イオン銀行カードローン体験談|リフォーム費用と引越し代金の為にお金を借りる

イオン銀行カードローンへの申込み

【 執筆者のデータ 】
借入金融機関 借入額 借入理由
イオン銀行カードローン 40万円 リフォーム費用、引越し代金
年齢・性別 年収 職業
31歳(男性) 250万円 製造業
大手カードローン会社の比較一覧
自宅のリフォーム

子供が小学校に上がる事と父との同居がきっかけで、自宅を大幅リフォームすることになりイオン銀行のカードローンを利用しました。

リフォームを計画した時には妻と私の貯金で全ての費用が賄えると思っていましたが、予想以上にリフォーム費用が掛かったこととリフォーム期間中のアパート代が重く負担になりました。

父は年金暮らしでお金を借りることができなかったので、いつもイオンクレジットカードの決済口座として利用しているイオン銀行のカードローンについて調べてみることにしました。

イオン銀行カードローンのホームページには、審査が即日完了できることとお金の振り込みも10日程で完了することが記載されていたので、すぐに利用を決めました。

イオン銀行カードローンの利用手続きはホームページ上でできたので、年収や家族構成、希望借入額等を入力して審査の結果を待つことにしました。

利用手続きは夕方に完了して翌日にはイオン銀行の担当者から電話連絡があり仕事について少し詳しく質問を受けました。

質問の際に、妻はパートで働いていることを伝えました。 質問が終わった時に、イオン銀行の担当者から郵送で審査の結果を通知すると言われました。

数日後に審査の通過とカード発行に関する書類がイオン銀行から届いたので、すぐにカード発行の為の書類に必要事項を記載して返送をしました。

この時点でイオン銀行の口座にお金を振り込んでもらうことも可能のようでしたが、結局カード到着を待ってからイオン銀行カードローンを利用しました。

現在はイオン銀行カードローンで利用した分のお金を月々返済しています。

借りたお金の使途は自由

イオン銀行カードローンを利用して少し不安だった部分は、自分の勤務先や部署名、家族構成まで細かく個人情報を入力しなければならなかったので情報の流出に少し不安がありました。

私はイオン銀行やイオンクレジットカードを7年程利用しているので、そちらの情報を利用して審査をしていただけるとよかったです。 新たに個人情報を別の場所に入力することには抵抗がありました。

情報の流出はなかったのですが、勤務先や身内にイオン銀行カードローンを利用していることを知られたくなかったので、今後は改善されるといいと思います。

反対にカードローンを利用してよかったことは、基本的に融資されたお金を自由に使えたことです。

もし地元の銀行や国の制度を利用して融資を受けていたら、リフォームした証明書の提出を求められていた所でした。

私の場合はリフォーム費用の他にアパート代や父の引越し費用も負担したので融資の用途が多岐に渡っていましたが、特にイオン銀行から書類の提出は求められていません。

今後は子供が大きくなり教育資金が必要になると思うので、またイオン銀行カードローンを利用したいと考えています。

▲ このページの上部へ