福岡銀行カードローン体験談|資格取得の学費のお金を借りる

福岡銀行カードローンへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
福岡銀行カードローン 30万円 資格取得の為の学費
年齢・性別 年収 職業
39歳(男性) 400万円 会社員
大手カードローン会社の比較一覧
勉強をしている人

国家資格を取る為に、福岡銀行カードローンを利用しました。

当初は学費自体にローンを組もうかとも考えたのですが、勉強していく段階で必要な物が出てきたりする為、現金で借りる事が出来ればと思い、結局、福岡銀行カードローンを選択しました。

福岡銀行カードローンの存在や金利関係についてはテレビCMを見てある程度把握していたので、申し込みについては郵送で申し込みをしました。

審査についても電話連絡があったくらいで時間が掛かる事もなく、1週間くらいで福岡銀行のローンカードが送られてきました。

福岡銀行のローンカードが出来てからは、キャッシュコーナーですぐにお金を借りる事ができたのでかなり便利でした。

福岡銀行への返済については毎月1回、最低1万円を返済しないといけませんが、収入がある時に一気に返済する事も出来る為、そのあたりは良い部分だと思います。

国家資格に向けてのローンだったので、福岡銀行の審査に落ちたら次にどのようにしてローンを組んだらよいのだろうなど、不安に感じる事もありました。

ですが、福岡銀行カードローンは審査期間に時間が掛からなかった為、その点はすごく良かったと思っています。

事前に学費自体にローンを組もうかと悩みましたが、結果として現金を借りる事ができるので、その他の事に役立てる事もできました。

また、返済はキャッシュコーナーで手軽にする事が出来る為、福岡銀行のカードローンを選択して正解でした。

カードローンは現金借入なので使い勝手が良い

福岡銀行のカードローンを初めて半年が経ちます。

金利は年利18%を月換算すると、そこまで非現実的な金利ではありません。

毎月の返済金額が決まっているので、きちんと計画を立てて使用できるため、福岡銀行カードローンでお金を借りて正解だったと思っています。

私のように後からひょっとして現金が必要になるかもしれないといった方にとっては、商品やサービスそのものにローンを組むよりも、カードローンで借入をした方が良いです。

カードローンで現金自体を借りた方が応用が利きますし、計画的に使用して返済する事ができるので便利だと思います。

お金を借りる前に返済シミュレーションをすること

但し、目的別のローンと違ってカードローンで現金を借りた方が多少金利は高くつく事がデメリットにはなります。

ですが、現金でやり取りをする方が場合によっては助かる時もありますし、返済に充てる事もできますので、経験上はそちらの方が良かったと感じています。

とはいえ、いずれにせよ借金をしてる事に変わりはないので、まずはお金を借りる前に返済はできるかどうかをしっかりシミュレーションすることが大切です。

カードローンで借りた現金は、どのように使えば自分にとって有益になるかをよく考えてからお金を借りる決断をすれば、カードローンはとても有効な手段だと思います。

▲ このページの上部へ