三菱UFJ銀行カードローン体験談|歯医者での歯の矯正費用の為にお金を借りる

三菱UFJ銀行カードローンへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
三菱UFJ銀行カードローン 50万円 歯の矯正費用
年齢・性別 年収 職業
22歳(男性) 96万円 アルバイト
歯医者

昨年、歯の矯正をしようと思い立ち、数件の歯医者を回っていくつか見積もりを出して頂いたのですが、どうしても自分の貯金だけでは足りず諦めていました。

しかし、最近コマーシャルでよく目にする三菱UFJ銀行カードローンが目に止まり、ネットで検索をしてみました。

三菱UFJ銀行でカードローンでの借り入れが可能かの診断ができるので早速してみたところ、可能と考えられるとのことだったので申し込むことにしました。

まず、ネットの三菱UFJ銀行のページで必要事項を記入して、その後テレビ窓口で申し込みを完了させました。

あまりにも簡単な申し込みに拍子抜けして、本当にこれで借りれるのかと思ってしまいました。

そのままローンカードを使って、三菱UFJ銀行のATMで借り入れをすることが可能でした。

歯医者の方へは毎月毎月支払う形でしたので、まず初期費用として必要になる20万円ほどを三菱UFJ銀行カードローンでキャッシングしました。

返済の方法なのですが、三菱UFJ銀行のATMやコンビニのATMで返済をすることができます。 返済額は借り入れ額によって変わって、借り入れ額が多くなればなるほど多くなっていきます。

やはりお金を借りることに不安はありました。 お金を借りることで返済に追われるのではないか、社会的信用が下がるのではないかという心配がかなりありました。

私は歯の矯正がしたいあまり、心配をしてはいたものの三菱UFJ銀行で借り入れをしました。 実際借り入れをしてみて、返済に困ることはありませんでした。

毎月の返済額も1万円前後でしたので、きちんと三菱UFJ銀行に支払い続けています。

ローンカードは親が管理をしたので使い過ぎの心配はなかった

私がローンカードを持っていると歯医者以外のことに使ってしまう危険性があったので、歯医者のときだけ親にお金を下ろしてきてもらって、それ以外は親にローンカードを預けていました。

そうすることで、無駄遣いをすることもなかったです。 実際、三菱UFJ銀行カードローンでお金を借り入れしてみた感想を一言でいうと、「良かった」です。

今のところ返済に追われることはありませんし、今後も大丈夫であろうと感じています。 そして社会的信用度もしっかりと返済していれば特に問題なさそうなのでよかったです。

私の場合、借り入れ額が小さい方だったので、返済できていますが、これがもし多額であった際は、自分で借り入れ額を自制することが大切であるなと感じました。

三菱UFJ銀行のカードローンは、必ずしも自分の希望額を借り入れできるのではなく、借入限度額が銀行の方で決められて、その限度額内でカードを使って借り入れすることになります。

ローンカードは、借入の際に自制できなければ、他の用途にも使用してしまって返済ができなくなる可能性があると今回借り入れをしてみて感じました。

▲ このページの上部へ