楽天銀行スーパーローン体験談|借金一本化のおまとめローンとして利用

クレカの借金をまとめるために楽天銀行スーパーローンを利用

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
楽天銀行スーパーローン 140万円 おまとめローン(借金の一本化)
年齢・性別 年収 職業
45歳(男性) 520万円 会社員
大手カードローン会社の比較一覧
クレジットカード

2009年頃、結婚当時からクレジットカードで買い物を続けてきたツケで毎月の返済額が大きくなり、返済することで生活費が不足してしまうという事態となりました。

その流れから、妻は私に内緒でクレジットカードのキャッシング枠を使って、家計を繋げることをしていました。

お金が無いから買い物はクレジットカードを利用し、返済に充てるお金が無いからキャッシングをするという悪循環です。 所謂「自転車操業」と言って良い状況でした。

その状況を妻から聞いた私は安易に「おまとめローン」で完済を目指そうと考えました。

ですが、その時の借入額は、複数のクレジットカードの買い物利用分が250万円程あり、キャッシング枠利用も200万円程となっていました。

500万円近い金額を限度額として貸出してくれる金融機関は、消費者金融系・銀行系共にありませんでした。

矢継ぎ早にお金を借りる申込みをしたことで、「申込みブラック」になってしまったことも1つですが、そもそも私自身500万円からの金額を融資してもらえる属性ではなかったのだと思います。

結果どこからもお金を借りることは出来ず、実家の両親へ事の次第を全て話し、500万円の立て替えの許しを得たのです。

それが許されなかったら、現在の家族の暮らしはどうなっていたのか想像すら出来ません。

そのことにより、一旦は買い物利用分・キャッシング利用分の全ての借金がクリアになりました。

ですが、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」の言葉通り、妻のクレジットカードを利用した買い物は止まることなく続きました。

その複数のカードの毎月の返済額が大きくなってきたのを感じたタイミングで、消費者金融系カードローンへ契約を申込みました。

審査は無事通り、175万円の限度額を得ることが出来ました。

その消費者金融系カードローンを「おまとめローン」として利用し、当時借金のあった複数のクレジットカードの残高を全て返済したのです。 利用総額は、130万円程でした。

低金利な楽天銀行カードローンへの申込み

その後試しにと、より低金利な楽天銀行カードローンへ契約を申込みました。

楽天銀行カードローンの希望限度額は、控えめに200万円としましたが、楽天銀行カードローンは総量規制の対象ではないとのことで、限度額を300万円で契約出来ることになったのです。

これには助かりました。

限度額が300万円まで増えたことで安心感が増したことはありますが、楽天銀行カードローンは金利は7.1%という低金利で利用出来ますし、毎月の返済金額も少々下げられることが出来たのがなによりでした。

正直、まだまだ完済に向けて順調であるとは言い難いですが、毎月のようにキャッシングすることなく、ボーナスを切り崩しながら足りなくなってしまった月だけキャッシングで乗り切るようになりました。

ボーナス月には、加えて可能な限り増額返済して楽天銀行カードローンの残高を少しでも減らせればと思っています。

無理元で楽天銀行カードローンに申込んでみて、本当に良かったと思います。

▲ このページの上部へ