三井住友銀行カードローン体験談|病気で生活費不足となりお金を借りる

病気で働けなくなり三井住友銀行カードローンを利用

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
三井住友銀行カードローン 100万円 生活費
年齢・性別 年収 職業
32歳(男性) 400万円 会社員
大手カードローン会社の比較一覧
入院中の人

私がカードローンを初めて使用したのは生活費が足りなくなったからです。

生活費が足りなくなったのは病気により仕事を休職、そして退職しなければいけなくなった為でした。

病気になる前は家計的には余裕があり、毎月数万円は貯金が出来ていました。 家計も余裕があり楽しく毎日を過ごしていましたがある日突然病気になりました。

長期入院の費用で一気に貯金がなくなった私は、生活費を借りる為に三井住友銀行カードローンに申し込みました。

インターネットから三井住友銀行カードローンへ申し込み

三井住友銀行カードローンの申し込みはインターネットで全て出来る為、病気の私でも簡単に申し込めました。

審査が終わり女性オペレーターから連絡があり、180万円の融資額で審査がおりましたとの連絡がありました。 三井住友銀行カードローンの返済方法は、毎月口座からの引き落としでした。

三井住友銀行のカードローンに申し込んでお金を借りる前は、もしお金を貸してくれなかったらこの先どうしようとか、もし返済が少しでも遅れたら怖い人が取り立てにくるのではないかとお金や返済の心配で不安でした。

ですが、無事に三井住友銀行からお金を借りる事が出来て本当に安心したのを覚えています。 それから30万円ぐらいを生活費の為に借り入れました。

しかし、安心したのもつかの間で休職が終わり職場復帰したのですが、やはり以前のような体調に戻らず次第に欠勤することが多くなってきました。

そこで会社から「申し訳ないが退職をしてくれないか」と連絡がありました。 「それだけは何とか勘弁して下さい」とお願いしましたが、無理でした。

それから次の就職先が決まるまでは恥ずかしい話ですがカードローンでお金を借りてはカードローンのお金で返済をするという自転車操業で何とか乗り切っていきました。

何とか乗り切っているのですがその場しのぎで着実に三井住友銀行からの借入金は増えていきますし、この先なかなか就職先が見つからず返済不能に陥ったらどうしようという不安が物凄くあったのを覚えています。

無事、次の就職先が決まると三井住友銀行カードローンの返済も順調に出来るようになり、無事に完済する事が出来ました。

借入前にしっかりと返済計画を立てるべき

三井住友銀行カードローンでお金を借りた後に感じるのですが、キチンと返済が出来る状態じゃないと借入はするべきじゃないかなと思いました。

私の場合は病気による生活費の借入で三井住友銀行への返済が苦しい時期もありましたが、次の就職先も無事に見つかり完済する事ができました。

ただ、使い方を間違わず返済もきちんと計画的に出来るのであればカードローンは非常に便利なものだなと思いました。

今も万が一があった時の為に三井住友銀行カードローンは解約せずに持ち続けています。

▲ このページの上部へ