沖縄銀行公務員ローン体験談|借金の借り換え用としてお金を借りる

沖縄銀行ワクワク公務員ローンは低金利だった

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
沖縄銀行ワクワク公務員ローン 200万円 借金借り換え、生活費、引越費用
年齢・性別 年収 職業
51歳(女性) 700万円 地方公務員
大手カードローン会社の比較一覧
沖縄のハイビスカス

私がワクワク公務員ローンを借りるに至った経緯は、それまでの借金体質にあります。

公務員ですので、割合安定した収入があるものの、仕事があまり合わず、人間関係に悩んでいました。

何かを購入したり、身の丈に合わない海外旅行に行ったり、1回2万円程度するエステに毎週通ったりしてストレスを発散していました。

そのため、常に通帳にはОDマーク(オーバードロー・マイナスの意味)が付いていて、年に2回あるボーナスも、季節毎の服飾品の購入等で、ボーナスを貰う頃には使い切っている状態でした。

生活費が足りなくなると、JCBのカードローンやキャッシング、イオンのカードローンをよく借りて、その場しのぎをしていました。

また、月々1万円、ボーナスには5万円を積み立てている財形貯蓄も毎年引き出していて、それは私の中では恒例行事の様になっていました。

3年前、財形貯蓄を引き出しに行った沖縄銀行窓口のテラーの方に、公務員の方には割合安い利率で借りられる「沖縄銀行ワクワク公務員ローン」があるという事を言われました。

私自身だと沖縄銀行ワクワク公務員ローンでは、4.1%の利率で貸してくれる事がわかりました。

その時には、他の銀行系ローンも金利9%程度で借りていたので、「割合安いなぁ」と思いました。

また、職場には一切知られる事無く300万円を借りる事が出来そうな事も沖縄銀行の公務員ローンで借りるきっかけになりました。

沖縄銀行公務員ローンの審査

審査についても、沖縄銀行公務員ローンの申込書に記入しただけで、1度携帯に電話があった以外は難しい事はありませんでした。

300万円を限度として何度でも借りられる沖縄銀行公務員ローンのカードが、10日程度後には発行されました。

他のカードローン等も全て沖縄銀行公務員ローンに借り換え、また当時、引越しを計画していたため、引越し費用や家具等の購入も合わせて、200万円弱のお金を借りる事にしました。

沖縄銀行公務員ローンの月々の返済は3万円で、それまでもいくつかの返済で合計で6万円程度になっていましたので、利率も安く、また返済金額も安くなりかなり助かりました。

3年前に借りた沖縄銀行公務員ローンの200万円ですが、どうにか順調に返金しており、来年度には全額返済出来そうです。

公務員という職種でありながら、公務員共済の様なところから借金をするのは、同僚や後輩にバレてしまう恐怖感から出来ずにいました。

そのため、沖縄銀行の公務員ローンで借金のとりまとめが出来たのは非常に有り難かったです。

今回の事を通して、日々の身の丈にあった生活に改める事が出来、それまでの生活を全て見直しました。

無駄な付き合いやストレス発散のための浪費は全て止めて、念願だった引越しもして、気分一新、新しい生活を始める事が出来ています。

また借金をする時は簡単ですが、返す時には非常に苦痛を伴うので、安易にお金を借りる事が無い様に気を付けようと思っています。

▲ このページの上部へ