三井住友銀行カードローン体験談|生活費を調達するためにお金を借りる

サラリーマン時代に三井住友銀行カードローンへ申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
三井住友銀行カードローン 200万円 生活費他
年齢・性別 年収 職業
46歳(男性) 360万円 自営業
大手カードローン会社の比較一覧
サラリーマン

元々、ローンカードを作ったのは、サラリーマンの時です。

何かがあった時の為にと思い、三井住友銀行の無人機でローンカードを作りました。 他の借り入れもなく、勤続年数も長かったので、すぐに審査が通りました。

三井住友銀行カードローンは、何かがあった時の為だったので、2~3年は使用しませんでした。 三井住友銀行のローンカードは、持つだけでは会費も何もかかりませんでしたので。

その後、勤めていた会社がのれん分けをしてくれることになり、自営業として独立することとなりました。

事業としては、当初順調でしたが、元々先細りの業界で、その上、起業当初での銀行融資は、ほぼ無理でしたので、初めて三井住友銀行のローンカードを使用することとなりました。

初めは数十万円単位で、次に会社に入金があれば、すぐに返済をしていました。 返済方法はATMです。

三井住友銀行カードローンは、ほぼどのATMでも返済できました。 使用目的は、主に生活費としてです。 自営業になったので、給料ではなく役員報酬になりました。

そのため、会社の支払い等が苦しい時には、その役員報酬を支払いに回していたので、自分の生活費が厳しくなりました。 その生活費に困った時に、使用していました。

借りても数万~数十万円だったので、すぐに返済は出来ました。 そうすると、三井住友銀行カードローンの利用枠限度額を上げられますという連絡がありました。

当初200万円だった枠を210万円に出来ますという話です。 別に断る理由もなく、210万円の増枠をしました。

そして、また数か月後には、220万円の増枠のお誘いがあり、了承しました。

当初はローンカードの使用に不安があった

三井住友銀行カードローンを使う前までは、カードローンを使用した経験がなく、非常に不安がありました。

高い金利、返済に遅延した時はどうなるのか、また遅延した場合、信用情報にすぐに載ってしまうのか等々、不安要素が沢山ありました。

しかし、今はネット社会です。 そんな疑問はネットを見れば、いくらでも回答を見つけることが出来ました。

とりあえず、数日遅れたくらいでは、遅延の延滞金はつくが、信用情報に載ることはなく大丈夫ということがわかりました。

それらのことを知って、カードローンに特に不安はなくなりました。 お金は急に入用になるものです。 三井住友銀行カードローンでローン用のカードを作っていなかったら、とても困っていたと思います。

審査まで数日はかかるかも知れなかったですし、作るときにはサラリーマンの安定した収入でなかったなら、三井住友銀行カードローンの審査に通らなかった可能性が高かったと思います。

一応でも作っておいて助かったのは確かです。

しかし、返済用に3万円を自分の口座に入金しても、明細を見ると、口座引落しで6千円程しか返済されていない事になっているのを見て、愕然とすることはありました。

これは、多め多めに直接で返金をしないと、いつまでたっても、借入金は減らないと実感しました。

▲ このページの上部へ