みずほ銀行カードローン体験談|結婚式の御祝儀の為にお金を借りる

みずほ銀行カードローンへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
みずほ銀行カードローン 20万円 冠婚葬祭費(結婚式の祝儀など)
年齢・性別 年収 職業
30歳(女性) 350万円 会社員

→ みずほ銀行申込み

ご祝儀

学生時代からの友人、会社の先輩、親戚と、3件も結婚式に招待されました。

それもすべて同じ月にです。

おめでたいことですし、招待されたどの人とも仲が良く、これからもずっと付き合いを続けていきたい人たちばかりなので、すべてに出席することにしました。

ただ、友人と親戚の結婚式は遠方で日帰りは難しく、どちらからも「交通費は気持ち出せるけど、宿泊費は出せないよ」と言われていました。

御祝儀、宿泊費、交通費、美容院代、ドレス代、着付け代、靴やバッグも買わないと・・・と考えていると20万円近くお金が掛かることが判明しました。

どうお金を工面しようかと焦りました。 そこで、一番最初に思いついた借入先はみずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行の普通預金口座は持っていましたし、取引のない銀行よりはお金を借りるのが容易ではないかと思ったのです。

初めての借り入れを消費者金融からするのは少し抵抗があったので、みずほ銀行カードローンの方が安心できるということもあります。

みずほ銀行カードローンの申し込みは、自宅からインターネットでしました。 時間は数分で入力でき、難しいことは何もありません。

翌日、電話がかかってきて、みずほ銀行カードローンの内容について詳しい説明があり、会社に在籍確認の電話があった後に、審査に通りました。

初めての借入で緊張しましたが、みずほ銀行のオペレーターの方はとても親切で、質問にはすべて丁寧に答えてくれました。

みずほ銀行カードローンの返済は毎月一定額でいいことと、余裕がある月には多めに返せたり、一括で返済できることを初めて知りました。

今までカードローンで借入をしたことがなかったので、どういった返済方法があるのかわからなかったのです。

毎月1万円の返済なら特に厳しいことはなかったのですが、やはり利息のことが気になったので、ボーナスが入った時に一括返済しました。 利息はそんなにかかっておらず、ほっとしました。

銀行系は消費者金融より貸付金利が低い

やはり、銀行系のカードローンは消費者金融と比べて利率が低めなのだと思います。

一括返済をして完済しても、みずほ銀行カードローンの解約をしたわけではないので、また必要な時にお金を借りることができます。 一回一回申し込みと借入契約をしなくてもよいので、これは助かります。

みずほ銀行カードローンは私にとって、初めての借り入れ経験だったので不安は大きかったのですが、申し込みから借り入れまでがスムーズで、とても良かったです。

また、返済や借り入れの時に利用するATMは銀行のでも、コンビニATMでもOKで、利用しやすかったです。

コンビニATMでみずほ銀行カードローンを利用した際でも手数料が掛からないので助かります。

寿貧乏になって借り入れをすることにはなりましたが、お祝いごとにすべて出席できて満足しています。 みずほ銀行カードローンで、お金を借りて良かったと思います。

▲ このページの上部へ