資をします。ブラックOK」などいう文言が書かれている場合があります。

この様な貸金業者は、過去に借金が返済不能となり金融事故を起こした方にも融資を行います。

金欠でお金に切羽詰まった状況だと、審査が無いなんて「超ラッキー」なんて思うかもしれませんが、この様な貸金業者には落とし穴があります。

誰にでもお金を貸すという貸金業者は行政に登録をしていない、いわゆるモグリの貸金業者で、闇金融と呼ばれる違法業者である可能性が高いです。

行政に登録済みの正規貸金業者であれば、金融庁の公式サイト内にある「登録貸金業者情報検索入力ページ」(http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/)で調べることが出来ます。

「登録貸金業者情報検索入力ページ」内の「商号・名称」項目に貸金業者の会社名を入力して検索をすれば、正規貸金業者であればその会社に関する詳細情報が表示されます。

もし、検索した結果、「該当データは見つかりませんでした。」と出てくれば、ほぼ間違いなく、その会社は「ヤミ金」と考えて良いでしょう。

ヤミ金は違法な悪質業者なので、貸付金利は当然、法定外の高金利だし、取り立ても法律を無視して強引に行われることがあります。

返済が遅れた際の取り立て方法と言うのは、貸金業法と言う法律の中で貸金業者がやってはいけないことが規定をされています。

たとえば、恫喝や早朝・深夜の取り立てなどは、貸金業法で禁止をされている取り立て方法です。

ですが、ヤミ金はもともと違法な悪質業者なので、貸金業法の取り立て規制を無視した強引な取り立てを行う可能性があります。

そうなると、借金まみれとなるだけでなく、取り立ての精神的プレッシャーにより心までもが病んでしまうことにもなりかねません。

もし、ヤミ金に手を出してしまったのなら、早急にヤミ金被害の案件を専門的に取り扱っている弁護士に借金相談をして、債務整理などの解決のアドバイスを得る様にしましょう。

世の中、美味しい話はそう簡単に転がっているものではありません。 「審査が甘い・審査なし」という広告でお客を勧誘している貸金業者には、手を出さない方が無難です。

【まとめ】
  • 審査がほとんどない激甘の正規貸金業者は存在しない
  • 所得に関する審査以外にも職業や住居形態などによる属性審査が実施される
  • 一般的に審査の厳しさは、銀行>クレジットカード会社>サラ金の順となる
  • 審査が甘い貸金業者は高金利や低融資枠など貸付条件を厳しく設定する場合が多い
  • 審査なしの貸金業者は、ほぼ確実にヤミ金なので、手を出したらダメ

▲ このページの上部へ