お金を借りる

お金を借りるなら低金利かつ急ぎで融資をしてくれる金融機関を利用しましょう。

お金借りる事ができました

お金を借りる方へ安心で低金利な大手金融会社をご案内!

  • 国内大手なので安心借入!
  • 返済は月々数千円からOK!

お金を低金利で借りることができる大手金融会社

SMBCコンシューマーファイナンス[プロミス]

(人気度)

【 Webなら即日融資も可能 】

promis 郵便契約なしの簡単Web取引でお金を借りる事が可能。 平日14時までにWEB契約が完了すれば、即日融資が可能。 最短1時間融資可。 契約完了後、瞬フリで24時間振込可。 パートやバイトでも毎月安定収入があれば、お金を借りる事が可能。 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息サービス有り。 千円から借り入れ可。

[実質年率:4.5~17.8%/最大融資枠:1~500万円/担保・保証人:原則不要]

プロミスの詳細

オリックス銀行カードローン

(人気度)

【 低金利が魅力 】

orix パソコンからのお金を借りる申し込みは、オリックス銀行への来店・預金口座開設不要でOK。 コンビニ等の提携ATMなどで24時間どこでもお金を借りることが可能です。 提携ATMは、お金を借りる際だけでなく返済でも手数料無料で利用できます。
[実質年率:3.0~17.8%/最大融資枠:10~800万円/担保・保証人:原則不要]

オリックス銀行カードローンの詳細

アコム

(人気度)

【 初めての方なら最大30日間金利0円 】

acom アコム(acom)は三菱UFJフィナンシャル・グループで、大手キャッシング会社です。 初めての方は30日間金利ゼロでお金を借りる事ができます。 来店不要で申込み日に最短1時間で振込み対応(PCのみ)。 アルバイト、パートの方でも一定収入があれば審査の上、お金を借りることが可能。
[実質年率:3.0~18.0%/最大融資枠:1~800万円/担保・保証人:不要]

アコムの詳細

プロミスでお金を借りると毎月の返済額が安い

5万円から10万円程度のお金を借りるなら他社より毎月の返済額が少なくて済むプロミスがオススメ!

  • プロミスで5万円のお金を借りると、毎月の返済額は2,000円
  • プロミスで10万円のお金を借りると、毎月の返済額は4,000円

他社でお金を借りると毎月の返済額は、

金融機関 借入額5万円での
毎月の返済額
借入額10万円での
毎月の返済額
アコム 3,000円 5,000円
モビット 4,000円 4,000円
アイフル 4,000円 4,000円
オリックス銀行 7,000円 7,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円
プロミスの詳細

大手銀行系のキャッシング会社なら安心

大手の銀行ならお金を借りる際に安心

キャッシングやローンで個人融資を行っている会社からお金を借りたいと思っているけど、初めてなのできちんとお金を借りることができるか心配。

そんな方には大手の融資を行っている銀行や消費者金融などの金融会社がお勧めです。

大手なら多くの一般の方が利用をしているので、安心してお金を借りる事ができます。

キャッシングなどの一般個人に対して融資を行う貸金業は国(財務局長)や地方自治体(都道府県知事)の行政に登録をしないと業として商売をすることはできません。

ですが、貸金業者の中にはモグリで行政へ未登録のまま貸金業を営んでいる所も少なからずあります。 そういった未登録業者のほとんどは違法な高金利貸付を行っています。

未登録業者でお金を借りるのを避けるには、どなたでもテレビや雑誌CMなどで名前を聞いたことがある大手キャッシング会社でお金を借りることです。

全国レベルで知名度のある大手キャッシング会社なら、間違いなく行政に貸金業としての登録をしていますので安心してお金を借りることができます。

貸付金利は、貸金関連の法律である利息制限法で規定された法定金利の上限値以下で貸し付けが行われています。

また、お金を借りるとなると、万一返済ができないと強引な取り立てがあるとイメージする方がいるかもしれません。

ですが、貸金業法という法律により強引な返済取り立ては禁じられていますので、登録されている正規の貸金業者でお金を借りる様にすれば、そのような心配をする必要はありません。

誰とも会わずにお金は借りることができます

誰にも知られません

お金を借りる事を考えている方の中には、誰とも会わずにお金を借りたいと要望する方が多いです。

お金を借りるという行為は、借金なので、どこか後ろめたさ感じてしまい、お金を借りることを恥だと思う方が大勢います。

サラ金(キャッシング会社)の店頭に行くのは、勤め先の会社の人や友人、知人などの知り合いの人に出入りしている所を見られるかもしれないので嫌という方が多いです。

この様な他の人にばれずにお金を借りる事を希望している方には、インターネットを使った申し込みがお勧めです。

大手のキャッシング会社であれば、パソコンやスマートフォンを使ってキャッシング会社の公式WEBサイトに行けば、そのサイト内からお金の借りる申込みをすることが出来ます。

一般的に申込み時間が午前中などの早い時間帯であれば、即日融資で自分の銀行口座に借りたお金を振り込んでもらう事も可能です。

インターネットを使って申し込めば、誰にも知られることなく金融会社からお金を借りることができ、キャッシングをしていることを会社の人や友人などに知られる心配はありません。

借りたお金の返済は月1の自分の銀行口座からの自動口座引き落とし(口座振替)、あるいはネットバンクなどのインターネット取引に対応した銀行からの返済用指定口座への振り込みにより返済をすることが可能です。

この返済方法だと、お金の返済する際も誰にも知られずに行うことが出来ます。

急ぎや低金利といった利用者ニーズを満たせる貸金業者

「急ぎ」という要望に対応

お金を借りる必要性というのは突然に起こることが多いです。

具体的には、ケガや病気による病院の治療代、友人が入院したのでそのお見舞い、極端な例を挙げれば、葬式の香典などもほとんどの場合、突発的にお金が必要となります。

また、連休直前に友達にいきなり、旅行などのレジャーに誘われて、急にお金を借りる必要性が出たという方もいるでしょう。

現在、主流となっている金融機関でお金を借りる方法には、「消費者金融のキャッシング」、「銀行カードローン」、「クレジットカードのキャッシング」があります。

ここでは、お金を借りることが出来る上記の金融機関で、新規で借入申込みをした場合に、迅速に急ぎでお金を借りる事が出来るのかについて考えてみました。

消費者金融のキャッシング

現在、国内大手の消費者金融会社では、お金を借りる申込みをした場合、最短で即日融資が可能なのは常識となっています。

「即日融資」とは、金融機関にお金を借りる申込みを行ったその当日中に、金融機関からお金を借りる事ができ、現金を入手できることを意味します。

消費者金融は、お客様からお金を借りる申し込みがあった後、審査手続きに入ります。

スピーディに処理を行う審査時間が短い消費者金融会社の場合は、最短で30分程度で審査が完了し、借入契約後にすぐにお金を借りることができます。

振込キャッシングで急ぎでお金を借りる方法

自分の銀行口座に振り込んで貰う事でお金を借りる方法を「振込キャッシング」と言います。

振込キャッシングは、一般的にPCやスマホなどからインターネット上の会員専用サイトにアクセスをして、お金を借りる申込み手続きを行います。

振込キャッシングで当日中にお金を借りる場合には、基本的に、銀行の営業時間内に手続きを行わないと、その日のうちに銀行振込は行われません。

銀行の営業時間は、一般的には平日の午後3時までです。

ですから、振込キャッシングにより即日融資でお金を借りるなら、午後3時までに消費者金融の審査が完了し、契約手続きを経て、振込キャッシングの手続きを行う必要があります。

逆算して申込み時間を考えると、少なくとも平日の午後2時までには、お金を借りることを希望している消費者金融に、お金を借りる為の借入申込みをしておく必要があります。

確実に振込キャッシングを使って即日融資を受けたいなら、出来れば午前中にはお金を借りる為の借入申込みをしておくべきでしょう。

自動契約機で急ぎでお金を借りる方法

では、午後3時を過ぎたら借入れの申込日当日にお金を借りることが出来ないのかと言えば、そうではありません。

自宅から外出して出向かわなくてはならないのでちょっと面倒ですが、自動契約機(無人契約機、アコムの場合は「むじんくん」)を使って、急ぎでお金を借りる方法があります。

自動契約機は、プロミスやアコム、アイフルやレイク、モビットなど誰でも知っている大手消費者金融ならどの会社でも繁華街や駅の近く、郊外などに設置をしています。

自動契約機を使った場合には、夜の9時頃まで、お金を借りる申し込みが出来ます

自動契約機の設置場所は、お金を借りる事を希望している消費者金融会社の公式WEBサイト内で調べることができます。

公式WEBサイト内には、自動契約機の設置場所の検索機能が備わっているので、それで検索をして、自宅近くの自動契約機の場所を調べると良いでしょう。

自動契約機は、お金を借りるための申込みから契約、そしてローンカードの受け取りまでできます。

自動契約機は、一連のことができて便利なのですが、審査期間中に待たされる、そして、提出書類の不足や不備があった場合に、自宅まで取りに戻らなければならないというデメリットがあります。

このデメリットを避けるには、お金を借りる事を希望している消費者金融の公式WEBサイト内で新規借入れの申込みを行い、自宅で契約まで完了をさせます。

そうすれば、自宅にいるので、審査の待ち時間を有効に使う事ができるし、身分証明書、その他の提出書類に不備があっても、迅速に再提出ができます。

そして、ローンカードだけは自動契約機まで出向いて受け取ります。

通常、自動契約機の隣には、借入れと返済ができる消費者金融のATMが併設されているので、自動契約機から発行されたローンカードを使って、すぐ隣のATMでお金を借りることが出来ます。

銀行カードローン

銀行カードローンは、一般的に消費者金融より、貸付金利が低いです。

ですから、銀行カードローンでお金を借りることが出来るなら、銀行カードローンを利用することに越したことはないです。

ですが、通常、銀行カードローンの審査には数日を要します。 つまり、急ぎでお金を借りるという要望は満たせないという事です。

銀行の審査は、消費者金融の審査と比べると厳しいです。

要は、返済遅延や返済不能などの金融事故を起こす可能性のある人は、銀行カードローンは厳しい審査により排除をして、借入契約をしないという事です。

審査を厳しくし、債権回収リスクを減らしているため、銀行カードローンは低金利でお金を貸すことが出来るのです。

銀行カードローンは、新規申し込みでお金を急ぎで借りるという用途には向いていません。

だから、急にお金を借りる必要性が出たからといって銀行カードローンに申し込むのは誤りです。

銀行が発行するローンカードは、入会金や年会費などは掛からないので、急にお金を借りる必要性が出た場合に備えて、カードを1枚作っておくと良いです。

銀行のローンカードを既に所有しているのなら、近所のコンビニエンスストアなどの提携ATMを使って迅速に急ぎでお金を借りる事が出来ます。

クレジットカードのキャッシング

既にクレジットカードを保有していて、そのクレジットカードにキャッシング枠が設定されているのなら、近所のコンビニ店舗内に設置されている提携ATMを使って急ぎでお金を借りることが出来ます。

クレカの貸付利率は、一般的に実質年率で18.0%のケースが多く、消費者金融より若干高めです。 ですが、急ぎでお金を借りる事を望んでいるのなら、大した苦にならない金利差です。

もし、クレジットカードを所有していない、あるいはショッピング枠だけでキャッシング枠が設定されていないという場合は、クレジットカードで急ぎでお金を借りるのはかなり厳しいです。

クレジットカードで急ぎでお金を借りる事が出来るのは、既にクレカを持っていて、そのカードにキャッシング枠が設定されている場合に限られます。

「低金利」という要望に対応

お金を借りるなら出来れば低金利で借りたいものです。

ここでは、低金利でお金を借りる為に「銀行カードローン」、「消費者金融のキャッシング」、「クレジットカードのキャッシング」について考察をしています。

銀行カードローン

前述した様に、一般的に銀行カードローンの融資審査は厳しいです。

ですが、その反面、カード利用者の返済遅滞や経済的な破綻は発生しづらいので、低金利でお金を貸し出すことが出来ます。

銀行カードローンは、低金利でお金を借りるというニーズを満たしているので、低金利をお金を借りる事を最優先事項としている方は、銀行カードローンに借入申込みをすると良いです。

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングは、お金を借りる申込みをすると、審査は短時間で完了し、審査に通過しやすいという反面、債権回収リスクがあるので、貸付金利は高めとなります。

ただし、最近は、消費者金融会社は無利息融資サービスを提供する所が増えてきました。

「無利息融資サービス」とは、消費者金融にお金を借りる申込みを行い、借入契約を行った日から30日間など、所定期間、無利息でお金を借りることが出来るサービスのことです。

高額借入れ、あるいは長期の借入れだと、金利差は支払総額に大きく影響を与えます。

ですが、少額借入れや短期の借入れだと、どの金融機関でお金を借りても利息制限法で制定されている上限金利以下の貸付金利なので、金利差の影響は受けづらくなります。

低金利でお金を借りる事を希望している方は、少額借入れ、あるいは短期借入れをメインの使い方とするなら、無利息サービスのある大手消費者金融でお金を借りても良いでしょう。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードは、本来、お金を借りるためのカードではなく、買い物代金の支払い決済用のカードです。

そのため、クレカの発行元である、信販会社はキャッシングサービスにはあまり力を入れていません。

クレカのキャッシング貸付金利は、銀行カードローンや消費者金融と比較すると高金利です。

低金利でお金を借りることを希望されている方は、クレカは利用しない様が良いです。

お金を借りる際の留意ポイント

【お金を借りる際に気を付けるべき点】
  • 金融会社に借入申込みをすると融資審査が必ず実施される
  • 審査の際に職場に在籍確認の電話がある
  • 消費者金融キャッシングには、借りることができるお金の額を制限する総量規制が適用される
  • 安心してお金を借りることができる金融会社を選ぶべき

お金を借りる際の融資審査と在籍確認

お金を借りる前には必ず借り入れを申し出た金融機関による融資可否の審査があります。

行政に届け出済みの正規の貸金業者なら100%貸付審査があると考えて問題ありません。

もし、貸付審査なしで融資OKといった貸金業者があったとすれば、その会社はまず間違いなく違法業者の高利貸しです。

だから、金融業者からお金を借りる場合には、審査は必ずあると考えるべきです。

審査を通過するためには、バイトやパート、派遣社員でも構わないので、毎月継続的な収入を得ていないとお金を借りるのは難しいです。

通常、どの貸金業者でも貸付審査の際に、借入を申込んだ方の勤務先への電話による在籍確認があります。

在籍確認は、申込み時に申告した勤め先で本当に仕事をしているのかを確認しており、お金を貸した場合に返済能力があるのかをチェックしています。

銀行系カードローンの場合は、お金を借りる本人に安定収入がなくても配偶者に安定収入がある場合は、審査OKとなる場合があります。

ですが、これはかなりレアなケースで、ほとんどの貸金業者はお金を借りる本人に安定収入がないと審査NGとし、お金を貸すことはありません。

消費者金融に適用される総量規制

サラリーマン金融や信販会社は、貸金業法という法律により、業務内容の一部に制限が設けられています。

貸金業法が施行された経緯は、過去に高金利で過剰融資を行う貸金業者が多かったために多重債務者が続出した為です。

多重債務に陥った方には、自己破産などの債務整理や夜逃げ、自殺をする人もいました。 また、中には、貸金業者に借りたお金を返済するために強盗などの犯罪を犯す者もいました。

その為、現在では貸金業法の法律内に総量規制という項目を設け、貸金業者が個人に貸付可能な融資額に上限値を設定して、お金を貸しすぎない様に制限をしています。

総量規制により、借入可能額は、全てのサラ金会社と信販会社での借金合計額が年収の3分の1となるまでです。

どんなにお金を借りたいと思っても年収の1/3を超えて、お金を借りることはできません。

ただし、実は総量規制には大きな抜け道があります。 それは、銀行からお金を借りる場合には総量規制は適用されないという事です。

ですから、既にサラ金などで年収の1/3を超えた負債があったとしても、法制度上は、銀行カードローンなら申込みができ、審査に通過する可能性があるということになります。

ただし、現実には、銀行カードローンの審査はサラ金などの消費者金融が行う審査よりずっと厳しいです。

そのため、年収の1/3を超える他社借入れが既にあったなら、銀行にお金を借りる為の申し出をしたとしても、審査に通過することはまずありません。

借りるお金は自分の収入と生活費などを計算して、キチンと返せる範囲で借りることが大切で、年収の1/3は多重債務へのボーダーラインだと考えて、少なくとも債務総額はそれ以下に抑えるべきです。

返済時に困らない様に、お金を借りる前には、具体的な返済計画を立てることが大切です。

安心してお金を借りる事ができる金融会社

安心してお金を借りる事が出来る代表的な国内大手金融会社の具体例をご紹介します。

消費者金融系キャッシング会社では、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三菱UFJフィナンシャル関連企業のアコム、そして、三井住友銀行グループのモビット、独立金融系のアイフルがあります。

また、安心してお金を借りる事ができる大手銀行カードローンには、都市銀行であり三大メガバンクでもある三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、そしてオリックス銀行や地方銀行があります。

どの金融機関でお金を借りるかを悩んでいる方は、国内最大手のキャッシング会社もしくは銀行カードローンが、資金力もあり倒産リスクもほぼ無いので、お金を借りるのに適しています。

金融機関公式サイトや借入体験談を参考に

カードローンや消費者金融の公式WEBサイトの確認

知名度のある大手であれば、お金は安全に借りる事が出来ます。

ですが、申込みをした後に、折角ローンカードやキャッシングカードが手元に届いたとしても、お金を借りる際や返済する際に利便性が悪かったら使い辛いという事になってしまいます。

そうならない為には、お金を借りる為の申込みをする前に、借入予定の金融業者の公式サイトをじっくりと読むべきです。

貸付金利の値や申込み条件だけでなく、お金を借りる、或いはお金を返済する方法にはどの様な方法があるのかもしっかりと確認をしておきましょう。

また、公式サイトには一般的にQ&Aコーナーが用意をされているので、一通り目を通しておくと良いでしょう。

それ以外におすすめなのが、実際に金融業者で借入をした方の体験談を読むことです。

借入れ体験談の確認

当サイトでは、消費者金融のキャッシング、又は銀行のローンカードでお金を借りるという体験をした方の体験談を掲載しています。

実際に利用した方の生の声をチェックする事は、利用を考えている金融機関の口コミや評判に関する情報を得るための手っ取り早い方法です。

大手であってもお金を借りるのは心配という方は、他の方の借入体験談を読むことで安心してお金を借りる事ができるのではないでしょうか。

お金を借りるべきでない貸金業者

「闇金ウシジマくん」や「ミナミの帝王」という漫画やテレビドラマを見ても分かるように、世の中、そこでお金を借りるのはヤバイという貸金業者が存在します。

ここでは、「そこでお金を借りるのはちょっと待ったー!」と言える危険な悪質業者を紹介しています。

【お金を借りると超危険な貸金業者】
  • トイチ
  • 090金融
  • 紹介屋
  • 買取屋

トイチでお金を借りると

トイチの名称は、お金を借りると元金に対して10日で1割の利息が付くことに由来をしています。

日本の貸金業関連の法律である利息制限法と出資法は、上限年率を20%と定めていますが、10日に1割の利息だとそれをはるかに超える年率1000%以上となります。

正規の貸金業者の場合は、お金を借りると借入れ元本に対して利息が付きます。 一般的に、単利と言われる利息の付き方です。

ですが、トイチの様なヤミ金の場合は、お金を借りると利息計算は複利で行われます。 つまり、利息金を返済していなければ、利息金に対してさらに利息が付くという事です。

「雪だるま式に借金が膨れ上がる」という表現が使われることがあります。

ヤミ金でお金を借りると、利息の算出方法には複利が使われるため、まさに借金が借金を生み出し債務額が膨れ上がります。

最初に借りたお金はたいした金額ではなかったのに、ちょっと返済が遅れるだけで、借入元本の何倍もの多額の借金となってしまいます。

また、トイチと同様に、10日で付く利息の割合によりトニ、トサン、トヨン、トゴと呼ばれる業者も存在します。 トゴでお金を借りると、10日で5割の利息となります。

また、まれにですが、さらに高金利なカラス金と呼ばれる、お金を借りると1日で1割の利息を取るの業者も存在します。

カラス金は、お金を借りると天引きで先に利息分を取ることが多いです。

例えば、10万円のお金を借りて、翌日に返済予定だと、1万円の利息が発生します。

すると、お金を借りる際に利息の1万円が天引きされ、10万円の借入契約にも拘わらず、実際に借りる事ができる金額は、10万円から1万円を差し引いた9万円となります。

貸付方法の実体を見ると、カラス金は9万円のお金を借りると、翌日10万円を払うという事になります。

090金融でお金を借りると

正規の貸金業者の場合は、行政への業者登録時に固定電話番号を登録する必要があり、宣伝広告には、その登録時に申告した固定電話番号を記載する必要があります。

ですが、非正規の闇金業者の中には、宣伝広告に固定電話番号を掲載せずに、携帯電話番号のみで営業を行っている貸金業者があります。

この貸金業者のことを090金融(ゼロキューゼロきんゆう)と呼びます。 090金融でお金を借りると、一般的に法外な高利貸しで暴利を貪っているので、返済が出来なくなる可能性があります。

紹介屋を利用すると

紹介屋は、複数の金融業者から既にお金を借りている多重債務者に、「まだお金を借りることができる貸金業者がある」といって、他の貸金業者を紹介します。

この時に、高額な紹介料を取る悪質業者の事です。

買取屋を利用すると

買取屋は、「クレジットカード現金化業者」や「換金屋」とも呼ばれます。

お金を借りることを希望している人に、クレジットカードを使って換金が容易な商品券や航空券などを買わせて、それを安く買取り、お客に現金を渡す業者です。

お客が得られた現金とクレジットカードで出来た借金の額を考察すると、ほとんどの買取屋は闇金レベルの高利貸しとなっています。

お金を借りる前に

お金が無いとついついお金を借りる事ばかり考えてしまいがちです。 ですが、そもそも論として金欠状態でお金を借りる事にならないための工夫をするべきです。 外食ばかりしている人は、出来るだけ自炊をしてお金を掛けない生活をしましょう。 牛丼店などの激安な飲食店でも1食当たり300円はお金が掛かります。 これを、自炊に切り替えたら150円もあれば、かなりまともな物を食べることができます。 例えば、豆腐ステーキにサラダ、そしてご飯とみそ汁なら調理に掛かるガス代を含めても150円もお金があれば、十分作れます。 外で食事をすると、中国野菜や合成保存料、着色料などが気になりますが、自炊なら自分でそれらを避けることができます。 お金の面だけでなく健康面を考えても自分で料理をした方が安全です。 調理をする手間や食器の後片付けなど面倒な点もあるけど、お金の節約と考えれば苦にならないのではないでしょうか。 お金を借りることばかり考える人は、食費などの出費を見直し、お金を借りるのを避ける工夫をした方が良いです。

▲ このページの上部へ