オリコカードローン体験談|生活費のために借入した

オリコカードローンで生活費を補填

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
オリコカードローン 150万円 生活費
年齢・性別 年収 職業
28歳(男性) 300万円 会社員(正社員)
大手カードローン会社の比較一覧
アパート

今から4年前、現在の会社に勤めて2年が経った頃、転勤で県外に行くことになりました。

それまでは実家暮らしだったので、お金に困ったことはありませんでした。

引越しをして、新しいアパートでは会社の住宅手当が出るのですが、2万円までと決まっていたため、自分で負担する分も少なくありませんでした。

実家暮らしの時の蓄えもあって、暫くの間は生活費が足りなくても貯蓄を切り崩してやっていきましたが、貯蓄も大分なくなってきたので、このままではまずいと思い、金融機関に相談に行きました。

生活費の借り入れの場合、該当の商品は金利の高いオリコのカードローンしかなく金利は14.0%でした。

ですが、生活費を繋ぐ為にオリコカードローンを利用しました。 このときの利用額は10万円ほどでした。

借入して暫くは生活も落ち着いたのですが、友人の結婚などが数件あり出費が増えました。 以前申し込んだカードローンは100万円の利用枠があったため、そこから生活費も併せて50万円を借りました。

返済しているので借入残高が減らない

同じことの繰り返しですが、またお金がなくなり借りることになりました。

カードローンの残高を見たところ、毎月2万円ずつ返済していた割には残高が減っていないことに気づきました。

窓口で聞いてみてると、毎月2万円返済しているうちの半分以上は利息分で、残りが残高に返済されていると聞きました。

私は、金利13%なので2万円の13%が利息で87%は残高に返済されているのだと勘違いしていました。

窓口で相談してみると、カードローンを利用するよりフリーローンに切り替えたほうが金利が安くなるのでメリットがあると言われました。

生活費も必要だったこともあったので、カードローンの残りの残高と生活費と併せて借りることにしました。

借りた金額は75万円で金利は10.0%でした。 金融機関の人に、カードローンもフリーローンも返済方法は同じですが、金利分の支払いを少なくするため臨時で返済することを勧められました。

毎月の返済だけでは残高がなかなか減らないので、臨時で返済すると臨時で返済した額が直接残高に充てられるので、早く返済を終えることができるとのことです。

通常返済だけで考えるとカードローンよりフリーローンの方が返済期間は短くなるそうですが、可能な時は臨時で返済を行って、返済期間を更に短くしましょうと言われました。

今までは漠然と返済を行っていましたが、これからは残高を一日でも早く減らすことを考え、早急に全て完済するよう努めるつもりです。

金利の高いローンは特に返済方法について計画的に考えた方がいいと学びました。

▲ このページの上部へ