オリックス銀行カードローン体験談|アコムと共に生活費の借入

アコムとオリックス銀行から生活費を調達

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
アコム、オリックス銀行 500万円 生活費
年齢・性別 年収 職業
32歳(男性) 500万円 正社員

→ オリックス申込み

ATM

キャッシングをはじめたのは社会人なりたての2005年ごろでした。

そのときは単純に生活費が足りないということを、カードのやりくりで過ごしていたのですが、どうにもお金が足らなくて回らなくなったときにキャッシングをしました。

ただ、そのときは持っていたクレジットカードに付いていたキャッシング機能だったので、限度額も少なくカードの支払いと一緒に返済していたので、いつの間にか完済していたという感じでした。

そこから5年ほどはなんとか過ごしていたのですが、30歳を過ぎて諸々の出費も、またその1回あたりの額も大きくなっていき、このままではどうしようもないということで消費者金融に初めてお金を借りる申し込みをしました。

少しHPで調べてみると、昔にキャッシングしていた頃の金利よりもすごく下がっている印象があったので、とりあえず借りようとアコムに申し込みをしました。

アコムも審査は問題なく、あっというまにお金を振り込んでもらうことができました。

最初の融資枠を100万円にしていたのですが、ギャンブルをすることも確実に影響しているのですが、あっというまに限度額の100万円を借りてしまいました。

そこからは、少し返して融資枠ができたならば、その分をすぐに借りるというとても悪循環に陥ってしまいました。

そうなるとアコムからはそれ以上借りることができないので、他にもう1社借りるしかないという形になりました。

低金利なオリックス銀行カードローンに申込み

消費者金融系よりも少しでも金利が低いところで借りようと思ったので、オリックス銀行のカードローンに申し込みをしました。

オリックス銀行ではさすがに審査に時間がかかってしまいました。

100万円をアコムで借りていることが影響はしているだろうと想像はついたのですが、遅延を起こしたことなどはなかったので、借りること自体は問題ないはずだと思っていました。

申込時に100万円の融資枠で申し込みをしたのですが、審査の電話口で総量規制により最大50万円までしか融資できないと言われました。

総量規制という言葉自体をそれまでは知らなかったので、どういう意味なのか確認したところ、年収の1/3までしか貸せないという状況になっていることを初めて知りました。

逆に自分でもこれ以上お金を借りることができないというのが、はっきりわかったので、これ以上無駄にお金をキャッシングするのは止めようと強く思えるタイミングでもありました。

逆にこれ以上借りる場合は、かなり危ない世界に足を踏み入れてしまうのではとも思い、ようやく時間はかかりますが返済を計画的に始められました。

最後までまずは返しきることを目標に今はやっています。

▲ このページの上部へ