レイク体験談|アコム・楽天銀行カードローンと共に投資用資金を借入

レイクとアコムへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
レイク・アコム・楽天銀行カードローン 150万円 投資用資金
年齢・性別 年収 職業
40歳(男性) 320万円 会社員
大手カードローン会社の比較一覧
自動契約機

レイクへの借入申込みは、契約機の画面の案内に沿って個人情報を入力した後、身分証明証(免許書)を契約機のスキャナにセットして読み取ってもらうだけという非常に簡単なものでした。

契約機にはスピーカーとマイクがついていて、レイクの契約担当者と直接会話ができるようになっていました。

連絡先の確認として、携帯電話と会社へ連絡を行う旨の説明をレイクの契約担当者から受けてその場で待機をしました。

レイクの契約担当者から携帯へ着信が入り確認完了後、5分程で会社への在籍確認が完了し、あっさりとレイクとの契約が完了しました。

レイクへの返済方法は毎月リボ払いで、ATMから返済する方法にしました。 書類は全てレイクの契約機からプリントされるので、全てその場で完結するという感じです。

レイクと同様にアコムでも同じ流れで借入契約を行い、まずは2社で借り入れが完了しました。

楽天銀行カードローンへの申込み

楽天銀行カードローンはネットから申し込みとなるのですが、気をつけないといけないのは、提出する身分証明証に名前の読み仮名があることと、自動引き落とし用の銀行口座が必要ということです。

個人情報入力と身分証明証を携帯のカメラで撮影し、ネットからアップするといった感じで簡単に申し込みができます。

私は、身分証明証として運転免許証を提示したのですが、読み仮名がないため却下となり、健康保険証を再度提出しました。

申し込みから1日~2日程で会社へ在籍確認があり、その後本人確認のため携帯に連絡がありました。

それから2日~3日程で個人情報等が入力された書類が届き、確認サイン、捺印を押して返送、1日~2日程で契約が完了しました。

支払い方法は毎月決まった金額を指定の銀行口座から引き落としとなります。 楽天銀行からの自動引き落としにすることで、楽天ポイントがもらえる点がちょっとお得感あるように感じます。

(実際は借金をして利息が取られているのでお得でもなんでもないんですが・・・)。

投資で大きく儲かれば一気にレイク・アコム・楽天銀行カードローンで借りたお金を返済してしまおうと考えていましたが、投資に失敗して借りたお金を全て失いました。

なぜあの時、借金をしようと考えてしまったのか・・・大失敗です。 未だにコツコツとレイクなどに返済を続けています。

▲ このページの上部へ